<< がんばれベルク! 明後日のライヴ、来て! >>

こども電話相談室と、昨日のライヴ。

知り合いの日記で知った。先週終わったそうだ。
40年続いたのに。なんとか工夫して続けて欲しい。
あそこには、ラジオならではのよさが、全部あった。

今年の夏、栗ちゃんと名古屋に演奏に行った車の中で特番があって
面白くて、笑いながら、なるほど、と質問にも答えにも感心した。

「人は、どうして子供の時は大きくなるのに
 大人になったら大きくならないんですか?」
「そうですねぇ!いいところに気がつきました。○○先生お願いします」
「あのねえ、××くん、間接ってわかるよね」
「わかりません」
「ああ、そうか、手足の曲がるところあるよね」
「…ゆび?」
「指もそうだけど、骨と骨が繋がってるところあるよね」
「わかりません」
「ヒジとかヒザとか、骨の繋がってるところあるでしょ?」
「…わかりません」

これ、演出ではできないですね。
双方、真剣でゴマカシが無いところがイイ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日は Cafe SIESTAのライヴ。
お客さんは、店の近所の人や、久しぶりに来てくれた人、美學校生、
編集者、QBBマンガファンという小学5年生の女の子とかいて、
初めて観てくれる人も多く、Projectorは爆笑してくれたし
ライヴも店の空気がすごくイイ感じになって、よかったよかった。
先週ラジオに出たときにかけた曲で、予約してくれたという御夫婦にも
いて、ラジオというメディアに感謝でした(その時も「電話相談室」の
話をした)。

新曲を作っていった。豆腐愛を歌った「豆腐の人」と、
「Walkin' down the Street」。
最初のは三拍子の静かな歌で、次のは、歌ってたら途中から自然に
手拍子がわいて、弾き語りでそういうのは久しぶりで嬉しかった。
BlueHipの栗木健がパーカッションを持って本番に駆けつけてくれ
一緒にできたので、後半はとてもなごんで盛り上がった。
SIESTAとやる「JOJO MARY」や「兵隊」や「自由の筈」や「骨」は
このユニットでないとでない味わいがあってやっててグッとくる。

来てくれた皆さんありがとう。
[PR]
by mqusumi | 2008-10-06 14:12 | こんなことがあった
<< がんばれベルク! 明後日のライヴ、来て! >>