<< ロンドンに行っていました。 22日(日)築地本願寺でお会い... >>

本願寺大盛況!

「他力本願で行こう!2010」大盛況でした。

朝10時前に行って、境内でリハしてる時点で汗グッショリ。
本番は12時45分からで。
ステージにはテント屋根がついてるけど、暑かった〜。
でもビールやかき氷食べながら観ているお客さんも多くて、
まさに夏フェスって感じだった。
時々良い風が吹いてくれてホッとしながら演奏40分。
観客席でボクらのダンサーズが盛上げてくれて心強かった。
a0099059_1549444.jpg

(宮坂さん写真ありがとう)
お弁当や飲み物は出るし、広い部屋はあてがわれてるし、
本当にいい気分で待ち時間もすごせた。
楽屋のダンサー達のトークもおかしかった。

そしてメインは5時から本願寺本堂ライヴ。
なにしろキャパ1000人ぐらいのところ満員ですからね。
でもやっぱり本堂というのは特別な場所で、
しかもインド式の寺院なので、カテドラルみたいな雰囲気もあった。
そとは猛暑だけどエアコンも効いていて、最高でした。

なにしろ音がよかった(少なくともやってる側のモニターでは)。
今回ブルーヒップはドラムレスで、カホンとパーカッションなので、
それも音がグワーンと回らないので分離がよくて、やりやすかった。

というか準備して行った曲が、ことごとくちゃんと反応がよくて
嬉しかったな。たぶんボクのことなんて全然知らないお客さんも
多かっただろうから。
一曲目の「Walkin' Down The Street」で途中から手拍子が来たのは感激。
ずーっと後ろのほうの席からワーンと聴こえて来たのがとくに。

4曲目「歩いてゾンビ」から、
スパシャルゲストの伊豆の踊り娘・ゾンビーズが登場すると、
お客さんの温度がぐぐっと上がるのがわかりましたね。
間奏でMJの「スリラー」の一部を踊ると大ウケ!大技を持ってるのは強い。

「Is'nt She Lovely」でのダンサーズのソロダンスや、客いじりもウケた。

調子づきすぎの「お寺へGO!」も、ダンスがついてよりわかりやすく
すごくウケていてよかったよかった。

お客さんにあとできいた話だと、観に来ていたおじさんたちは、
椅子席で背もたれに寄りかかって漫然とみていたのが、
突然前のめりになったそうです。まったく、男って単純。

ラストは「自由の筈」で、演奏後、宗教関係の新聞記者の人に
「仏教にも通じるテーマのイイ曲だと思いました」といわれた。

まあとにかくあっという間に出番は終わったけど、
素晴らしい夏の一日だった。

終わってから楽屋に戻って、全員で「お疲れさま!」とか言ってたら、
浴衣姿の小作りなおっさんが勢いよく飛び込んで来たので、
何だ?と不信にな目でよく見たら、ワカだった。
ケータイを手に持っていて、
「ちっとダンサーズと一緒に写真撮らせて」
という。ダンサーが衣装を着替えてる前に撮りたかったらしい。
物凄くご満悦な笑顔だったのがおかしかった。
a0099059_1551561.jpg

(撮影:RAOくん)
打ち上げは築地のお刺身なんか食べさせる店でやって、
もうひと盛り上がり。見に来てくれた映画監督や女優さんもきて賑やかだった。

電車で吉祥寺に帰って来て、楽器を置いて近所の店にちょっと寄ったら、
江口寿史さんと浦沢直樹さんと泉谷しげるさんたちが大勢で飲んでいて、
ビックリ。泉谷しげるさんは目がかわいかった。
さすがに疲れていて、合流もせず、すぐ帰った。
[PR]
by mqusumi | 2010-08-23 15:52 | こんなことがあった
<< ロンドンに行っていました。 22日(日)築地本願寺でお会い... >>