<< 林静一展!!!! 「泣き虫ハァちゃん」新潮社 >>

もやしそば

寒くてお腹空いて、タンメンでも食べようと
近所のラーメン屋に入って、タンメン、と言いかけて
となりの人が食べてる、もやしラーメンが目に入り、そっちにする。

大正解。
あったまった〜。
モヤシラーメンは、なぜかラーメン屋で「モヤシそば」と
なってたりする。同じラーメンなのに。語呂かな。
チャーシューメンみたいに「モヤシメン」じゃ、変だもんな。

そんで、モヤシそばには、基本的に、とろみがあるのと、ないのがある。
どっちもそれぞれ美味しくて、好きなんだけど、
初めて入った店で、想像してたのと逆のモヤシそばが出てくると、
すっごくがっかりする。
寒いとき、とろみのちょっと付いたモヤシラーメンは
あったまって、すっごく美味しい。
(でもとろみがつき過ぎ、他の野菜も入り過ぎなのは、
俺の考える「ラーメン」じゃなくなってしまうようで、好きじゃない)
軽いとろみは、コクがある感じがして、なかなか冷めなくて、
モヤシの食感もよくて、冬は特に美味しい。
ちょっと酢をかけても、また美味しいんだな。
(最初からかけない。途中で。変化、軽い変化)
でも、それを期待してて、とろみが無い方が出てくると、
「え…」と肩すかしを食らったようで、もの足りなくなる。

三鷹の「江ぐち」は、とろみの無いモヤシそば。でもそれがいい。
スープに合ってるというか、別の美味しさがある。
あそこにとろみが付いていたら、
「余計なことして。味が根本的に変わっちゃうじゃん」
と思うかもしれない。

今、Googleの画像検索で「もやしそば」を見たら
実にいろんなタイプが出てきて、
「あ、これ好き」
「これ好みじゃない」
「これもうまそう!」
「うわー、こんなどろどろ嫌だ」
と勝手に評論してしまって面白かった。

どっちか思い出せないのが、渋谷の「喜楽」のもやしそば。
あそこなら、とろみ、あってもなくてもよい。
で、どっちだっけ?
つーか、そんなメニュー、あの店にあったか?
久しぶりに、喜楽のラーメンが食べたくなってきた。
[PR]
by mqusumi | 2007-12-14 23:55 | こんなものを食べた
<< 林静一展!!!! 「泣き虫ハァちゃん」新潮社 >>