<< スペシャルゲストします。 増刷御礼。 >>

食べてきました。

例の「豆腐バタ焼き」の「めんちかっ定食」の「生みぞれ焼き」の「発泡冷奴」の店。

根津にある「和幸」という定食と弁当の店です。
のれんにデカく「めし」と染め抜いてあって、結構、野武士なムード。

サンプルをよくよく見て驚いたのは「みぞれ焼き定食」の
例の生肉に見えたサンプル、ろう細工でした。
さらに意味ワカンナイ(もちろん実物は焼き肉大根おろしのせだった)。
定食の組み合わせは毎日変わっているようだ。
かの「冷奴」はサンプルケースの中に無かった。
「たい焼き定食」も無かった。

中に入るとおばちゃんが「いらっしゃい〜」と
昔っぽい湯呑み茶碗でお茶を出してくれた。
この人の旦那であろうピカソのような白髪ハゲのじいちゃんが、
厨房でほとんどの料理を作り、息子っぽい大男が手伝ってる。

ボクは結局「豆腐バタ焼き」は食べなかった。
前にWAKAに「豆腐バタ焼き」はいわゆる「豆腐ステーキ」のこと、
と言われて、な〜んだ、そうか、あれか、とちょっとがっかりしてたから。

「あじフライ定食」を食べました。
注文されてから揚げるアツアツのあじフライが、おいしい!
パリッとしてサクサクでこうばしくて。ご飯に合う合う。
サンプル、マズソウ。実物はもっと大きくてウマイゾ!
a0099059_15231067.jpg

目玉焼きと、スパゲティサラダと、とろろいもと、お新香と
大根と豆腐の味噌汁、大盛りのご飯で850円は安い。
漬物がウリの芥子漬けみたいので、いいアクセントになり、ナイス。
結構ボリュームあり、お腹一杯になった。
家庭的な味で、おいしい。近所の人でにぎわってた。
弁当を買いに来る人も多かった。
地域にしっかり根を張ったいい店だと思う。

ボクはカウンターに座ったのだが、隣の人が「A定食」を頼んだ。
今日の「A定食」は、くだんの「豆腐バタ焼き」と海老フライなのだ。
しめた、と思って厨房の中を盗み見してたら、わかった。
「豆腐バタ焼き」は、「豆腐ステーキ」では無いぞ、WAKA。
あのサンプルとも、違う。

「豆腐バタ焼き」とは。
親子丼や卵とじを作るときに使うひらたい小さな鍋、
あれにナイフでゴッソリ取ったタップリのバターを敷き、
そこに手のひらでサイコロに切った豆腐を入れ、
もやしや千切りの野菜を適当にのせ、
味の素をじゃんじゃんじゃんじゃんじゃんとタップリふって、
醤油をたーっとかけ回し、フタをしてしばらく煮たものだった。
「焼き」じゃないじゃん。
でも頼んでる人が他にもふたりいたから人気メニューかもしれぬ。
でも俺はあんまり好みじゃないかなぁ。

ピカソは(もうあだ名化してる)、完全に女物のエプロン、
黒地に薔薇の刺繍の施されたの、を付けて真面目に料理してて、
よく考えるとすごいオカシイ。なんじゃそれ。
ピカソ、いい。ピカソいい味出してる。ピカソ、目ぎょろぎょろ。
ピカソの息子と口がおんなじ。

この辺は何度も歩いていて、並びの居酒屋にも入ったことがあるのに
気付かなかった。ウレシイ、店です。
千代田線根津駅すぐそば。根津交差点の吉野家の裏。
[PR]
by mqusumi | 2009-02-27 15:24 | こんなものを食べた
<< スペシャルゲストします。 増刷御礼。 >>