<< 本日「世にも奇妙な物語」! いよいよ明日。 >>

昨日の横浜未来演劇人シアター企画!

昨日は満員御礼。
みんな「いったいどういうことをやるのか?」と思ってたようですが
ラストは昨日まで全員わからなかったのでした。
とにかくメチャメチャ振り幅の激しい舞台で戸惑った人も多かったと思う。

いつものライヴとは全然違う、ゼロから舞台を作る一日だった。
でも、そこに昨日当日にいろんなことが加わっていったんですよ。

新曲、すごいっす、楽隊の皆さん。
一昨日の夜作ったスケッチが、翌日には見事なワルツになってる。
坂本さんのチェロの美しく悲しく、狂気なこと。
小森さんのクラリネットのつややかな熱さ。
川口さんのサックスやリコーダーのアーシーであたたかいこと。
原さんのバンジョーは「JOJO MARY」にまったく新しい広がりを加えた。
栗木健の演劇的パーカッションは他の人では代替できぬ。
それにもっちゃんとゆきんこちゃんの二人が
コーラスつけてくれて、さらに本番までの短い時間に
ダンスまで作ってくれて!

最後の「夢のマニマニ」のテーマ曲から「市電うどん」の歌に強引に
クロスして、全く違う歌が一度に流れて世界が変わって行く、
というのは当初からのボクのアイデアだったのだけど、
実際にやったのは実は昨日、当日本番前のリハが初めて。

その場にいたメンバーも役者もみんな緊張感があったし、
失敗覚悟でやったけど、想像以上に力強いものになった。
役者さんたちの経験と強い心のおかげです。
引っ張ってくれた演出陣、役者の先頭に立った石丸ダイコさんに感謝。
たくさんの人がガーッと歌う力はすごい。

実はたぶんボクが一番感動してました。

ボクは別に新しいことがしたいのではないけど、
いつもオリジナルなことがしたいと思っている。
そういう気持ちが坂本弘道さんたちミュージシャンと
横浜未来演劇人シアターの人たちと、すごくいい形で繋がって
実現できてよかった。

たった一晩の舞台、まさに夢みたいでした。

打ち上げでは気がつくと栗木健が夢見ていた。
a0099059_1728252.jpg

その栗木健のパーカッション群。このほかに木魚などもたくさん。
a0099059_17282843.jpg

栗木健に負けず劣らず坂本弘道の足下に広がって並んだフットスイッチ群。
これにグラインダーやのこぎりも演奏。
a0099059_20372281.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-10-05 17:31 | 感動した
<< 本日「世にも奇妙な物語」! いよいよ明日。 >>