<< イージーリスニング 気がついたら日記書いてない。 >>

骨三人衆

昨日は渋谷のO-squerで、
ムーンライダースが中心になった、
「小さな灯の玉フリーギグ」
というのに参加した。参加が決まったのは前日。

出演者は、鈴木慶一、松田幸一、武川雅寛、水谷紹、鈴木博文、青山陽一、
白井良明、上野洋子、岡田徹、かしぶち哲郎、夏秋文尚、あがた森魚、
そんでボク。
おのおのにソロのコーナーがあり、最後にムーンライダーズで演奏。

青山陽一さんと白井良明さんの生ギターデュオが、
超かっこよかった。青山さんは歌もイイ。

ボクは後半で「骨」(詞:久住昌之/曲:鈴木慶一)
を、慶一さんとあがたさんと歌った。ギターはエレキで。
それぞれと一緒に歌ったことはあったけど、
この3人でやるのは初めて。
a0099059_1938976.jpg

慶一さんに言われて、ボクが1番を歌い、
2番はボクとあがたさんでハモった。
慶一さんはそれまで生ギターを弾いていたのに、
突然ピアノになって後ろに下がった。

イントロや間奏はクジラさんがトランペットでやった。
最後にコールアンドレスポンスになるんだけど、
ここはあがたさんと、慶一さんが、ふたりでハンドマイクで
掛け合いをして、これが最高にイカレテて、客席はすごく盛り上がった。
ベースはコントラバスの水谷さん、ドラムスは夏秋文尚さん。

アンコールではムーンライダーズに出演者全員が加わって、
「大寒町」「スカーレットの誓い」「流木の歌」
をやった。
皆ひとつの気持ちになったライヴで、観客の雰囲気も素晴らしかった。

写真はライヴ終了直後、楽屋で。
顔が赤いのはビールのせいもあるな。

近くのパブみたいなところで打ち上げ。
慶一さんと良明さんと、食べ物のバカ話で盛り上がる。
観客で来ていた矢吹伸彦さんと初めてお会いした。

帰り道が松田幸一さんと一緒で、高田渡さんの若い頃からの話を
聞いたりして面白かった。
[PR]
by mqusumi | 2011-04-03 19:38 | こんなことがあった
<< イージーリスニング 気がついたら日記書いてない。 >>