<< 春麗らメセニー掃除桜蕎麦弟刷り... キヨシローのサイン! >>

水道橋博士。

「本業」浅草キッド・水道橋博士(文春文庫)
が送られてきた。
これは浅草キッドによる、50冊のいわゆるタレント本の、書評集。
ここに+αとして、QBBの『中学生日記』(新潮文庫版・絶版中)に
彼が書いてくれた解説が、載っているのだ。
a0099059_020138.jpg

「『中学生日記』は、俺の14歳への再生ボタンである」
と締めくくられる解説は、すごくよくて、読んだとき自分の本なのに
なんとなく感激した。

他のところも面白そうなので、ゆっくり読もうと思う。

絶版中のこの『中学生日記』も、どうやら出してくれそうな
出版社が見つかり、新装版として6月末に出版予定。
せっかく山下敦弘監督のDVDが出たのに、本体がないのが
残念でしかたなかったので、ホッとしている。

この水道橋博士は、甲本ヒロトと高校の同級生だ。
そしてヒロトの弟(兄?)が役者として、
山下敦弘監督の『リンダ!リンダ!リンダ!』に出演してる。
まあもちろん主題歌はブルーハーツなのだが。
そして水道橋博士がQBBの『中学生日記』に解説を書いている。
と、ここに、

ヒロト〜山下〜QBB〜水道橋〜ヒロト

という不思議な円環ができあがっている。
水道橋博士さんとも甲本ヒロトさんとも、話したことはないけど、
(「タモリ倶楽部」とかで、すれ違ったぐらいのことはあるが)
これも、縁というものでありましょう。
[PR]
by mqusumi | 2008-03-27 00:13 | こんなことがあった
<< 春麗らメセニー掃除桜蕎麦弟刷り... キヨシローのサイン! >>