<< エレベーターの恥ずかしかった話。 トイレットペーパーでなく。 >>

昭和のゴミ箱。

一昨日は夜まで暖かかったのに、昨日は夜になったら寒い寒い。
同じジャケットでいたら北風が骨まで凍みた。

で、今日は暖かい。
寒桜なのかな、早咲きの桜が近所にあって、青空に一本満開。
きれいだなあ、と近寄ったら、一昨日は菜の花にミツバチだったけど、
今日はたっくさんのメジロ。
メジロは桜の花が好きだ。
花から花へ、蜜を吸っているのか、飛び回る。
初めて都会でメジロを見たときは、ウグイスだと思った。
鴬色に見えたから。
でもメジロだと知った。
メジロはウグイスより小さくて、きれいで、見た目がカワイイ。
いつも和菓子みたいだと思う。
来るときは、パーッと群れで来て、サーッといなくなる。
桜の木の枝から枝へ忙しく飛び移りながら、花をつついているのが、
花の影に見え隠れするのを眺めているのは、楽しい。
楽しい、なんていってる自分が、ジジイのようだが、
コドモのようにも感じる。
a0099059_17423141.jpg

その近くで、昭和の忘れ物のごみ箱発見。
これ、どこの家の前にもあったなぁ。
空色のポリバケツとのマッチングも、いい雰囲気。
春めいて見える。
昔のような、今のような、春の光だ。
[PR]
by mqusumi | 2008-03-13 17:43 | 変なもの見っけ
<< エレベーターの恥ずかしかった話。 トイレットペーパーでなく。 >>