<< 4カ月で11kg減!? 被災地支援イベント2発! >>

笹塚台無し?


昨日は
「フェニックス・プロジェクト
東日本大震災被災地の舞台芸術家を支援する事業
震災被災地の心に灯りをともそう!
シアターライブin笹塚 Vol.1」

http://phoenixpro.jimdo.com/

という4日間に渡るイベントの最後の最後に出演しました。

見ての通り、真面目も真面目、大真面目なイベントです。

そこによりによって「IMO(イチローマリックオーサダハル)」で参加ですよ?

大丈夫だろうか?
あのトンチンカンの化身、坂本Q一。
アウェイも何も、危険過ぎる!
誰が仕組んだのか?
司会も全然わからなくて困りながら紹介しているところへ、
坂本Q一、下駄をならして登場。

「どーもぉ!」
すでにヤバい感じだ。

「フェニック・パラダイス、バンザーイ!」

第一声がこれだ!全然間違ってるじゃん!万歳じゃないだろう?
観客の半分は凍って、半分は笑った。

その前に出演した女優さんは
「見あげてごらん夜の星を」とか「赤とんぼ」とか歌ったんだよ!
その前の女性歌手は、バンドネオン奏者と暗めのシャンソン歌ったんだよ!
最初の人は、真面目な朗読で、次は男女のパントマイムだよ!

それが坂本、いきなり
「テクノやりまーす!」
って「ひとりぼっちのライディーン」だよ!!!

イカレテルよ!
そのあと「戦メリ」「テクノポリス」、
例によってクラフトワークの「ヨーロッパ急行」生ギター一本。
こんなのわかるのかよ、と思ったけど、なぜか会場はすでに爆笑モード。
そして今度はサザンオールスターズの生ギター一本、
「渚の芯ドバッと」。

歌い終わって、
「サザンオールスターズって、名前がダサイね!」
って言ったらなぜか観客がドッと笑った。

続いて「ABCのうた」
ブルースは真っ暗な状況で生まれた明るい音楽、というMCに続いての
「ショベルカーブルース」もすっごいウケてたなあ。

「アハハハ!ダイジョブ?誰がボクを呼んだの?」
というのも爆笑だった。
ギリギリだろおい!

で、時間が来たというので(坂本はいつも時間を下から教えてもらって演奏してる)
何歌うかと思ったら俺の持ち歌の
「GAIJIN」と「自由の筈」なんてやって締めた。

ものすごい拍手とってた。舞台袖のスタッフは最後踊ってたそうだ。
それも知らず坂本は最後まで「フェニックパラダイス、ガンバレー!」
とか言ってるし。
a0099059_12444399.jpg


終わって、坂本は例によって細野、高橋と、
「ピース!ピース!ダブルピーーース!」
って、このイベントの締めにもなんにもなってないこと叫んで風のように帰った。

ボクはマネージャーのような存在なので、坂本Q一に代わって
細野シャケ臣と高橋クリヒロと打ち上げに出た。

戦争経験のある芝居関係の人に「最後の歌、素晴らしかった」とまず言われ、
あとからどんどん来たスタッフに「泣きました」とか「おかしかった」とか
「最初出てきた瞬間はなんか大阪芸人みたいなのが出てきて、
こりゃダメだ、一曲終わったら帰ろう、と思ったけど、一曲目の途中から
こりゃ違うな、と思って。最後は本当に感動しました」とか絶賛された。
「IMOさんが最後で本当によかった」
というのは打ち上げに来てくれたほとんどの人に言われた。

どうなんだろう?みんなやっぱり笑いたいのかもしれないね。
ムチャクチャだけど方向性がトンチンカンな元気がある人に、
なんか救われるのかもしれないね。ぷっ、こいつ、バカ!っていう。
坂本Q一、馬鹿でよかったね。

ぼくは自分の歌が自分以上にウケたのが正直、複雑な気分でしたね。
でもまあ、これで良かったんだろう。
[PR]
by mqusumi | 2011-06-06 12:37 | こんなことがあった
<< 4カ月で11kg減!? 被災地支援イベント2発! >>