カテゴリ:こんなことがあった( 199 )

「孤独のグルメ」ドラマについて。

どきどきしましたが、おおむね評判が良くて、原作者としてホッとしています。

ボクは普段ほとんどテレビは見ないし、
Twitterで検索なんかもしないんだけど、
想像以上に話題になっていたようですね。

テレビ離れとか視聴率が下がってるとか言われながらも、
テレビの影響力はまだまだあるんだな、と感じました。

テレビ化にあたって、スタッフといろいろ話したのですが、
実際にある店、そしてその街を使って、「ドラマ」をやるというところが
今までにない番組なんじゃないか、と話していました。

今はちょっと変わった店をネットで探して、タレントがそこを訪れて
なんかする、という考えてみれば物凄く安易な番組が多い。
たいしてこの番組は、歩いて店を探して、交渉して、
さらに台本をそこから作って、役者を仕込んで、と物凄く面倒くさい。

そこに来てテレビ東京で深夜なんで予算も時間も十分ではないです。
でも非常にみんながんばっていて、台本も順備縞をボクに送ってきてくれて
「井之頭五郎の台詞はこれでいいでしょうか?」
と聞いてくれたりします。
そんなこといわれたら、ぼくも五郎風に直しますよそれは。
最初は「別物」と思って知らん顔の傍観者のつもりでしたが、
今や身内になってしまった感じです。

そうやって撮影しながら手探りで作っているのを近くで見ているので
あまりにボロカスいわれたらカワイソウだ、とドキドキしていました。

今3話まで撮影が終わっていて、まあいろいろこれからいわれるでしょうが、
暮れに送られてきた4話目、5話目の台本はかなり面白くなっています。
あらためて、ドラマって大変だなぁと思いました。
セットが使える「深夜食堂」はいいなぁ、と人ごとながら思いましたね。

ボクも一回目を見てから、こういう音楽が合うんだなとか、
こういう方面の効果音楽が必要だな、とわかり、また新たに作っています。
見ている人はお話に見入っていて気づかなかったかと思いますが、
20曲近くの音楽が使われています。
松重五郎のテーマも、いろんな形態で繰り返し鳴っていました。
たぶん見ていた人の無意識に入り込んでいると思います。

松重さんも、地方ロケの時など、ひとりで歩き回って店を探して入るのが
大好きということで、すごく意欲を持って真面目に取り組んでくれています。
ご自分で第一回を見たら、もっとよくなると思います。

というわけで、寒空の中、スタッフ(これがまた少ないんだ)今日もロケハンやら店探しを
がんばっている筈なので、温かく見守ってやって下さい。

よろちく!
[PR]
by mqusumi | 2012-01-07 14:08 | こんなことがあった

あけましておめでとうございます。

31日夜から三鷹の実家に行って、今日までいました。
家は寒い。マンションは温かいなー。
重い掛け布団も久しぶり。朝起きれない。

お雑煮に始まって、母親の料理をいろいろ食べました。
なます、キムチ、ポテトサラダ、山芋磯辺揚げ、唐揚げ、黒豆などが美味しかった。

山梨の地粉を打って作るうどんもウマかった。
煮干し、昆布、椎茸でダシをとった醤油味の熱い汁に、
ゆで置いた細打ちの麺を入れ、
油揚げと人参の千切りを煮合わせたをドッサリのせて、
葱と七味をかけて食べる。
いくらでも食べられる気がした。

弟家族も来てたので、昨夜は人生ゲームをやったけど、
弟は酔っぱらってて、ニコニコしてて楽しそうだけど、
ゲームが全然わかってなさそうで面白かった。
単にルーレット回してだけで、あとみんな人にやってもらっていた。
俺はビリで7万ドル借金に終わった。

酒もビール、日本酒、焼酎、ワインといろいろ飲んだけど、食べながらゆっくり飲んだので、
そんなに酔わないし二日酔いも全然しない。お通じもすこぶるよい。実に健康的な酒だった。

父は暮れに白内障の手術のために瞼を手術して切った。
なので、父の眼というものが見えて、変だった。85でプチ整形。
今まで庇のようにタレた瞼が邪魔で、眼が見えなかった。

黙ってなんかしてるので見てたら、使い切ったガムテープでペン立てを作っているのだった。
ずさんで、汚い。あんまり役に立たないような気がする。
a0099059_16492181.jpg

それにしても、実家にいると起きてる時間の6割以上はウクレレを持って
チョロチョロ弾いてる(音を出さないで押さえたりしてるだけもあり)俺だ。
ウルサイと言われると別の部屋に行って弾く。
それ用のウクレレが置いてある。

今日は元自分の部屋の押し入れをちょっと整理。
昭和60年。南伸坊さんのアシスタントとして
NHKの「スタジオL」という番組にレギュラー出演していた時の
台本が出てきた。懐かしい。
a0099059_1640764.jpg

ナムジュン・パイク、横尾忠則、赤瀬川原平、杉浦康平、杉浦日向子、
荒俣宏、戸川純、如月小春なんて人たちが毎週ゲストで出ていた。
そんとき、27歳ですよ。信じらんない。
台本は3冊ぐらい残して全部捨ててきた。

まあ、そんな正月でした。
明日締め切りがあるので、今日から仕事始め。

皆さん今年もどうぞよろしく。

あ、明日の夜は、24時43分から、テレビ東京系で
『孤独のグルメ』の実写版が始まります。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/
お話はすべてテレビオリジナルなので、マンガと別物として楽しんで下さい。
ボクは音楽をやっています。
バンド仲間のフクムラサトシ、栗木健、Shakeも、作曲編曲演奏してます。
[PR]
by mqusumi | 2012-01-03 16:50 | こんなことがあった

今年1年。

今年はデビュー30周年だった。
そのせいでもないだろうけど、例年にも増していろいろイベントが多かった。
いろんなところに行った。

1月 泉昌之「食の軍師」(日本文芸社)出版。
   ブンガジャンで発売記念Q-FORCEライヴ。
   さるハゲロックフェスにIMOで参加。
   綱島ナマクカフェで坂本弘道・栗木健とライヴ。
   野武士散歩 国府〜安城
   旅 越後湯沢


2月 東京芸術座でIMO
   マンダラ2でオーケストラQ
   「王様のブランチ」出演(花のズボラ飯)
   NHKラジオ生出演で、生演奏
   野武士散歩 安城〜熱田神宮
   そのまま名古屋名芸でIMO

3月 鶴見ラバーソウルでQ-FORCE
   【東日本大震災】
   野武士散歩 熱田神宮〜桑名
   クロコダイルでオーケストラQ
   旅 倉敷 水戸

4月 O-Squre小さな火の玉ボーイフリーギグ参加 慶一さんあがたさんと「骨」
   inFで鎌倉不思議動物園に参加 ProjectorQも
   野武士散歩 桑名〜関
   友人結婚パーティでQ&Wで3曲演奏
   
5月 マンダラ2でBlueHip
   横浜シデンシキのゲストでIMO
   野武士散歩 関〜伊賀
   鶴見ラバーソウルで久住昌之バンド
   居酒屋大茂でQ&W
   旅 草津 日光

6月 西荻窪Terraでパンチの効いたブルースに参加
   笹塚ファクトリーでIMO
   ロフトプラスワンで喜国雅彦とトーク。3曲弾き語り。
   野武士散歩 伊賀〜月ヶ瀬
   Ust Live 弾き語り
   ジーンズキッチンでBlueHip
   栗木健と北海道ミニツアー 札幌キコキコ商店2DAYS
                小樽文学館
                旭川マチバル (すべてProjectorQ付)
   「嵐にしやがれ」出演

7月 新宿BERGで切り絵個展
   JIROKICHIで高橋香織さんのKAO'Sにゲスト参加
   大阪Howlin' Barで 弾き語り
   笹塚ファクトリーIMO
   野武士散歩 月ヶ瀬〜奈良学園前
   名古屋シネマテークで弾き語り
   ソロCD「ミュージコミクス」発売
   マンダラ2でCD発売記念ライヴ

8月 市川 麻生珈琲でIMO プロジェクターQ
   文化放送生出演 2曲生演奏
   新宿タワーレコードでインストアライヴ
   野武士散歩 学園前〜大阪城(25カ月目のゴール)
   ライラでIMO
   渋谷タワーレコードでインストアライヴ
   旅 日原鍾乳洞

9月 マンダラ2でオーケストラQ
   旅 尾道

10月 ニューベリーでQ-FORCE
   コクテイルで花のズボラ飯レシピ本発売記念トーク 大竹聡、瀬尾幸子
   J-WAVE生出演
   ズームインサタデイ出演
   光明寺でBlueHip
   児童文学「1円くんと五円じい かいぞくあらわる」(ポプラ社)出版
   旅 泉昌之で名古屋
   
11月 友人結婚パーティで2曲バンド演奏
   ジロキチでオーケストラQ
   座・高円寺で前野健太・みうらじゅんとトーク。弾き語り2曲。
   鳥取 ギャラリーそらでProjectorQと弾き語り
   神戸元町映画館で弾き語り
   旅 鳥取〜島根 熱海 奥多摩むかし道

12月 ロフトプラスワンでみうらじゅん・根本敬・和泉晴紀とトーク
   なってるハウスで、不破大輔・川口義之とライヴ+ProjectorQ
   マンダラ2でBlueHip
   日テレ「ヒルナンデス」生出演(ズボラ飯)
   新宿ピットインで梅津和時キャバレーに参加
   エッセイ「昼のセント酒」(カンゼン)発売

書いていてちょっと疲れた。 
半月前のような気がすることが2カ月前だったり
ずーっと昔のように感じるのが3月だったりする。  
結局、

単行本 3冊出版
CD 1枚発売
展覧会 1回
トークショー 3回
ライヴは大小ゲスト含め 48本
旅は遠近 18回

さらに個展の切り絵の作品作り、
「昼のセント酒」の取材と書き下ろし、
ソロアルバムのレコーディング、
各ライヴののリハーサルもあったわけで、
連載の仕事はこの合間にやっていたので、忙しかったわけだ。
12月にはドラマ「孤独のグルメ」の音楽作りや録音、
主演俳優との対談、ロケも3回あった。

来年はもう少しのんびりやろうと思う。
a0099059_17531456.jpg

ニール・ヤングのアルバム。リアルタイムで買った。
時はフェイドアウトじゃなくて、フェイド・アウェイなのね。
このジャケットの巨大でけだるい切なさ、タマラナイ。
[PR]
by mqusumi | 2011-12-31 17:58 | こんなことがあった

「花のズボラ飯」オンナ編1位。

ボクが原作の、水沢悦子さんのマンガ「花のズボラ飯」が
宝島社の「このマンガがスゴイ2012」のオンナ篇1位になりました。
a0099059_16573345.jpg

主婦向けエロ無しレディコミという、初めてのジャンルに描いて、
泉昌之ファンや、孤独のグルメの愛読者から、ドンビキされるのを覚悟の
単行本だったので、ウレシイです。
仲間ではあるけど、水沢悦子さんも、本当によかったと思う。

あと連載2回で単行本2巻が出ます。
読んで下さってる皆さんに感謝。
これからもよろしくお願いします。
[PR]
by mqusumi | 2011-12-10 16:59 | こんなことがあった

花ズボ酒つまトーク。

日曜日のコクテイルの
「花のズボラ飯うんま〜いレシピ」発売記念トーク、
満員御礼申し上げます。
ずいぶん前に予約完売になっていたそうですが、
直前にキャンセルが数枚出て、前日に申し込んで入れたお客さんも入れたそうです。

とにかくなーんにも考えていく時間が無くて、
漠然と「前半、ごはんとおかずのズボラ話、後半酒とツマミのズボラ話」
と電車の中で考えていったんだけど、
気がついたら前半だけで予定の2時間たっちゃっていました。
で、ちょっと休んで後半45分ぐらい。

ノンストップで食べ物話だったんだけど、
大竹さんも、瀬尾さんも、打てば響くのお二人で
おいしそうな話、面白い話が、懐かしい話が、出る出る。
話はあっちこっちに飛んだけど、ずーっとお客さんたちも
笑ってくれて、よかったよかった。

いつも本やテレビで見る感じのお二人の、違う面が出せるかな、
と心配していたんだけど、ボクのほうがお二人の意外な面ばかり
見せていただいた感じ。

とくに二人の子供時代の話が興味深かった。
小学校6年まで、強烈な好き嫌いで、ほとんどのものが食べられず、
ごはんに醤油だけかけて食べていた瀬尾さんが、
料理評論家になった話もダイナミックだったし、

同居していたおばあちゃんが、最後のお嬢様で、家事が何もできず
寿司を取るときも肉を買うときも「極上で。」と頼んでいた、
という大竹さんの、
「のりたまが自由にかけられる大人になりたかった」という
話も、今に通じる何かを感じました。

二人ともおおらかで、頭が良くて、気遣いで、でも天然でした。
ボク自身、本当に楽しかった。
いい対談は、自分自身のこともいろいろ気づかさせてくれる。

観に来てくれていた作家の石田千さんとも、ちゃんと話せてよかったな。

来てくれた皆さんありがとう。
[PR]
by mqusumi | 2011-10-16 14:33 | こんなことがあった

花ズボ酒つまトーク。

日曜日のコクテイルの
「花のズボラ飯うんま〜いレシピ」発売記念トーク、
満員御礼申し上げます。
ずいぶん前に予約完売になっていたそうですが、
直前にキャンセルが数枚出て、前日に申し込んで入れたお客さんも入れたそうです。

とにかくなーんにも考えていく時間が無くて、
漠然と「前半、ごはんとおかずのズボラ話、後半酒とツマミのズボラ話」
と電車の中で考えていったんだけど、
気がついたら前半だけで予定の2時間たっちゃっていました。
で、ちょっと休んで後半45分ぐらい。

ノンストップで食べ物話だったんだけど、
大竹さんも、瀬尾さんも、打てば響くのお二人で
おいしそうな話、面白い話が、懐かしい話が、出る出る。
話はあっちこっちに飛んだけど、ずーっとお客さんたちも
笑ってくれて、よかったよかった。

いつも本やテレビで見る感じのお二人の、違う面が出せるかな、
と心配していたんだけど、ボクのほうがお二人の意外な面ばかり
見せていただいた感じ。

とくに二人の子供時代の話が興味深かった。
小学校6年まで、強烈な好き嫌いで、ほとんどのものが食べられず、
ごはんに醤油だけかけて食べていた瀬尾さんが、
料理評論家になった話もダイナミックだったし、

同居していたおばあちゃんが、最後のお嬢様で、家事が何もできず
寿司を取るときも肉を買うときも「極上で。」と頼んでいた、
という大竹さんの、
「のりたまが自由にかけられる大人になりたかった」という
話も、今に通じる何かを感じました。

二人ともおおらかで、頭が良くて、気遣いで、でも天然でした。
ボク自身、本当に楽しかった。
いい対談は、自分自身のこともいろいろ気づかさせてくれる。

観に来てくれていた作家の石田千さんとも、ちゃんと話せてよかったな。

来てくれた皆さんありがとう。
[PR]
by mqusumi | 2011-10-16 14:33 | こんなことがあった

即日重版感謝。

「花のズボラ飯うんま〜いレシピ」(主婦の友社)
一昨日発売しましたが、初日に重版がかかったそうです。
出版社に日記とかに書いて下さいと言われたので、
恥ずかしいけど書いておきます。

詳しくはこちらを読んでちょんまげ。 ↓
http://bukure.shufunotomo.co.jp/practical/?p=15703

即日重版は、初めて。びっくりしたなー。
買って下さった皆さんに感謝。
a0099059_0283735.jpg

[PR]
by mqusumi | 2011-10-08 00:28 | こんなことがあった

一昨日来てくれた皆さん3Q!

昨日のマンダラ2、オーケストラQワンマン、
いや正確には「IMO(イチローマリックオーサダハル)」も出たんだけど
大変な盛り上がりでした。
来て下さった皆さん感謝。

一応セットリストを。
【前座】
IMO
・ひとりぼっちのライディーン
・ヨーロッパ急行
・町営プールのテクノポリス
・勝手に芯ドバッと

【一部】
オープニング Menphis Soul Stew
1 酎ハイブルース
2 ウォーキングダウンTHEストリート
3 低い声の女
4 味が落ちた
5 江ぐちの歌 (久住弾き語り)
6 落ち武者  (久住 栗木)ウクレレ
(ここからホーン無しバンド)
7 ショベルカーブルース 久住ウクレレ 
8 知らない名前の木 
9 めっちゃチキン
10 ジャンボ機 (新曲)

【二部】
1 太湖
2 ダンダダンダ
3 ボロボロ
4 リアルタイム
5 ウィークエンドハーベスト(久住生ギター・観客コーラス)
6 昔はよかった
7 骨
8 瞬ク日々

【アンコール】
坂本Q一+オーケストラQ
1プリンス
2自由の筈


もう大盛り。こんな大盛りもう当分やらないでしょう。
でもお客さん最後まで手拍子してくれたり、歌ってくれたり
アンコールも大きかったし、こちらも盛り上がりました。
最初にIMOが出て、最後にも出るというのは、当日決まりました。

ゲストの高橋香織さんのバイオリンがもう素晴らしい!
たしかなテクニックと場を冷静に見た音作り。歌心。
オーケストラQをやる時はいつもお願いしたい。というか一員にしたいです。

そして勝沼からソプラノサックスのフクムラサトシが、駆けつけてくれ
アンコール一曲のみ、間に合えば、というはずが、
2部全部出てくれて、ゴージャスさが一段と増しましたね。
総勢12人ですからね。

観客席で最初から最後まで見てくれた仙波清彦師匠も
「いやー、面白かった。こういうライヴって、面白くてもだんだん
疲れたりするもんだけど、どんどんリラックスしちゃった。
後半の「ボロボロ」とその次の曲はとくによかったなー、
ホーンセクションの使い方がよくできてる。
でもIMOにはやられたなぁ、とくにサザンがサイコー」

物凄くホメてくれて、なんか心に力がわいてくるようだった。
師匠は物凄くやさしいけど、音楽には厳しいので。

何回やっても、反省点が尽きないのもライヴだけど、
自信を持っていいかな、という部分も必ず何カ所かは見つかる。

新曲の手応えもあった。まったくあの歌詞のままの今だなー。

というわけで、今日は午前中は体がガタガタ、声もガラガラだった。
坂本Q一のせいだ〜。
誰かライヴの写真撮ってたら一枚ほどいいのをくれませんか〜。
[PR]
by mqusumi | 2011-09-27 17:04 | こんなことがあった

昨日、市川/麻生珈琲店でライヴでした。

ノンアルコールのワンマンライヴは久しぶりじゃないでしょうか。

市川の老舗、麻生珈琲店での、
プロジェクターQ付きI.M.O.ライヴ。
前座はボクがつとめさせていただきました。

すごく雰囲気ある喫茶店で、特別に客席を作ってくれて、超満員の
立ち見あり。

全然知らない人ばかりでしたが、女性客が七割ぐらいか。

地元の本屋さんが宣伝してくれたのが意外に大きかったみたいです。
「花のズボラ飯」以降、書店さんの影響力、営業努力の大きさを
あらためて感じています。

プロジェクターQの時からみんなすごく笑ってくれて、
休憩時間には会場全体がお酒も入ってないのに、賑やかな雰囲気に包まれ
こういう雰囲気もいいなぁ、と思いました。

終わってからの打ち上げの料理がみんな美味しく(店長さん自ら料理)、
アメリカのユタ州で学生時代を過ごした影響で、メキシコ料理っぽいのが
ものすごく美味しかった。

特に自家製サルサソースは、超絶品で、もうホントに美味しくて
食べた瞬間、目をまるくしました。
乾燥マンゴーが隠し味になっているということだったけど、
今まで食べたサルサソースとは、もう全然違う。
あっさりして、ジューシーで、香りもよくて、辛さも絶妙。
あまりに美味しいのでいろんなものにつけて食べていたら、
帰りにお土産にひと瓶くれました。感激。

市川は、実は歴史のある街で、面白い個人店や
独自のネットワークと言うか文化があるなあと感じてます。

また呼んで欲しいなあ。
来てくれた皆さんに感謝!!!!
[PR]
by mqusumi | 2011-08-11 16:14 | こんなことがあった

そして今日は笹塚でIMO。

これで立て続けのライヴは一段落。

でも北海道から帰ってすぐ、Tシャツ展、続いて切り絵展、続いて高円寺でKAO'S、翌日大阪で
ライヴで帰ってきて、翌日IMOというスケジュールはかなりこたえまして、
昨日から喉に違和感。若干ハナが出る。歳には勝てないぜ。

去年は夏風邪を40日間も引きずって、それで録音が大幅に遅れたのもあり、
物凄く注意して昨日は風呂であったまって、飲まずに寝た。

今日のIMOは、ウクレレを持ってきたり、会場のプロジェクターを使ったり、
ちょっと新機軸をやってみた。
まあ、坂本Q一はなんでもありだからな。
前にやった女性バンドの歌を聴いたままに勘違いして歌い出した時は
ハラハラした。ああいうのでウケちゃ、俺の立場がない。
しかしQ一の桑田圭祐のコピーはますますショボクなって、ダイナシ感が増してるなぁ。
最後の♪ラーラーラーラララでは、みんなが笑いながら手拍子始めたもんな。

まあ、お疲れさまでした俺。
ギターは弾いても風邪はひかないように、節制して回復に努めよう。
[PR]
by mqusumi | 2011-07-11 00:26 | こんなことがあった