<< 横浜でIMO。 GWのライヴのお知らせ! >>

manda-la2報告。

5月3日マンダラ2、おかげさまで盛り上がりました。

オーケストラQやQ-Forceも楽しいけど、アコースティックでフォーキーな
BlueHipも楽しいです。長くやってるからね〜。

WAKA&EatSeaも、初のマンダラ2で、音がよかったなあ。
特にギターの倉本っちゃんのエレキギターが最高によかった。

ホントにどこまでもクダラナイ歌詞を(その多くはボクがWAKAに当てて
書いてるんだけど)、ものすごくいい楽曲に仕上げてる。
ボクが今まで見た中ではベストでしたね。
曲を知ってるお客さんの盛り上がりや手拍子もすごくよくて会場が和んだ。
コルトレーンに捧げた「微妙な愛」もよかったなあ。バカ過ぎて美しくて。
「猛烈にUncoが肢体」も、作詞作曲者のワカが自分でオリジナルヴォーカルで
十何年ぶりに歌うのを聴いたけど、よかったな。

さて、ボクらのも、一曲目、当日作った「BlueHipMinorThemeブルブルしてるぜ」
オープニングにした。こういうのはライヴならではのスリルがあっていい。
やっぱり自分たちがドキドキしながらやるのは、お客さんにも伝わる。
ライヴだからね。お客さんの「え、え、どうなるの?」と言いながら笑ってる顔に
気合いが入るし楽しくなる。

今回は新曲(前に作っていろいろ変えた、このバンドで初の)「ボクだけの線」
が、なんか楽しい楽曲になった。

「OneRoomフォークワルツ」は、GOCCIがいた頃もやったけど、
今回バイオリンの高橋香織さんが入って、その馬鹿馬鹿しい盛り上がりが
さらに数段おかしくなった感じ。神田川ののようなフォークが最後は狂気じみる。
http://www.youtube.com/watch?v=zawhGNA9fGI

「中央線ブギ」も、ライヴでやるのは久しぶりだけど、
やってみると盛り上がるのがロックンロールの強さ。ウッドベースなのがミソ。

「PRINCE」は途中でボクのアンプが壊れて音が出なくなるも、
その分みんなががんばってくれたために、逆にロックになった気がする。
こういう時の火事場のバカ力はすごい。皆さん百戦錬磨だからね。
ボクも一瞬のためらいの後、心の中で「お、そうこなくちゃ!」と
開き直れた。ただギターを爆音で弾いてたより、ずっとロック事件だった。
最初のコーラスで結構ギターを弾けちゃってたからってのもあるけど。
こういうふうには、練習だけじゃできないなぁ。見れたお客さんラッキー。

最後は久しぶりにWAKAとガッツリハモったけど、
やっぱり長年やったモダンヒップの感じ思い出す。
でもお互いいろいろやってるから、またその頃と違うし。
二人の年齢あわせて100越えちゃったからね。
ハハハ。
「某FOOLER」
http://www.youtube.com/watch?v=W1fdQhlzUGQ&feature=related

最後の「自由の筈」では、サックスのフクムラサトシと
バイオリンの高橋香織のたっぷりのアドリブの掛け合いが、
もう美しく切ないメロディが止めどなく溢れてくるようで、素晴らしかった。
目がしら抑えてる人がいました。

というわけで、来てくださった皆さん、大感謝。これからもよろしく!

セットリスト
Opening.BlueHipMinorThemeブルブルしてるぜ
1 ボクだけの線
2 四畳半ビョーク
3 OneRoomフォークワルツ
4 落武者
5 二人のり
6 中央線ブギ
7 JOJO MARY
8 引っ越し大正解
9 PRINCE
10 瞬ク日々

アンコール
江ぐちの歌(弾き語り)
ボーフラ( BlueHipwith WAKA)
GAIJIN ( BlueHipwith WAKA)
自由の筈( BlueHipwith WAKA)
[PR]
by mqusumi | 2011-05-04 00:49 | Liveの映像
<< 横浜でIMO。 GWのライヴのお知らせ! >>