カテゴリ:こんなものを食べた( 51 )

典型的なそば屋のラーメン。

知り合いの日記に、三鷹のそば屋のラーメンの写真が出てきて、
「あ、そうだ、この店があった、10年以上食べていないぞ」
と思って、今日食べた。
南口駅前郵便局の近くの「多加はし」はものすごく古い店なんだけど、
新装されて面白くも何ともない外観と内装。
そのせいか、すっかりその存在を忘れていた。
だけど、中身は最近どんどん東京から姿を消していく「町のそば屋」の典型的な店。

そしてここのラーメンが、
鰹節の香りがプーンとする、まさにボクがイメージする「そば屋の中華そば」。
麺が縮れてなくて、まっすぐでちょっと固めなんだけど、それもまたよい。
見た目を裏切らない、なんでもない、おいしいラーメン。
a0099059_1549212.jpg

(写真はnopogoroさんから拝借。これは大盛りらしい。ボクは普通盛り)
うまかった〜。
たまに来ることになりそう。

午後1時ぐらいなんだけど、
4人がけのテーブルで酒を飲んでるじいさんがいて、
あとから来たオッサンが、
「おう、ここ、いい?」
と言って向かいに座った。無言でうなずくじいさん。

店員の女性が来て
「いらっしゃいませ、ご一緒ですか?」
というと、オッサン、
「一緒じゃねえけど、ここ座ったっていいじゃないか。酒」
と言っていた。
「菊正宗?」
「あーいいよそれで」
「燗して?」
「ああ」
「熱燗?ぬる燗?」
「どっちでもいいよ」
「ハイ」

どちらの客も常連ぽい。

じいさんの話が聞こえてきた。
「一升」
おっさん「毎日?」
「365日」
「飲むね」
「風邪引いたって酒で治しちゃうんだ」

すげー。もりそばを頼んで、たぐりながら飲んでた。
塩をもらって、なめたり。
「塩はくれるって言うんだから。もらっといたらいい」
「もらえるものは」
「そーそう」
[PR]
by mqusumi | 2011-03-08 15:49 | こんなものを食べた

オヤジのひとりロゼ。

ロのつくものを食べなきゃならなくて、
「ロブスター」と思ったら近くのレッドロブスター潰れてて、
「ロースかつ」は、こないだ泉昌之でマンガに描いたばかりだし、
「ロールパン」とか「ロールケーキ」もいまいちだし、
炉端焼きこの頃ないし、あっても別に行きたくないし。
「ロースハム」。
「ローストビーフ」。
うーん。

とか思ってるうちに夜遅くなったので、
吉祥寺のAndeuxに行って、「ロゼワイン」を飲んだ。
とりあえずビール、もやらないで乾いた喉に飲んだ写真のロゼワイン、
華やかだけど清純な感じの香りで、すごく美味しかった。
爽やかな酸味にくるまれた甘みが、大人の女の誕生日に似合いそう。
ピンクというより、ガーネットっぽい、赤。
でもオバサンゴージャスではない感じ。
「ローヌ」のロゼだそうだ。

でもハゲオヤジとロゼって、絶対似合わない組み合わせだと思う。
オヤジの一人酒盛りに、ロゼ、合わない。
ロゼ、やめとけ、俺。
でも残念ながら美味しい。実に美味しい。

ブルーチーズの「ロックフォール」も、ロですよ、とジュンちゃんが
教えてくれたのでそれを肴にした。

でも、ワインでロがつくと言ったら、ワイン好きにとっては
「ロマネコンティ」だそうだ。
物凄く高いらしい。

あとなんか、ロのつく白ワインも飲んで、
最後だけは男らしく「ロンリコ」151ploofで締めた。
75度は舌が痛いほど。でもキツいだけじゃなく味も香りもしっかりある。
ラム酒特有の甘みも、カラメルっぽい香りも、
飲みこんだあと口の中に、光の尾を引いて現れ消えて行く。

翌日、美味しい「ロシアンティー」を飲んだ。
美味しいママレードを、濃い紅茶に溶かして、
ラム酒を2、3滴落として飲む。

これスバラシイ。ロシアンティー、俺の中で支持率急騰。
クーラーの効いた紅茶専門店で飲むと、
なんかとてつもないアイデアが浮かびそうな気がしてくるほど美味しい。
[PR]
by mqusumi | 2010-06-29 21:29 | こんなものを食べた

初みたか。

今日の午前11時半過ぎに、「江ぐち」あらため「みたか」、
初めて食べてきた。

竹の子皿と小ビンビール付きで。
暑くなったからビールがウマイ。これを竹の子やチャシュー皿を
アテに食べれる楽しさと言ったらない。

ラーメン、江ぐちの味でしたねえ。
それもそのはず、江ぐちのラーメンの仕込みはここ数年、
今の店主がやっていたそうだから。
むしろちょっと味がキリッとしたような気がするのは気のせいか。

ネギの切り方が繊細になって、チャシューがちょっと薄くなったかな。
でもそれもまたよし。それがまたよし。おいしかった。

WAKAが開店前にもらったという「チャシューの切り落とし」が
一袋200円で売っていた。
これスゴイ量。500gぐらいある。安過ぎる!
ひとりが買ったら、ほかの人も買って、あっという間に無くなる。
一日6袋限定だそう。こういうのいいなあ。

店に入ったときは席があったけど、昼近くなったので満席になり、
出る頃は外に並んでいる人もいた。こんな感じの混み方がいいな。
またすぐ来ちゃいそうだ。

江ぐちの物語が、みたかの物語に繋がって本当に嬉しい。

というわけで、「小説中華そば江ぐち 完全版」、
書き下ろし部分を構成執筆中。
a0099059_23261267.jpg

[PR]
by mqusumi | 2010-05-07 23:26 | こんなものを食べた

江ぐち最後の日。

江ぐち最後の日。
行くとサビシくなるから行かなかった。
全国からわざわざ食べにやってきた人がいるらしい。

そしたら江ぐちの今日の店内の音を録って聞けるようにした人がいる。

バカだなあ、と思いつつ、何十年と変わらない店の人の声や、
お客さんとのやり取り、ドンブリの音、麺をすする音、
聴いてたら、瞼の裏に映像がまざまざと見えて、
だんだん泣けてきてしまった。

以下のページの下のほうのPod castのところで再生できる。

http://tga-studio.com/2010/01/30/tgap_01/
[PR]
by mqusumi | 2010-01-31 17:41 | こんなものを食べた

江ぐち映像。

YouTubeにこんな映像が。

バカだなー、と思いつつみんな好きなんだなぁと。

なんか1時間半待ちとか、2時よりずっと前に麺が無くなっちゃって閉店とからしい。

断腸の思いでビール一本でやめたのに、お勘定したら両隣の客が「ビールもう一本」と言って
むかついたとか、タクヤ疲れてて普段にもまして味にバラツキあるとか、
愛知から新幹線で食べに行ってトンボ帰りしたとか、いろんな話が伝わってくる。
そういう話のひとつひとつに、ボクが励まされるようだ。

やっぱり巧まざる笑いがあるんだ、江ぐちには。
いい言葉として庶民のラーメン屋なんだよ。
庶民で、いいじゃん。

おなか空いて来ちゃった。江ぐちで、もやしそば食べたい!

ああ、あと二日か、とりあえず。
きっと、とりあえず。
[PR]
by mqusumi | 2010-01-29 18:09 | こんなものを食べた

江ぐち、行って来ました。

土日は混みそうだから、今日しかない、と11時5分頃行きました。
最初ちょうど満席で、ひとり帰って座れた。
「小ビンと竹の子で?」
と言われたので「ハイ」という。
キリンビールの小ビンと竹の子(シナチク)の皿盛り。
ウマイ。

隣りの席が空いたら、タクヤが
「大将、こちら、狭いですけど」
といって、隣りに座ってきたのはなんと渋さ知らズのバリトンサックスの
鬼頭哲さん。大将と言われてる。

知り合いがラーメン屋で偶然隣りに座ると、なんかちょっとテレ臭い。
でも鬼頭さんもビールたのんで、飲んでたので、
「なんかね」
と話しかけると
「いやー、十大ニュースです」
と言ったので笑ってしまった。
「テレビの上のほうに番組中のテロップが入った感じです」
ふふふ。声を押し殺して笑ってしまう。


JNNニュース速報 三鷹のラーメン店「江ぐち」が閉店。今月31日まで。


11時半頃、意外にも客が少なくなった瞬間があり、そしたらタクヤが
「こーいうことになっちゃって。わたしに力が無いから」
というので急にさびしくなってしまった。
そしたらハシモトくんが
「暮れの最終日に、やっぱりお風呂で亡くなったんですよ」
と話しかけてきた。
「ふだんは入ってなかったんですよ。
 アルツハイマーが進んで、お風呂は介護の人が入れてたんです。
 それがその日は自分から入ったらしくて。
 おばちゃんが7日にお風呂でなくなって。
 呼ばれたのかなあ、と。私もしばらく風呂に入るのが怖かったです」
巨体とそれに似合わない童顔でニコニコ話す彼だが
やはりサビシそうだ。
「5人のうち、二人いなくなっちゃったんで。
うちも会社組織じゃなくて、個人店なので、行政的に期限がありまして。
何しろ急だったので、いったん閉めざるを得ないのです」

すると別の客が
「それで、どうするの?再開は」
「いや、先のことはまったくわからないとしか、お答えできないのが現状でして」
「フーン」常連ぽいご婦人二人が険しい顔でハシモトくんを見ている。
「いったん仕切り直してということで、閉めることになりました」

「俺、息子さんと同級生です」
とひとりの男性客がタクヤに言った。
「あー、そうですか、へえー」
確か日大の付属高校の体育教員だったはずだ。

みんな気になって来たんだな。

でも「いったん」とか「仕切り直し」に少しホッとする。
でも具体的にはタクヤの高齢化や従業員問題など、
難しい現実問題が高い壁になって前に立ちふさがっているだろう。

そこへ、頭をスキンヘッドにした常連風の男が
「チャーシュウメンの大盛りね!」
と叫ぶように言いながら入ってきて、座るなり
「マスター、店閉めるの?なんで?」
と大声で聞いた。
タクヤもその勢いに思わず
「なんでと言われても」
と苦笑したので、おかしくなってしまった。

「ここでしか食べられない味だからね」
とボクが言うと鬼頭さんも
「そうですね」
「真似できない味だよね」
「真似しようって、バカですよね」
「ていうか、ここの真似したら、マズイ」
と言って二人でヒソヒソ笑った。
ボクの昔書いた単行本そのものの会話。
江ぐちの「インスパーアー系」、できたら絶対マズイラーメンだろう。

ボクは「ラーメン」を頼み、鬼頭さんは「もやしラーメンの大盛り」を
頼んでいた。そうか、もやしラーメンという手もあったな。
もう一度食べにくるか。
ここのとろみの入ってないもやしラーメン。これも独特。


とにかく、ボクが「おいしい」ってどういうことだろう?
ということを考える根幹になっているのが、
この店の、「一般には」おいしんだかおいしくないんだかわからないけど、
ボクにとってはおいしいしかない、
という独特の江ぐち体験というか、江ぐち経験であることは間違いない。

いつもいつもその位置からしかボクは食べ物のこと書いていない。

ボクの行った後に、すぐ渋さ知らズの不破さんも行ったようだ。

その後には、弟の卓也も行ったようで、
「先生、先ほどお見えになりましたよ」
とタクヤに言われたそうだ。
弟をボクの弟と認識しているのか?
弟に似てる(似てた)からタクヤとあだ名されてるのを、
タクヤ自身はわかってるのか?

ワカとかタカシさんとかウチヤマとかムタさんとか、全員行くだろう。
全員てどういう範囲だ(笑)。

まだまだ話題はつきない江ぐちは、とりあえず今月31日まで。
[PR]
by mqusumi | 2010-01-22 13:36 | こんなものを食べた

山梨うどん。

昼は実家で手打ちうどん。
山梨の地粉で、やや茶色い。
コシは強くないけど粉の香りがいい。

ゆでた麺を椀にとり、
油揚げとニンジンの細切りを醤油でだし煮付けたものと刻みネギをのせ、
熱い汁をかけて七味をふって食う。

ウマすぎておかわり連発。
[PR]
by mqusumi | 2010-01-03 14:14 | こんなものを食べた

懐かしビール。

復刻ものが流行ってるけど、このビール懐かしい。
a0099059_14413928.jpg

昨日美學校で飲んだ。
まさにボクの大学時代のサッポロ缶ビール。
学園祭の写真に写り込んでいた。
この配色。「うーーー」って奥歯のあたりがムズムズする。

味も苦くて、ちょっぴり飲むと、子供の時、
大人が飲み干したビールビンの底に残った一滴を飲んで
「うわーマズ!」
と思ったときの味と香りがした。

今夜は来週のライヴのリハだ。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-26 14:42 | こんなものを食べた

泉昌之新作描きます。

泉昌之マンガ、描きます。

最初、作画を誰に頼むか決めずに原作を書いていたんだが、
やっぱりコンテまで描こうと思って、描きはじめたら、
どう考えても泉昌之になってきちゃった。
できあがって編集者が泉晴紀にコンテ見せたら、描くとのこと。
ウレシイ。

久しぶりだな、12pも泉昌之でこういうオリジナル描くの。
思い切りくだらないおでんマンガ。来月上旬に単発。

おでんでは、大根、玉子、シラタキが好き。
厚揚げも、昆布も、じゃがいもも好き。
コンニャクもおいしい。
はんぺんは最近は頼まないかな。
がんもどき、ちくわ、ロールキャベツは自分で頼んだことがない。

子供の頃は、ちくわぶが一番好きだった。
ちくわぶが東京近郊ローカル、と知ったときは驚いた。

うどん粉帝国大阪の人が、ちくわぶを「気色悪い」とか「まずい」と
言うのを聞いたときはもっと意外だった。

今日は寒いから、おでんと日本酒なんて、いいなぁ。
・・・まだ早いって。
a0099059_1412291.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-11-11 16:09 | こんなものを食べた

STONEも閉店か・・・

吉祥寺公園口出て、右手にすぐの地下、もう創業22年目の
喫茶店STONEも無くなる。もう南口のいい喫茶店、ないじゃん。

STONEはコーヒーもおいしいし、
昔味のなポリタンもあるし、
トーストサンドイッチもおいしいし、
吉祥寺で唯一、年に2〜3回ケーキ食べる店。
チョコレートシフォンケーキ。

で、思い出に来月号の「花のズボラ飯」に、
ここのバナナチョコレートケーキを描いた。
a0099059_0142878.jpg

これもコーヒーに合っておいしい。
バナナの香りと酸味がチョコレートムースでスゴく引き立つ。
生クリームの軽さと一緒に口の中で溶けて、おいしい!(誰だオレ!)
砕いたピスタチオが振りかけてあるのがニクい。

原稿渡しとか、簡単な打ち合わせとかで、10年ぐらい行ってる。
行かない週はないぐらい。近いから。

隣りに高田渡さんがいたことも、
魚喃キリコと偶然会って結局飲みに行ったこともある。

いろいろ思い出が多い店なので、サビシイ。
[PR]
by mqusumi | 2009-10-10 00:14 | こんなものを食べた