<< 竹中直人さんからメール。 久住&渋さ動画速報 >>

一昨日は坂本弘道さんとライヴ。

でした。渋さとの翌日。
(両日とも昼は別件のレコーディングでエレキギター弾いてたりして
 ミュージシャンな二日だった)

大泉学園「インF」。
ここは知る人ぞ知るジャズの店でジャンルを超えたいろんな人が出演してる。

この日はチェロの坂本弘道さんとパーカッションの栗木健さんとのトリオ。

毎回前半はプロジェクターショーなんだけど、
日本と世界をまたにかけて活動する坂本さんのネタはいつも面白い。
ボクは、最近発見の面白ものの他に、マンガ論の時に
学生に描かせた課題の絵など見せて笑いを頂戴しました。あとちょっと記憶の話。

この日演奏したのは

1Walkin' down the street
2シブイ店見つけた
3JOJO MARY
4度肝を抜きたい
5ショベルカーブルース
6プロレタリアの少年少女へ
7フェアウエルうどん
8自由の筈

アンコール
PRINCE

渋さと一緒にやった曲も多いんだけど
全っ然!違う演奏になるのが面白い。
6は前日、渋さの「校庭」で読んだ詩(?)なんだけど、
坂本さんのピッチカートループを基盤にした
悲しみに満ちたメロディが、「おぢさん」の悲しみと滑稽を
別の形に面白くしていて秀逸でした。
ボクもちょっとサンプリング風にアレンジしたり。
4は僕の詞にWAKAが曲を付けたものなんだけど
絶対この3人だと面白くなると踏んでやったのだが、
果たして本番ではボクが坂本栗木に度肝を抜かれた。
栗木健が今まで見たことも無い飛び道具を本番で突然使いやがって(笑)
ボクがこの歌を歌ったのはたぶん初めて。いい曲だ。

アンコールではお客さんで来ていたフクムラサトシとShake、さらには
店主の佐藤さんまでがベースで飛び入り参加して
PRINCEで異常に盛り上がる。すごかった。

それにしても坂本弘道さんは本当に素晴らしい音楽家で
ボクが近年与えられた影響はものすごく大きいです。
[PR]
by mqusumi | 2009-07-08 19:43 | こんなことがあった
<< 竹中直人さんからメール。 久住&渋さ動画速報 >>