<< 泉昌之『天食』出ます! サイタマノラッパー・トーク >>

あとは死ぬしかなかったのかな…。

本物の、世界一の、100年に一度のスーパースターでしたね。
色が白くなってから、舞台で苦しい顔が多くなったのが辛かった。
本物のムーンウォークというのは、彼の肉体を持ってしかできない。
世界中のどんな人が見たって、これには笑顔になるだろう。

誰もこんな風に踊れない。
誰もこんな風に帽子を投げられない。

どんどんいろいろしちゃって、同い年として目が離せない、
と冗談まじりによく言ってたけど、死んでしまったら冗談にならない。

一瞬たりとも観客の目を離させない隙の無さ。
彼が長い人差し指を宙に立てると、
その瞬間稲妻のようなエネルギーの放射が見える。
誰もできないダンスのキレ。柔軟さ。
ヴォーカルの完璧な音程とリズムとうねり。
そのどこをとっても「マイケル・ジャクソン」というオリジナリティ。

地球にはたった50年間だけ、マイケル・ジャクソンがいた。

こうやってゴスペルっぽくシャウトしていたマイケルが一番好きだった。
全身が愛に溢れている。
魂が光り輝いている。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by mqusumi | 2009-06-26 14:45 | 感動した
<< 泉昌之『天食』出ます! サイタマノラッパー・トーク >>