<   2007年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

明後日、突然弾き語りライヴ

7月2日(月)吉祥寺のライヴハウスBlack&Blueで
弾き語りのライヴをやることになりました。
7時開場7時半開演 Cherge1500円
出演 渡辺 健一・亀井 昭典・久住 昌之
ボクは最後です。御暇な人、観に来て下さい。
弾き語りというのも、珍しいです。修業のつもりでがんばります。
場所などは
Black&Blue

今日は蒸し暑い。
午前中、井の頭公園の池の周りをジョギングしていたら、わき水のところで、
散歩中の犬が水を飲んでいて、飲みながらどんどん水に入ってしまって
下半身水に浸かりながら、水を飲んでいた。
犬も暑いんだな。
でも、この状態って、酒のプールに入って、飲みながら泳ぐようなものか。
豪快だ。
a0099059_13551047.jpg

久しぶりにクルセイダーズの「SCRACH」を聴いている。
のちに「お洒落なフュージョン」のカテゴリーに取り入れられていく(自分たちでも
そっちにどんどん進んでった。俺たちは当時、そういうのを「黒人ミュージシャンの間違った向上心」と呼んでいた。ファッションがまずヘンチクリンに派手になる。ジョージ・ベンソン、アース・ウインド・アンド・ファイアーなども)以前の、泥臭くてでファンキーなライヴ。
19歳頃、聴きまくってLPがすり減った一枚。
今聴いてもすごくイイ。音がちょっとひずんでいて、粒立ちがあり、生々しい。
録音における会場の雰囲気のよさでは「ダニー・ハザウェイ・ライヴ!」に次ぐ一枚。
トロンボーンのウエイン・ヘンダーソンの、ちょっと照れたメンバー紹介もタマラン。
ジャケットも斬新。
[PR]
by mqusumi | 2007-06-30 14:01 | Liveの予定

ステーキと、BirthdayLIVE

a0099059_2049484.jpg

肉を食べる必要性を感じて、お昼にステーキを食べた。
近年、あんまり肉を食べたいと感じなくなってたので、
すっごくおいしかった。
肉は、なんというか、みっしりと栄養・滋養・エネルギーが詰まってる
感じがする。噛みしめる充実感がうれしい。
ただ、ライスかパン、どちらにしますかと言われ、
今日は珍しくパンにしたのだが、
マグカップに、味噌汁が入って出てきたのには閉口した。
焼きたてのパンと、ワカメと味噌汁をいただく容器ではない。
別にいいんだけど。
食後のフルーツというのも、なにやらオサレな感じざました。

さて7月30日からの個展、一ヶ月前なので、ひとつ気合いを入れようと
国立新美術館にモネ展を見に行ってきた。
好きな絵の原画がたくさん見れてよかった。原画はいい。
色が発光して見える。
よかったですね。本当に、天性の目、天性の筆遣い、色彩の神様だった。
雪の風景がかっこいい。空や影がとんでもなく美しい。
すごく刺激は受けたけど、15年前より心躍ることはなかった。
でも行ってよかった。

7月15日(日)渋谷 チェルシーホテルの
ボクのバースデイライヴ(恥ずかしい)の全メンバーがやっと決定。

Q’s VSOPバンド

俺(ギター・歌・ウクレレ)
石井多香志(ギター)
AKIRA(ベース)
須藤かよ(ピアノ・コーラス)
Shake(シンセ・コーラス)
高橋結子(パーカッション)
中原由貴(ドラムス・コーラス)
フクムラサトシ(サックス)

ボクの回りで最強の8人バンドっすね。
全員今までになんらかの形で一緒にやってきたけど、
この組み合わせはまったく初めて。
女性が3人もいる。
でもドラムとパーカッションの二人はスンゴクいいです。
(ここだけタマコウォルズのドラムパーカスコンビそのまま)
ピアノも前からお願いしたかった人。歌もイイ。
ギターは日本で最高に好きなギタリストであり、古くからの飲み友達。
サックスも泣けるほど歌うプレイヤー。
今回のメンバー全員に言えることは「プレイに歌心がある」ですね。本当に。
わがBlueHipからはシャケがシンセで参加。
BlueHip初代ベーシストのAKIRAとやるのも楽しみだ。自分のリーダーバンド、
QUIL他で力付けてるからなあ。
ボク自身今からちょっと興奮してます。

久しぶりに、サカモトQ一にもオファー取り中。

もったいない前座は、たぬきブラザース(77EastWest優勝バンド)。
[PR]
by mqusumi | 2007-06-29 20:53

ウクレレスライダース初ライヴ

下北沢leteにて。
どうなるかと思ったけど、ウクレレ2本で、結構ノリノリだった。
ロックンロールだったし、マンボだったし、ブルースだった。
やらなかったのはハワイアンだけか。
百戦錬磨の藤井康一クンに合わせて行くようなつもりだったけど、
始ってしまえば音楽だ、ガンガンミラクルが起こって面白い。
気がついたら汗ビッショリでしたね。
ProjectorQのスライドも、この3回で徐々に形を整えていて、
いろいろマイナーチェンジをしながら新作を入れてる。
初めていらっしゃったお客さんがすごく多かった。
ウクレレ2本でやる「自由の筈」もなかなか味わいがあったような。
「サニーサイド・オブ・ザ・ストリート」で締め。キュンと来るイイ曲。
アンコールでもう一度「落ち武者」をやる羽目になった。とにかくウケた。
アンコール2曲目は「バラバラ」。大盛り上がり。エルビスも飛び出す。
売るCDを持っていくのを忘れたこと、大後悔。
欲しいという人がたくさんいたのに。
ウクレレ、侮れず。
[PR]
by mqusumi | 2007-06-28 00:33

昨日そして明日。

a0099059_16515577.jpg

わかっていても、頭が「ぢるそば」と読んじゃう。

昨日は高円寺の古本酒場で「新・中学生日記7」の発売記念会。
今回もProjectorQシリーズにしてしまう。
なんとか、形が見えてきた。タイトルが入るとぐっとわかりやすい。
「さんぽ写真」「今日のオジハル」「像deSHOW」という3本柱ができた。
動画もできるから、そのうち動画の面白いコーナーも作りたい。
「発掘写真館」もできるか。
とにかく面白いですよ。ライヴと合わせて楽しんでもらいたい。
昨日のコクテイルは食べ物がおいしかったなあ!
「秋田風煮込み」とスペインの冷たいスープ、なんたっけ?あれ。
どぶろくもおいしかった。つまり終わった後の店での飲み会がよかった。

さて、明日は下北沢のleteで藤井康一君とProjectorQシリーズ、
「ウクレレスライダース」。二人でウクレレだけでライヴ。
ウクレレだけのライヴは初めてじゃないかな。楽しみ。
どうなるか全然わからないけど、「像deSHOW」に新作2本他加える。
7時open 8時start |\2000-

ひとりでも多くの人が来てくれますことを。
[PR]
by mqusumi | 2007-06-25 16:52

Q&W大盛況!

昨日のライヴは立ち見が出る大盛況で、やってても楽しかった。
もちろんぼくらを全然知らない人もいたけど、
プロジェクターQの時点からみんな大笑いで迎えてくれた。
(オジハルの最新の工夫には、さすがのWAKAも突っ込めないほど、どうかしてる)

ライヴに入って、さらに盛り上がりましたね。
なにしろWAKAとやるのは5年ぶり。
でも、だてに20年一緒にやってないな、とは思った。
「テツコの部屋」も「エグゼクティヴ・パラダイス」も、バカ受け。
「電気、消せ!」「大食堂」も大ウケ。
WAKAとやる「トンマの墓」もイカレテタような気がする。

料理が安くてとてもおいしい店なので、それもよかった。
観客席にはずっとおいしい料理やお酒が出続けて、
酔いも回ってみんな大変いい感じ。 こういうのはライヴハウスではありえない。
だって歌ってる目の前の人が箸でお茶腕の白いご飯食べてるんだもの。

照明が蝋燭だけ、というのも酔いを進めたか。
最後は店の人が歌詞カードをくばってくれて、
「自由の筈」をみんなで大合唱になっちゃって、こんなの初めて。
アンコールの「シブイ店見つけた」も、大合唱の大手拍子。

終わって、食べた料理のうまかったこと。
島寿司なんてのまであって、これが絶品。
「空芯菜の塩炒め」なんていうシンプルな料理がものすごくオイシイ!
武蔵関JeansKitchen、恐るべし。
さすが、杉浦日向子さんも御贔屓にしていた店だ。
ボクは杉浦さんに呼ばれたのかもしれない。
ビールも焼酎もぐいぐい進んじゃって、久しぶりに
吉祥寺の戻ってくるあたりから記憶が無い。

今朝は9時に起きたらまだ酒が残っていて、もう一度寝て、11時に起きて
近所でおいしいパンのトーストサンドイッチと、豆のスープを飲んで、
仕事場に来て、それから2キロのジョギングをして、今に至る。
そして明日は、高円寺古本酒場コクテイルで、弟と
QBB「新・中学生日記7」発売記念トーク&ミニ弾き語りライヴ。6時から。

1日置いて26日(火)は、下北沢で藤井康一君とウクレレスライダーズ。
[PR]
by mqusumi | 2007-06-23 15:51

「笛社会」

昨日、栗原正巳さんにいただいた、栗コーダーカルテットの新譜、
「笛社会」(ジェネオンミュージック)、
もう何度と聴いているけど、全曲素晴らしい!
しかも今回は全曲オリジナル。
ここ数年お付き合いさせてもらっているせいか、
どの曲もすぐに「川口さんの曲に違いない!」とか
「これは近藤さんだな」「関島さん」「栗原さんでしょう」と
わかる。
いろんなリコーダーと、生ギターと、ボーランとチューバと・・・
なんてカワイイ、なんてタノシイ、なんと愛らしい曲たちだろう。
誰もが心の奥に持っている音楽への懐かしさに満ちた楽曲ばかり。

別々のキビシイ現場で、不断の努力と、旅と、音楽で真剣に遊ぶことを、
ずっと続けてきた4人が、お互いへの信頼と、音楽に対する誠実さを
もって力を合わせて作った、優しい音楽だ。

「昔なになにをしてた」とかそういうのが全然感じられない、
澄んだ、新鮮な、郷愁。
未来を向いて、先人の音を継承して、イイ音楽を演奏していこう、
という、4人の朗らかな決意を感じた。

「笛社会」は、間違いなく、戦争や憎み合いのない、平和な社会だ。
金儲けや、損得勘定や、名声欲と、無縁の社会だ。
多くの人に、この愛らしい音楽を聴いて欲しいと思う。
ボクはとても癒され、励まされ、自分も頑張ろうと思いました。

こういう人達と、音楽でかかわれて、ボクはシャーワセです。

a0099059_042421.jpg

[PR]
by mqusumi | 2007-06-21 00:42

CMの声。

某社の15秒CMの歌と台詞とナレーションをやりました。

ボクのことを知っている人なら、絶対わかります。
歌い方、声、ふざけた(笑った)感じ、モロ俺です。
みんな笑いそうだな〜。
こんなんでいいのだろうか。

スタジオでは、まず主旋律を歌入れ、オッケーテイクが出たら
下のハモを入れる。
それを歌詞違いで3パターン。
次にクレイアニメの声。
これも2パターン。
それからナレーション。2パターンX2。

スタジオは最近のボクのバンドの録音のように、
笑いの絶えない、しかも笑いの中から思わぬアイデアが出る現場だったけど、
さすがにクライアントの人達が、出来たのを確認に来たときは、
恥ずかしいというか、ドキドキした。できればそこにいたくなかった。
クライアントの人達は、画面を見ながら、笑わずにジーッと聴いて、
少しして、

「ハイ、勢いがあって、楽しくて、いいんじゃないですか」

と言った。
その短い時間の息が詰まる感じ。
苦しかったす。
前に声をやった人のが、クライアントからダメが出たらしく、
なぜか、ボクに白羽の矢が立ったらしいので、ホッとしました。
でもすでに絵も(クレイアニメ)音楽もすべて出来ていて、
ボクだけの録音だったので、全てがボクにかかってるみたいで 、
ふざけちゃいたけど、どこかは緊張してたようで、
終わったら結構消耗してましたね。

7月の上旬からオンエアされるようです。
何のCMかは言っちゃいけないので、始ったら書きます。

というか、ここ読んでる人で気がついた人、カキコミしてください。

帰りに渋谷上空を6機のヘリが旋回し続けていて
何があったのだろうと思ったら、松濤のシエスパが爆発したらしい。
(しかも後で、知り合いがすぐ隣のビルにいたこと、
さらに知り合いの妹がそのシエスパで働いていることを知った。
二人とも無事で何よりだったが、驚きました)
[PR]
by mqusumi | 2007-06-19 00:43

7月の予定(重要)

もう一ヶ月切ったので、日記でお知らせ。
7月15日(日)はボクの誕生日で(49!)、たまたま偶然、
その日にライヴをやってくれ、という話になったので、
照れ臭いですが、Birthday Liveなるものをやります。

7月15日(日)(しかも翌日休日)
夜6時半開場 7時開演
渋谷 チェルシーホテル(ホテルじゃないです、そういうライヴハウス)
料金 前売り2000円 当日2500円

出演 たぬきブラザース(クスミの大学の先輩バンドで、EASTWEST77優勝バンド)
久住昌之's V.S.O.P.(Very Special Onetime Performance)

一度やってみたかったVSOP。 (ハンコックの懐かしい)
メンバーは
俺(Vo,G)、石井多香志(G)、須藤かよ(KB&Cho)、AKIRA(B)、
中原由貴(Ds&Cho)、フクムラサトシ(Sax)
もうひとりぐらい加わるかもしれません。

いろんな機会に一緒にやらせていただいてきた、
いずれも個性あふれた素晴らしい才能のミュージシャンです。
でもメンバー同士、ほとんど初顔合わせに近く、今から物凄く楽しみ。
今までにBlueHipやModernHipでやってことある歌も、
このバンドのために作った曲も、スタンダード的な曲もやる予定。
絶体オススメです。
予約方法など詳細は追ってここでお知らせします。
前座を務めていただくたぬきブラザーズもおもしろくてカッコイイバンドですよ。


もうひとつは
7月30日から8月11日まで、切り絵中心のボクの個展をやります。

「久住昌之切り絵展 『人切りQ』」
Art Complex Center (新宿御苑)

新しくできたギャラリーです。わりと大きな部屋なので、すでに
準備に入っています。ボクの切り絵のここまでの集大成的な
個展になると想います。切り絵から作った弟の手拭いや
Tシャツなども販売予定。



この二つのイヴェントは、なにか人生の小さな節目と思って
力を入れますので、皆さん今から、手帳やケータイやパソコンに
メモしておいて、ぜひ来て下さいね!

↑日記じゃ、ねえ!

写真は過日知り合いのaikoさんが偶然撮った、ボクの乗っている気球。


a0099059_2116489.jpg

[PR]
by mqusumi | 2007-06-18 21:16 | Liveの予定

初夏のビール。

こないだ、晴れた暑い日の真っ昼間、
キリンシティで、ひとりで生ビール飲んだ。
原稿を渡して、CD屋と本屋に行って、イイの買って、
何となく気持ちに余裕ができて、入っちゃった。

結構混んでて、カウンターには一人客が何人もいた。
若い女のひとり客も、この店はよくいる。
そういう雰囲気なんだな。
従業員も若いし、明るくてあまり酔っ払いの感じもしないし。
で、ブラウンマイスターを注文して、
買ってきた本を開く。
なんか、ウレシイのね、こういう時。

ここはビール注ぐのに時間がかかるから、こちらもそう構える。
たばこ吸いだったら、まず一服なんだろうな。
a0099059_122318.jpg

で、ビールが、コップに細かい滴をつけて、出てくる。
昼間、ひとりで飲むビールは、香りがいい。
そして泡を唇に感じながら一口、ぐっと。
うまい。
旨い、と書きたくなる、きめの細かいおいしさ。
ビールの味を感じる、ブラウンマイスター。
ほどよい冷たさが実に飲みやすい。
ビールも、温度ですね。それと適度な炭酸抜き。
おいしい。
アテは、フルーツトマト。
味が濃くておいしい。
サッパリしたドレッシングと、粒コショウがかかっている。
これを一切れ、サックリと食べて、ビールをゴクリと飲む。
喉が潤う。
潤いながら、もっと潤いたくなる。
そこが水と大きく違う。
ぐっと飲む。
ウマイ。
今度はカタカナで書きたくなるおいしさ。

外を見る。
まだ明るい。
というより、まぶしい。
人々がどこか目的に向かって歩いている。
荷物を持って、歩いている。
いちゃいちゃ、べたべた、歩いている。
立ち止まってケータイをかけている。そして歩き出す。
この暑さで、背広を着て、急ぎ足のサラリーマン。
買い物袋の重そうな主婦。

ボクは座って、通りに面した2階の、
大きなガラス窓から、そういう初夏の雑踏を見おろしている。
まだまだ、酒を飲む時間ではない。
アスファルトの道路が青く照り返して、いかにも暑そうだ。
その光景がまたビールをおいしくする。

ぐーっと飲む。
最初より喉が開いているような気がする。
ビールが、喉の奥へと、素直に流れ落ちていく。
喉から、お腹までおいしいような気がする。
ほんの少し、酔ってきたのがわかる。
でもまだまだ日は高い。
それがうれしい。
トマトもおいしい。

まだ少し、グラスにビールは残っているが、
ボクはお替わりのビールを注文する。
今度はキリンラガー。
これはこれでまた、すごくおいしい。
なにか小さな料理を頼もうかどうしようか、
ボクはさっきから迷っている。

そういうものに、わたしはなりたい。
[PR]
by mqusumi | 2007-06-18 01:23

週末からライヴ3連発。

前のページになっちゃったので
もう一度告知。「一雨降りそうだぜ・・・。」
a0099059_0523822.jpg



6月22日(金)武蔵関Jeans Kitchin
『プロジェクターQ Q&W復活ライヴ』
20:00start No Charge

 5年前から活動中止していたボクとモダンヒップのwakaの
 アコースティックデュオQ&W(クエスチョン&ワカンナイ)が
 ブルーヒップのPer荊尾浩司 KeySHAKE を従えて復活ライヴ。
 このイベントはは「100万人のキャンドルナイト」の一環なので
 店内の照明をスポット除いてすべて消し、無数のロウソクの明かりだけ
 で営業します。そんな中でのファンタスティックな無料イベントだ。
 あ、飲食代はよろしく。スゴク料理のおいしい店です。
 プロジェクターQシリーズなので、面白映像も持っていきます。
 爆笑必至、しかもまたとない夜になるでしょう。
 場所は西武新宿線武蔵関から徒歩2分。
JEANS KITCHEN


6月24日(日) 高円寺 古本酒場コクテイル
『QBB「新中学生日記7」発売記念トーク&ミニライヴ』
夕方6時スタート チャージ 1.500円+1drink
出演 QBB(俺と弟)

 ついに7巻。ますます乗ってきた「新・中学生日記」先行発売。
 もちろんサインなんかじゃんじゃんします。
 マンガの裏話や、オヤジの話なんかもばしばし話して、
 なんか面白い歌を歌います。手拭いの販売も予定。お宝も出るか。
古本酒場コクテイル
 予約 03-3310-8130 


6月26日(火) 下北沢lete
『プロジェクターQ / 新ユニット・ウクレレスライダース登場!』

7時半開場 8時半開演 チャージ2000円+1drink

 旧友・ウシャコダのボーカル藤井康一との新ユニット初のライヴ。
 身長差30センチ位の凸凹ユニット(当然俺凹)初のライヴ。
 二人ともウクレレのみ、ウクレレのユニット。
 ボクのオリジナルもやれば、藤井康一の「サニーサイド・オブ・
 ザ・ストリート」や「月光値千金」(どちらもボクも大好きな名曲!)
 をやったりと、新しい境地でこれから活動していきます。
leteの場所など
予約 03-3795-0275

※コクテイル、Leteともに、小さな店ですので、予約しておくことを
 おすすめします。
 それでは皆さん、お店でお会いしましょう!来てね!
[PR]
by mqusumi | 2007-06-17 00:00 | Liveの予定