<< 今年も色色ありました。 明日は今年最後のライヴ! >>

今年最後の大爆発!

昨日はヒロナリむちゃブリSession Vol.11
「カルガモ達の忘年会」でありました。

まあ軽く合成した写真を見てください。
これが本番前のリハの様子。
a0099059_17172216.jpg

ステージの左右に広がって、観客席を三方から取り囲むような状態。

真ん中で背中を向けてコンダクトいているのが仙波師匠、
右のキーボードが高瀬 順、
左のスキンヘッドのベースがバカボン鈴木、
その左のギター&ボーカルが主人公、ヒロナリ。
彼の左手にバイオリンの高橋香織、
トランペットとテルミンの辰巳光英。

中央右手には韓国の打楽器、その背後と右手にはラテンパーカッション団、
ステージ左手は鼓など和打楽器団、一番左にインドの打楽器タブラ。
全世界の打楽器が揃っています。

このメンバーでニューオリンズファンクをやるんだから、
物凄いですよ。リズムの渦に飲み込まれる。
和楽器がファンクに融合しているのがなんとも心地よかった。
最高にカッコイイです。座っている観客の体もみんな動いてる。

ボクはなんと2部の最後のほうに出させていただき
バカボンとヒロナリの間に立ってギターを弾いて歌った。
「自由の筈」もよかったけど、
「PRINCE」は物凄かった。この人数だもの。
しかも歌のブレイクでは仙波師匠の「いよーーーーー!」
が入るのだから、盛り上がらないわけがない。

アンコールでは、長見順さんと二人で「Isn't She Lovely」を歌った。
お客さんも満員で盛り上がったし、
本当に今年最後にふさわしいライヴだった。
こんなライヴに出られて、誘ってくれたヒロナリにも大感謝。

終わってそのままJIROKICHIで打ち上げ。
ビールを何杯飲んだか、差し入れの濁り酒もあっという間に空き、焼酎も空き、
終電がなくなって、バカボンと鈴木と、観にきていた映像の吉野クンと
デルジベットのMAYUMIとタクシーで帰ってきた。



仙波清彦&カルガモーズ
仙波清彦(dr,perc) 青木美加子、石川雅康、Izumi、大西英雄、郡司顕吾、小林武文
澤田聡、多鹿大介、チェ・ジェチョル 美鵬直三朗、本間共子
村瀬”Chang-woo”弘晶、望月正浩、 望月秀幸、山田貴之 以上(perc)

with ヒロナリg,vo バカボン鈴木b 高橋香織vln 高瀬 順key
辰巳光英tp 長見 順vo 久住昌之vo,g
福岡ユタカ(vo) MA*TO(tabla,key) 梅屋巴(大鼓)
[PR]
by mqusumi | 2010-12-30 17:17 | こんなことがあった
<< 今年も色色ありました。 明日は今年最後のライヴ! >>