<   2007年 11月 ( 38 )   > この月の画像一覧

久住昌之&BlueHipライヴ終了

JIROKICHIで、ボクのバンBlueHipの今年最後のライヴ。
先週はお寺の本堂でライヴだった。CDで約半分歌ってるGOCCIは今週は出ないので、基本的にボク一人のボーカルで、コーラスにゲストのアイゲッチが4曲参加してくれた。
やった曲は

1.引越大正解
2.自由の筈
3.ショベルカー・ブルース
4.中魔神
5.やっぱりジャズが好き!
6.脈絡無く行こう
7.We Love You ,OK〜里芋が多過ぎる
8.All Day Soccer
9.BLUES
10.骨
アンコール GAIJIN

1.2.Enはアルバム去年出した『自由の筈』からで、あとはその後に作った新曲。

「ショベルカー・ブルース」は、最近はどんな形態のバンドでも、やってる曲で
ブルース好きのボクにとって、初めて誰も歌ってないテーマでブルースができて
楽しんで演奏できる曲。誰にでも必ずウケる。

「中魔神」は、先月Q&Wで初めてやったが、今回はバンドで。
もちろん「大魔神」から取ってるわけだが、バンドで大袈裟におどろおどろしく、
神々しく(笑)やったら、そうとうウケていた。

5.は、「それは反則だ(笑)」というジャズ「ッぽい」歌で、
ボクだからできるというか、もともとの声と、「自分にできないこと」を
武器にして、「ジャズ」をやってみた歌。かなり笑いをとっていましたね。

6,7,8はかなりアッパーなロックンロールで、声も気合いがいるけど、
さすがに手拍子も笑いも大きかった。イカレテル。
ゲストのアイゲッチのコーラスも、GOCCIとはまた違う押しがあって助けられた。
9は思いきり静かに、とろけるブルースをやった。ソプラノサックス最高。

「骨」は、あがた森魚さんの新譜『タルホロジー』にも入ってる、
ボクが詞で、鈴木慶一さんが作曲の歌。初演ははちみつぱいによって85年。
あがたさん、慶一さんのバージョンがある。
ボクはボクのスタイルで最近よくやってる。
後半はアドリブで盛り上がる、長い曲で、曲はなかなかスリリングでよかった。
アンコールは、静かに締めた。

今回は、初めてウッドベースの多田和弘さんが入ったが、これがすごく良かった。
ウッドベースでロックンロールをやったのは、初めてだけど、
ボクの曲には案外合っているかもしれない。
というか、ウッドベースと、テナー&ソプラノサックスの、フクムラサトシさんの
二人の絡みというか、バンドカラーの出し型が、とにかく素晴らしい。
ギター1,キーボード1,サックス、ウッドベース、パーカッション、ドラム
というこの6人スタイルで、来年は行ってみようかと思っている。

Jirokichiを満員にしてくれたお客さん、一部のチェルノ&ブイリの皆さんに、
この場を借りて感謝。いや〜楽しかった。
12月はライヴはお休み、そのかわり録音をコツコツやる予定。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-24 17:59

総合格闘技の選手名発見。

a0099059_1561553.jpg

上は、近所の自動車販売店の看板なんだが、ここを通るたびに、
「エリオ・エスクード」と「ランディ・クルーズ」という
総合格闘技の選手が思い浮かんでしまう。

エリオ・エスクードは、ブラジル系の柔術上がりの選手で関節技が得意。

ランディ・クルーズは、マッチョなアメリカの白人選手でパンチが強い。

いずれも無配の強豪。これが大みそかについに激突!

          特別試合
「エリオ・エスクード VS ランディ・クルーズ」

ドキドキするなあ、いもしない選手なのに、こう書くと。

でも間の「スイフト・ソリオ」というのがどうも思い浮かばない。
と思ったが、今日は「スイフト」というロシア系の初来日な選手と
「ソリオ」というリングネームの新人(本名・海老原反夫)の対戦が
思い浮かんだ。軽量級のね。前座っぽい扱いの試合。

     第1試合
「スイフト VS ソリオ」

ソリオは、シュート・ボクシングあがり。見るからに弱そうだが、
ねちっこいサンボ技をくりだす老獪なスイフトに、思わぬ善戦、
大量の鼻血を出しながらも、引き分けに持ち込み、株を上げる。
ちなみに、スイフトは性格暗そうで、ハゲ。

バカな妄想でした。


はい、現実には、いよいよ明日です、ボクのバンドのライヴ。
皆さん来てネ。忙しい年末なのはわかっておりますが、
今回も本当に面白いですよ、メンバーがすごくいいし、新曲もイイよ。
GOCCIもいなくて、でもその分、思い切っていきますので。
昨日も原稿を書いている最中にスタジオに
中抜けして近所のスタジオに行き個人リハしたぜ。
絶対、大笑いの上、来てよかったって思わせますから。

11月24日(土)
高円寺JIROKICHI
http://www.jirokichi.net/
6時半会場 7時半開演
料金2500円+1drink

出演 1.チェルノ&ブイリ

   2.久住昌之&BlueHip
    久住昌之vo,g シャケkey栗木健perc 荊尾浩司dr
    (guest)フクムラサトシsax,多田和弘w.bass,アイゲッチcho.

ボクらの出演は9時少し前でしょうか。
待ってまーす!
[PR]
by mqusumi | 2007-11-23 15:29 | Liveの予定

総合格闘技の選手名発見。

a0099059_1561553.jpg

上は、近所の自動車販売店の看板なんだが、ここを通るたびに、
「エリオ・エスクード」と「ランディ・クルーズ」という
総合格闘技の選手が思い浮かんでしまう。

エリオ・エスクードは、ブラジル系の柔術上がりの選手で関節技が得意。

ランディ・クルーズは、マッチョなアメリカの白人選手でパンチが強い。

いずれも無配の強豪。これが大みそかについに激突!

          特別試合
「エリオ・エスクード VS ランディ・クルーズ」

ドキドキするなあ、いもしない選手なのに、こう書くと。

でも間の「スイフト・ソリオ」というのがどうも思い浮かばない。
と思ったが、今日は「スイフト」というロシア系の初来日な選手と
「ソリオ」というリングネームの新人(本名・海老原反夫)の対戦が
思い浮かんだ。軽量級のね。前座っぽい扱いの試合。

     第1試合
「スイフト VS ソリオ」

ソリオは、シュート・ボクシングあがり。見るからに弱そうだが、
ねちっこいサンボ技をくりだす老獪なスイフトに、思わぬ善戦、
大量の鼻血を出しながらも、引き分けに持ち込み、株を上げる。
ちなみに、スイフトは性格暗そうで、ハゲ。

バカな妄想でした。


はい、現実には、いよいよ明日です、ボクのバンドのライヴ。
皆さん来てネ。忙しい年末なのはわかっておりますが、
今回も本当に面白いですよ、メンバーがすごくいいし、新曲もイイよ。
GOCCIもいなくて、でもその分、思い切っていきますので。
昨日も原稿を書いている最中にスタジオに
中抜けして近所のスタジオに行き個人リハしたぜ。
絶対、大笑いの上、来てよかったって思わせますから。

11月24日(土)
高円寺JIROKICHI
http://www.jirokichi.net/
6時半会場 7時半開演
料金2500円+1drink

出演 1.チェルノ&ブイリ

   2.久住昌之&BlueHip
    久住昌之vo,g シャケkey栗木健perc 荊尾浩司dr
    (guest)フクムラサトシsax,多田和弘w.bass,アイゲッチcho.

ボクらの出演は9時少し前でしょうか。
待ってまーす!
[PR]
by mqusumi | 2007-11-23 15:14 | Liveの予定

総合格闘技の選手名発見。

a0099059_1561553.jpg

上は、近所の自動車販売店の看板なんだが、ここを通るたびに、
「エリオ・エスクード」と「ランディ・クルーズ」という
総合格闘技の選手が思い浮かんでしまう。

エリオ・エスクードは、ブラジル系の柔術上がりの選手で関節技が得意。

ランディ・クルーズは、マッチョなアメリカの白人選手でパンチが強い。

いずれも無配の強豪。これが大みそかについに激突!

          特別試合
「エリオ・エスクード VS ランディ・クルーズ」

ドキドキするなあ、いもしない選手なのに、こう書くと。

でも間の「スイフト・ソリオ」というのがどうも思い浮かばない。
と思ったが、今日は「スイフト」というロシア系の初来日な選手と
「ソリオ」というリングネームの新人(本名・海老原反夫)の対戦が
思い浮かんだ。軽量級のね。前座っぽい扱いの試合。

     第1試合
「スイフト VS ソリオ」

ソリオは、シュート・ボクシングあがり。見るからに弱そうだが、
ねちっこいサンボ技をくりだす老獪なスイフトに、思わぬ善戦、
大量の鼻血を出しながらも、引き分けに持ち込み、株を上げる。
ちなみに、スイフトは性格暗そうで、ハゲ。

バカな妄想でした。


はい、現実には、いよいよ明日です、ボクのバンドのライヴ。
皆さん来てネ。忙しい年末なのはわかっておりますが、
今回も本当に面白いですよ、メンバーがすごくいいし、新曲もイイよ。
GOCCIもいなくて、でもその分、思い切っていきますので。
昨日も原稿を書いている最中にスタジオに
中抜けして近所のスタジオに行き個人リハしたぜ。
絶対、大笑いの上、来てよかったって思わせますから。

11月24日(土)
高円寺JIROKICHI
http://www.jirokichi.net/
6時半会場 7時半開演
料金2500円+1drink

出演 1.チェルノ&ブイリ

   2.久住昌之&BlueHip
    久住昌之vo,g シャケkey栗木健perc 荊尾浩司dr
    (guest)フクムラサトシsax,多田和弘w.bass,アイゲッチcho.

ボクらの出演は9時少し前でしょうか。
待ってまーす!
[PR]
by mqusumi | 2007-11-23 15:10 | Liveの予定

総合格闘技の選手名発見。

a0099059_1561553.jpg

上は、近所の自動車販売店の看板なんだが、ここを通るたびに、
「エリオ・エスクード」と「ランディ・クルーズ」という
総合格闘技の選手が思い浮かんでしまう。

エリオ・エスクードは、ブラジル系の柔術上がりの選手で関節技が得意。

ランディ・クルーズは、マッチョなアメリカの白人選手でパンチが強い。

いずれも無配の強豪。これが大みそかについに激突!

          特別試合
「エリオ・エスクード VS ランディ・クルーズ」

ドキドキするなあ、いもしない選手なのに、こう書くと。

でも間の「スイフト・ソリオ」というのがどうも思い浮かばない。
と思ったが、今日は「スイフト」というロシア系の初来日な選手と
「ソリオ」というリングネームの新人(本名・海老原反夫)の対戦が
思い浮かんだ。軽量級のね。前座っぽい扱いの試合。

     第1試合
「スイフト VS ソリオ」

ソリオは、シュート・ボクシングあがり。見るからに弱そうだが、
ねちっこいサンボ技をくりだす老獪なスイフトに、思わぬ善戦、
大量の鼻血を出しながらも、引き分けに持ち込み、株を上げる。
ちなみに、スイフトは性格暗そうで、ハゲ。

バカな妄想でした。


はい、現実には、いよいよ明日です、ボクのバンドのライヴ。
皆さん来てネ。忙しい年末なのはわかっておりますが、
今回も本当に面白いですよ、メンバーがすごくいいし、新曲もイイよ。
GOCCIもいなくて、でもその分、思い切っていきますので。
昨日も原稿を書いている最中にスタジオに
中抜けして近所のスタジオに行き個人リハしたぜ。
絶対、大笑いの上、来てよかったって思わせますから。

11月24日(土)
高円寺JIROKICHI
http://www.jirokichi.net/
6時半会場 7時半開演
料金2500円+1drink

出演 1.チェルノ&ブイリ

   2.久住昌之&BlueHip
    久住昌之vo,g シャケkey栗木健perc 荊尾浩司dr
    (guest)フクムラサトシsax,多田和弘w.bass,アイゲッチcho.

ボクらの出演は9時少し前でしょうか。
待ってまーす!
[PR]
by mqusumi | 2007-11-23 15:09 | Liveの予定

土曜日、今年最後のライヴ!

しつこいやうですが、今週の土曜日、ライヴです!
先週お寺に来てくださった方、全然違うライヴです。
GOCCIはいませんが、ロック魂でがんばります。
何曲か同じ曲もやります。でも弾くのは全部エレキ。
ややアッパー系な曲も多いので、根性入れてがんばります。
もちろん馬鹿な曲多いです。Q&Wで生ギターでやった、
「We Love You,OK〜里芋が多過ぎる」、
カッコイイR&Rになりました。ゴッキゲンです。

11月24日(土)
高円寺JIROKICHI
http://www.jirokichi.net/
6時半会場 7時半開演
料金2500円+1drink

出演 チェルノ&ブイリ
   水島康宏vo,g 前田淳一dr 蔵本信也g カンサスb
   シャケkey 上坂宏哉pf 佐藤真樹子cho 町田由美cho

   久住昌之&BlueHip
   久住昌之vo,g シャケkey栗木健perc 荊尾浩司dr
   (guest)フクムラサトシsax,多田和弘w.bass,アイゲッチcho.

ガッツで弾けますので、どうぞ皆さん、来てください!まだまだ入れます。

写真は今朝街角で見つけた、昭和。さ、徹夜覚悟の仕事だ。
a0099059_1648373.jpg

[PR]
by mqusumi | 2007-11-21 16:48 | Liveの予定

準禁煙席?

どういうことだろう?武蔵関の喫茶店にて。
a0099059_10285134.jpg

[PR]
by mqusumi | 2007-11-21 10:28

「中学生日記」DVDブックのブログ

ができています。制作の人が書いている。
今日見たら、ボクがずいぶん前に渡した原作、弟が描いて入稿したようだ。
http://blog.livedoor.jp/chugakuseinikki/
ボクらのマンガを見て、山下敦弘監督が作った実写映画を、
ボクらがもう一度そこからマンガを描き下ろすという、実験的な8P。
ほとんどのマンガが実写と絡んでいて、見てから読んでも、
読んでから見ても、必ず面白いと思う。

ボクが演奏と歌をやってるボーナスオリジナルソング「中学生日記」にも
映像が付いたらしい。まだ見てない。どんなものか、ワクワクドキドキ。

もう一本、たぶん来年アタマに発表される8Pマンガの取材に、
今日の昼間行ってきた。
これは、T口Jローさんとの、あのマンガの10年ぶりの特別篇。
まだ下書き段階のラフを見せてもらったが、もうすでにあのワールド。
ファンにはタマラナイと思う。ああ、そのこと書きたくてタマランですは。

5月には、泉昌之の「豪快さん」が、単行本化されていないのも含め
文庫化されます。来年は久しぶりに泉昌之の、泉昌之らしいマンガ、
描きたいと思っております。

来年はマンガ家とミュージシャン、どっちの比重が重くなるのかな。

土曜日の「JIROKICHI」のBlueHipライヴ、すっごくイイ感じですよ。
ぜひぜひ観に来てネ!ボクが歌いっぱなし。ウッドベースで、
ロックンロールします。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-21 00:36

顔に見える

ちょっとコワイ。
a0099059_12413758.jpg

[PR]
by mqusumi | 2007-11-20 12:41

08年の手帳

12月に入ったら、買わざるをえない。
(1月以降の予定が入ってくるから)
だけどなんだか今年がもう終わるみたいで、買うのが悔しい。
10月終わりに早くも書店に並びだし、「早ぇーよ!」といつも思う。
年々クリスマスのデコレーション早くなるし。

でも手帳のこと、気になる。
毎年すっごく迷う。いまだ「これ!」という手帳無く、
少しずつ妥協している。
今年はあるだろうか。
でもまだ探したくない。まだ11月だ。でも気になる。
でもあのコーナーには近づかないんだ。

今年の手帳。
今年一年、すごく早かった、というのもまだ言いたくない。
が、早かった。
が、手帳は「早い」と思ってる以上にボロくなっている。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-20 00:15