<< みたかの名刺もらった。 明日は武蔵小山でアナログ盤を聴く会。 >>

江ぐちが、みたかに、生まれ変わる日。

「小説中華そば江ぐち」の復刻版のあとがきは、
結局、文庫本の「小説 中華そば江ぐち」ができるところ、
つまり2001年から、 江ぐちに最後に行った2010年1月22日までの、
ボクの日記から、江ぐちのことを書いた文をとりあえず全部とり出して
使えるものに全部手を入れて、でも生々しい感じは残して、
つなげた、ボクと江ぐち最後の10年日記になりました。

22日から31日までの、狂乱の江ぐち閉店騒動は、
今読むと、というよりこれから先読んでどうかな、
というところもあるのでペンディング中。

この10年間は、みんながblogやるようになり、mixiができたり、
最後twitterが始まったりと、インターネット関係に大きな変化があり
それが微妙に日記に反映しているのも面白い。

そういうわけで5月再開の噂もある江ぐちですが、
こちらも5月末発売を目指し、あとの作業がんばります。

編集者に原稿をメールで送って、そのことでも予告でつぶやくか、
と思ったら、WAKAがTwitterに江ぐち再開のニュースをつぶやいているじゃないか!

来る5月1日に、江ぐちが「中華そばみたか」として、 同じ場所で開店すると。

なんか因縁めいてるな。

「前店の味を継承し」なんて、嬉しいじゃないか!
とりあえず、おめでとうございます。


a0099059_19505926.jpg

[PR]
by mqusumi | 2010-04-20 19:51 | こんなことがあった
<< みたかの名刺もらった。 明日は武蔵小山でアナログ盤を聴く会。 >>