<< 今年初Tシャツ&冷やし中華 幼稚園に入園する夢。 >>

ショーシャンクの空に

絶対いいってわかってて、すごく観たかったのに、
というか観たいのに、でもいつでも借りてみれるのに、
なぜか観てない映画がある。(本やCDにもあるけど)
その一本の「ショーシャンクの空に」を、やっとやっとやっと観た。

よかった、すごく。
弟が好きな映画ベストいくつに入れると前から言ってたけど、
いかにも久住卓也が好きそうな映画。
というか子供の頃、兄弟で、家の白黒テレビの日曜洋画劇場で
いわゆる名画を観て「面白いなあ」「いいなあ」と言いあって、
でもその5分後にはその映画の場面を俺が真似して、
「あ、その真似、ひどーい!」
と弟を笑わせてた、そういうころを思い出すような、
(ポール・ニューマンの「暴力脱獄」とか、「マーフィーの戦い」とか)
そういう味わいと奥行きと(ユーモアも忘れてない)いい映画だった。

役者の演技も顔も素晴らしい、シナリオもいいし、風景もよかった。
ラストのほうは終わってしまうのが淋しいような、
最後のひとサジ、一粒、一滴まで味わい尽くした行き持ちで、
画面を見ていた。
見終わってシヤワセになりました。
[PR]
by mqusumi | 2008-05-06 15:21 | 感想
<< 今年初Tシャツ&冷やし中華 幼稚園に入園する夢。 >>