<< 「孤独の中華そば・江ぐち」発売... ハッピーなゾンビだらけの夜。 >>

オヤジのひとりロゼ。

ロのつくものを食べなきゃならなくて、
「ロブスター」と思ったら近くのレッドロブスター潰れてて、
「ロースかつ」は、こないだ泉昌之でマンガに描いたばかりだし、
「ロールパン」とか「ロールケーキ」もいまいちだし、
炉端焼きこの頃ないし、あっても別に行きたくないし。
「ロースハム」。
「ローストビーフ」。
うーん。

とか思ってるうちに夜遅くなったので、
吉祥寺のAndeuxに行って、「ロゼワイン」を飲んだ。
とりあえずビール、もやらないで乾いた喉に飲んだ写真のロゼワイン、
華やかだけど清純な感じの香りで、すごく美味しかった。
爽やかな酸味にくるまれた甘みが、大人の女の誕生日に似合いそう。
ピンクというより、ガーネットっぽい、赤。
でもオバサンゴージャスではない感じ。
「ローヌ」のロゼだそうだ。

でもハゲオヤジとロゼって、絶対似合わない組み合わせだと思う。
オヤジの一人酒盛りに、ロゼ、合わない。
ロゼ、やめとけ、俺。
でも残念ながら美味しい。実に美味しい。

ブルーチーズの「ロックフォール」も、ロですよ、とジュンちゃんが
教えてくれたのでそれを肴にした。

でも、ワインでロがつくと言ったら、ワイン好きにとっては
「ロマネコンティ」だそうだ。
物凄く高いらしい。

あとなんか、ロのつく白ワインも飲んで、
最後だけは男らしく「ロンリコ」151ploofで締めた。
75度は舌が痛いほど。でもキツいだけじゃなく味も香りもしっかりある。
ラム酒特有の甘みも、カラメルっぽい香りも、
飲みこんだあと口の中に、光の尾を引いて現れ消えて行く。

翌日、美味しい「ロシアンティー」を飲んだ。
美味しいママレードを、濃い紅茶に溶かして、
ラム酒を2、3滴落として飲む。

これスバラシイ。ロシアンティー、俺の中で支持率急騰。
クーラーの効いた紅茶専門店で飲むと、
なんかとてつもないアイデアが浮かびそうな気がしてくるほど美味しい。
[PR]
by mqusumi | 2010-06-29 21:29 | こんなものを食べた
<< 「孤独の中華そば・江ぐち」発売... ハッピーなゾンビだらけの夜。 >>