<< いきなりアクセス10倍? 総合格闘技の選手名発見。 >>

久住昌之&BlueHipライヴ終了

JIROKICHIで、ボクのバンBlueHipの今年最後のライヴ。
先週はお寺の本堂でライヴだった。CDで約半分歌ってるGOCCIは今週は出ないので、基本的にボク一人のボーカルで、コーラスにゲストのアイゲッチが4曲参加してくれた。
やった曲は

1.引越大正解
2.自由の筈
3.ショベルカー・ブルース
4.中魔神
5.やっぱりジャズが好き!
6.脈絡無く行こう
7.We Love You ,OK〜里芋が多過ぎる
8.All Day Soccer
9.BLUES
10.骨
アンコール GAIJIN

1.2.Enはアルバム去年出した『自由の筈』からで、あとはその後に作った新曲。

「ショベルカー・ブルース」は、最近はどんな形態のバンドでも、やってる曲で
ブルース好きのボクにとって、初めて誰も歌ってないテーマでブルースができて
楽しんで演奏できる曲。誰にでも必ずウケる。

「中魔神」は、先月Q&Wで初めてやったが、今回はバンドで。
もちろん「大魔神」から取ってるわけだが、バンドで大袈裟におどろおどろしく、
神々しく(笑)やったら、そうとうウケていた。

5.は、「それは反則だ(笑)」というジャズ「ッぽい」歌で、
ボクだからできるというか、もともとの声と、「自分にできないこと」を
武器にして、「ジャズ」をやってみた歌。かなり笑いをとっていましたね。

6,7,8はかなりアッパーなロックンロールで、声も気合いがいるけど、
さすがに手拍子も笑いも大きかった。イカレテル。
ゲストのアイゲッチのコーラスも、GOCCIとはまた違う押しがあって助けられた。
9は思いきり静かに、とろけるブルースをやった。ソプラノサックス最高。

「骨」は、あがた森魚さんの新譜『タルホロジー』にも入ってる、
ボクが詞で、鈴木慶一さんが作曲の歌。初演ははちみつぱいによって85年。
あがたさん、慶一さんのバージョンがある。
ボクはボクのスタイルで最近よくやってる。
後半はアドリブで盛り上がる、長い曲で、曲はなかなかスリリングでよかった。
アンコールは、静かに締めた。

今回は、初めてウッドベースの多田和弘さんが入ったが、これがすごく良かった。
ウッドベースでロックンロールをやったのは、初めてだけど、
ボクの曲には案外合っているかもしれない。
というか、ウッドベースと、テナー&ソプラノサックスの、フクムラサトシさんの
二人の絡みというか、バンドカラーの出し型が、とにかく素晴らしい。
ギター1,キーボード1,サックス、ウッドベース、パーカッション、ドラム
というこの6人スタイルで、来年は行ってみようかと思っている。

Jirokichiを満員にしてくれたお客さん、一部のチェルノ&ブイリの皆さんに、
この場を借りて感謝。いや〜楽しかった。
12月はライヴはお休み、そのかわり録音をコツコツやる予定。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-24 17:59
<< いきなりアクセス10倍? 総合格闘技の選手名発見。 >>