<< ビルヂング 新メンバー >>

ボクと同い年の鉛筆。

三菱鉛筆に取材に行った。
ここの定番商品に、uniがある。
この鉛筆が発売されたのは昭和33年だそうだ。
東京タワーとボクと同い年だ(マイケル・ジャクソンと原辰徳も)。
a0099059_155436100.jpg

小学校の時、この鉛筆は憧れたものだ。
緑色のトンボ鉛筆が一本20円とかだった時一本50円だった。
でも親に頼んで買ってもらった。もちろんHBのを1本。
書き心地を他の鉛筆と比べて、なめらかでちょっと感動した。
でもクラスで「お金持ち」の子はなんと、一ダースで買っていた。
ダースのケースには消しゴムが付いていて、それは高嶺の花だった。
一ダースで買った子は、そのケースで学校に持ってきていて、羨ましかったな。
その後、hi-uniという一本100円の鉛筆が出て度肝を抜かれた。
その金色の帯がまぶしかった。
中学生になって、自分の小遣いで買った。
でも、まあ確かに、滑らかだったけど、uniのような感動はなかった。

小学校の時は、トンボ鉛筆の他に、普通の緑色の三菱鉛筆も使った。
三角の顔がマークのコーリン鉛筆もあった。
父親がもらってきた、メーカーのない粗悪な鉛筆も多かった。これはときどき
芯に塊のようなのが入っていて、ざらっと紙に引っかかった。
断面が六角形でなくて、丸いのはあまり好きじゃなかったな。

絵を描くことが大好きだったから、こういう鉛筆で、父親が勤め先から
持ってくるわら半紙に、絵を描いていた。
わら半紙なんて、いまあるのかな?
今鉛筆の売り上げは、三菱鉛筆の場合、全体の約8%だという(ボールペンが一番で約50%)時代の流れだろう。
ボクも絵以外に鉛筆を使うことはまず無い。
絵も、圧倒的にシャープペンシルが多い。
でも、鉛筆には愛着があるな。

真新しい鉛筆の、塗料の匂い。
鉛筆の芯の匂い。
削りたての木の匂い。
削りたての木の肌の肌触り。
鉛筆の芯を舐めた味。
これは本に、「鉛筆をなめるクセがあった」という一節が出てきて、真似した。
ちょっと苦くて、舌にひんやりした。
癖にはならなかった。

鉛筆を噛む癖のあるヤツがいたな。
鉛筆のお尻がどれもガギガギしてる。
でも、ボクも確かに鉛筆を噛んだ記憶はある。

鉛筆で机をトントンと叩いた音。
教室の床に落とした音。

鉛筆の思い出は、小さいけれど、どれもボクの中にしっかりくい込んでいる。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-14 15:55
<< ビルヂング 新メンバー >>