<< 明日、豪快に発売、豪快にライヴ。 今週末からライヴ! >>

赤瀬川さん中止のお知らせ。

4月13日(日)に予定されていたArtComplexcenter of Tokyoでの
赤瀬川原平さんとボクのトークは、赤瀬川さんの体調不良で急遽中止になった。

原平さんは、去年の暮れからめまいで仕事ができなくなり、
しばらくは外出も控えていた。
ストレス性の、三半規管の不調らしい。
車酔いのような状態になり、少し無理すると倒れたり吐いたりしたという。
徐々によくなりつつあるけれど、今も仕事をしようとすると
めまいに襲われるらしい。
先月久しぶりに公開トークをやったときも、大変疲れてしまったらしく、
今回もあまりいい状態ではないので、大事を取ることにした。
行こうと思っていた人、すいません。
ボクも楽しみにしていたので、非常に残念だけど、健康にはかえられぬ。

命には関わらないとはいえ、もうゲンぺーさんも72歳なので、
お体はいたわりたい。
a0099059_1912367.jpg

思えばボクは19歳の時、美學校の赤瀬川原平絵文字工房に入り、
同期の泉晴紀に出合い、この道に進むことになった。
その時、赤瀬川先生は42歳だった。そして32年後、
ボクは42歳で美學校の講師になった。
赤瀬川さんはボクにとって、唯一の先生で師匠だ。
出合ってから、ずっと赤瀬川さんは天才ぶらない天才だと思っていた。

その後、尾辻克彦の名前、中央公論新人賞、野間文芸賞、芥川賞を取り、
トマソン・ブーム、路上観察ブーム、中古カメラブームを起こし、
映画「利休」の脚本を書き、「老人力」というベストセラーをものした。
40半ばからの大活躍だ。
控えめなやさしい視線で、見逃しがちの日常から宝物を見つけ、
物事の本質をひっくり返す独特のとぼけたユーモアは、
間違いなく、ボクに「それでいいんだよ」と影響を与え続けている。

またお花見とかで冗談を言いあってゲラゲラ笑いたいので、
ゆっくり健康を回復して、もっともっと長生きして欲しい。

予定日13日は、とても中止の告知が行き渡らないと思うので、
元ガロ、現アックスの編集長手塚能理子さんと、
現代美術のホープの一人で大のガロファンだった会田誠さん、
そして急遽来てくれる事になった蛭子能収さんで、
ガロや美學校周辺の裏話などを話す会にします。
よろしくお願いします。
[PR]
by mqusumi | 2008-04-02 19:14 | Liveの予定
<< 明日、豪快に発売、豪快にライヴ。 今週末からライヴ! >>