<< ザーメン 父の数読 >>

三鷹高校ベスト8

高校全国サッカーで、三鷹高校がベスト8まで行った。
公立校ではもちろん初の快挙。

その試合を観れなかったけど、友人は最後の方で
2点を取られながらも必死で守る三鷹高校の選手の姿をテレビで見て、
泣いたそうだ(たまたまその場に奥さんがいなかったから)。

都立三鷹は、ボクは高校の時、1ランク上の都立高だった(ボクは都立神代)。
で、三鷹高校とは通学バスが一緒だった(桐朋女子学園とも)。
だから朝はバスがすごく混む。雨の日なんか満員で乗れないこともあった。
「杏林大学病院入口」で三鷹高校の生徒達が降りるとバスは一気に空く。

当時はサッカーどころか、何の運動部も有名ではなかった。
というか、都立は運動部は、盛んでなかった。
だからちょっとビックリした。

でも三鷹高校のサッカー部は150人で、これは全男子の3分の1という。
信じられない。
でも、だから何となく親しみがあって、なんとなく応援していた。
残念だったけど、本当によくやったと思う。

ボクは中学でバスケットをやってて、朝練とか大変だったので、
高校では部活はやらないと決めていたので、何もしてなかった。
でも、クラスの奴等とか、「テレビドラマの再放送が見たいから」とか言って
すぐ帰っちゃうのが多くてつまらなかったな。

お金がある時は吉祥寺に行って、数軒の輸入盤屋を回って(買わない)
今でもある「more」という半ジャズ喫茶に行って、
コーヒーを飲みながら、レコードを聴いて雑誌を読んだりしていた。
中学の同級生の誰かに会うかなと、うすうす思ってみたりしたが、
結局誰にも会わず、同じクラスの女子が入って来るなんてことは
絶対無かった(可能性は5%くらいはあった)。
あの2階の、狭い店内の、コーヒーとタバコの混じった匂いは、今も変らない
(メニューはずいぶん変ったのに)。
だからたまに行くと鼻の奥がツンとする。

当時はまだ店に窓が無かった。
大学時代に突如窓ができて外光が入るようになった時は、
自分たちの秘密が開放されたようで、なんともガッカリした。
今は窓があったほうがいいと思うようになった。

夕飯が近くなってしかたなく帰る時、吉祥寺の空がふじ色になって、
なんとも人恋しい気持ちになったものだ。
そういう気持ちになるくせに、ひとりで行くのが好きだった。

三鷹高校、という4文字からそんなことを思い出した。
[PR]
by mqusumi | 2008-01-05 16:14 | 感動した
<< ザーメン 父の数読 >>