<< Q&W大盛況! CMの声。 >>

「笛社会」

昨日、栗原正巳さんにいただいた、栗コーダーカルテットの新譜、
「笛社会」(ジェネオンミュージック)、
もう何度と聴いているけど、全曲素晴らしい!
しかも今回は全曲オリジナル。
ここ数年お付き合いさせてもらっているせいか、
どの曲もすぐに「川口さんの曲に違いない!」とか
「これは近藤さんだな」「関島さん」「栗原さんでしょう」と
わかる。
いろんなリコーダーと、生ギターと、ボーランとチューバと・・・
なんてカワイイ、なんてタノシイ、なんと愛らしい曲たちだろう。
誰もが心の奥に持っている音楽への懐かしさに満ちた楽曲ばかり。

別々のキビシイ現場で、不断の努力と、旅と、音楽で真剣に遊ぶことを、
ずっと続けてきた4人が、お互いへの信頼と、音楽に対する誠実さを
もって力を合わせて作った、優しい音楽だ。

「昔なになにをしてた」とかそういうのが全然感じられない、
澄んだ、新鮮な、郷愁。
未来を向いて、先人の音を継承して、イイ音楽を演奏していこう、
という、4人の朗らかな決意を感じた。

「笛社会」は、間違いなく、戦争や憎み合いのない、平和な社会だ。
金儲けや、損得勘定や、名声欲と、無縁の社会だ。
多くの人に、この愛らしい音楽を聴いて欲しいと思う。
ボクはとても癒され、励まされ、自分も頑張ろうと思いました。

こういう人達と、音楽でかかわれて、ボクはシャーワセです。

a0099059_042421.jpg

[PR]
by mqusumi | 2007-06-21 00:42
<< Q&W大盛況! CMの声。 >>