<< さようなら赤塚不二夫さん。 田代島に行った。 >>

田代島キャンプ二日目。

6時起床。
島で早起きは本当に気持ち良くて楽しい。都会では辛いだけ。

子供たちは海水浴組と釣り組に別れる。
ボクは最初は海で遊んでる子供たちを見てるだけだったが
日が高くなるにつれ気温が上がってくると、
やっぱり海に入ってしまった。最初ちょっと冷たかったけど、すぐ慣れた。
気持ちいい!
島にはもともと浜が無い。堤防の中に作られた人口の砂浜。
でも楽しい。アサリがザクザク獲れる(夜の味噌汁になる)。

藻が発生していたのだが、この藻、水から上げると透明な黄緑色で
全然匂いもなく、ヌルヌルしてない。
誰かがボクに藻をぶつけたのがきっかけで、
全員で雪合戦ならぬ藻合戦が始まった。
これが思いもかけず盛り上がり、楽しかったア!
久住センセイ、藻まみれ。みんな大興奮で1時間ぐらい。

昼は砂浜で焼きそば大会。
石巻の焼きそばは、二度蒸しされた茶色い麺で、焼ながら
出し汁をかける独特のソース焼きそば。
これを海でお腹を空かして食べるんだから、もう、最高!
ついでに焼き鳥も焼いて、冷たい麦茶を飲みながら食べる。
ウマイウマイ、みんなおかわり連発だ!

午後も子供たちはいろいろ遊んだが、ボクはロッジへ戻って
原稿書き。インターネットが繋がらないので久々に手書き原稿。
結構手間取って、できたものを島で唯一の郵便局に行ってFAX。
a0099059_1975238.jpg

島の昼下がりは静か。
波も穏やかで、緑は溢れんばかり。
日中は人影もほとんどない。
店も無い(島に一軒だけ)。
静か。
ゆっくりゆっくり流れる島時間。
猫たちは夕方涼しくなってくると、どこからともなく道路に出てくる。
ヒグラシが鳴き始める。

島のてっぺんのロッジの庭で、海を眺め、男鹿半島を望み、
ひとりの島時間をじんわりと味わう。

夕方、子供たちが帰ってきてひと休みしたら、
久住センセイとみんなでお絵描き遊び。
島で見つけたものをモチーフにキャラクター作り。
「アワビネコ」とか、オリジナリティあってカワイイ。

夕飯は子供たちの大好きなバーベキュー。
久住センセイはビールととれたての生ウニ!

夕刻の海はオレンジ色に光り、空が、雲が一刻一刻色を変えていく。
日が沈むと、替わってイカ釣り漁船の灯が水平線に並びだす。
ほかに何がいるだろう。
[PR]
by mqusumi | 2008-07-29 19:02 | こんなことがあった
<< さようなら赤塚不二夫さん。 田代島に行った。 >>