<< 豪快さんだ!完全版発売へ ライヴ満員御礼。 >>

最近買った絵本3冊。

a0099059_17354756.jpg

「こやたちのひとりごと」中里和人・写真/谷川俊太郎・文(ビリケン出版)
中里さんは、小屋の写真を撮り続けている人で、これがものすごくイイ。
全国の、いや国外でも、農家や漁村の小屋を撮り続けている。
小屋って、あるけど見ないでしょ。見せるために作ってないでしょ?
道具を置く場所として、便宜上、有り合わせの材料でこしらえてるでしょ?
しかも目立たないようなところに、ぽんと作られてるでしょ。
これがしみじみ見ると何ともいいのだ。
たいてい、ボロい。ツギハギ。錆びてる。小さい(巨大なのもある)。
でも並べてみると、何とも人間臭く、カワイイ。そしてユーモラス。
ここに、谷川俊太郎がその小屋の気持ちを、一行ずつ文を添えた。
さすが。笑う。そして泣ける。明るい笑い泣き。
時間と風雪が作り上げた、このやさしい絵本、多くの人に見て欲しい。

a0099059_17361616.jpg

「ことば観察にゅうもん」米川明彦・文/祖父江慎・絵(福音館書店)
ボクの「大根はエライ」と同じ、「月刊たくさんのふしぎ」の最新号。
装幀界で今や泣く子も黙る祖父江さんが、なんと絵本を作りましたよ。
祖父江さん自身が描く絵というのを初めて見たんだけど、
これがユルクて、でも無駄がなくて、かわいくてキレイなの。まったくもう!
もちろんデザイン的にも例の凝り性が全開。でも面白くて、楽しい。
でも内容もなかなかイイですよ、深くて新しくてわかりやすくて。
日本語って、人称代名詞が目茶苦茶多いですね。
ぼく、おれ、わたし、あたし、おいら、おいどん、うち、わて、わい…。
それから、昔と今では同じものをいつの間にか違う名前で呼んでる。
「ぼうし、マフラー、ベスト」は「シャッポ、えりまき、ちょっき」だった。
「とってもオイシイ」、と言う言い方もいくつあるでしょう?
トイレの呼び方もたくさんあるぞ。喋り言葉と書き言葉は違うね。
そんな、言葉を観察した子供向けの本。大人が読んでも面白い。

a0099059_17364691.jpg

「サヴィニャックのポスターA toZ」レイモン・サヴィニャック 日本語版監修・小柳帝(アノニマ・スタジオ)
名前を知らなくても、いくつか見れば「あ、どこかで見た」という、
50年代から70年代にかけてヨーロッパで活躍したイラストレーターで
グラフィックデザイナー。ポスター作家の巨匠、と言ったほうがイイか。
2002年に94歳で亡くなった。
代表作に、彼のポスター制作の格言が添えられてある。
全作品が、シンプル、きれい、わかりやすい。で遊び心がある。
自分とは全然違うけど、ときどき本棚から出して見ると、
頭の中が、一回ザーッと洗い流されるようでよい。


ところで谷口ジローさんとの共著「散歩もの」(フリースタイル)が
フランスとオランダで翻訳出版されることになりました。オタンダ。
[PR]
by mqusumi | 2008-03-05 17:39 | 感想
<< 豪快さんだ!完全版発売へ ライヴ満員御礼。 >>