<   2007年 11月 ( 38 )   > この月の画像一覧

仏縁に感謝〜!

光明寺のライヴイベント「誰そ彼」、終わりました。

本当に、あらゆる面で、面白かった。
秋深まる中、本堂は温かく、お客さんも温かかった。
ほとんどボクらのことを知らないお客さんも多かったと思う。
でも広い本堂がほぼ一杯。何人ぐらいいたんだろう。とにかくたくさん。
畳の上にライヴ用というブルーの絨毯が敷かれ、みんな思い思いに座って。

ボクらの前の2組は静かな感じだったので、
イケメンのお坊さん松本執事の美声の「法話」に続く、
BlueHipはとりわけ賑やかだった。
久しぶりのGOCCIがアルバムの中の曲を中心に歌い、すごくイイ感じ。
ドラムのかわりにカホンを使ったので、実質2パーカッションの感じ。
これが意外に力強く、武士守廣のベースがまたガッチリとして、いいリズム。
PAもやりやすく、イイ音だった。
GOCCIの新曲「京都・ド・シャブリ」もフレンチ関西でよかったし、
前日作った「お寺へGO!」は自然に手拍子まで沸く大ウケ、やってよかった。
(松本さん、スタッフの皆さんゴメンナサイ、罰当たりな歌で)

とにかく適度にデッド(音が響かない)空間だったので、独特の
響きになってたんじゃないでしょうかね。照明もほの暗くて、
バックのデッカいご本尊と我等を一体化していた(ほんとかよ)。
我等は、お客さんとお釈迦さまの間に立ち、彼岸と此岸の間で熱演したかの如し。

ダンサーのHardCafeの二人が、和風な衣裳で(写真。楽屋にて)、
天女のごとく現れて、でも足をガーンと上げて踊ってくれて、
お客さんの拍手も大きかった。
a0099059_18514540.jpg

そう、途中のMCで、ついそのお釈迦様を指さして
「俺たちの7人目のメンバーです!」
なんて言っちゃって、ほんと、バチあたるな、俺。

セットチェンジの時は光る東京タワーが見えるテラスで
越の寒梅をコップ酒にちょいといただきながら、牛丼をつつくなんて、
もうお寺とは思えない美味を満喫。

楽屋は広い茶室で、メンバー全員すっかりくつろいで、
座布団だしてごろ寝。大人の修学旅行。

打ち上げはまた、別室で、お酒と牛スジ徒野菜の煮込みと、手打ち蕎麦。
それにもちろん美味しい酒とビール。

こういうライヴはなかなかできない。アンコールも心から嬉しかった。
「仏縁」という松本さんの言葉が、まっすぐに心に響いた夜だった。
感謝。合掌。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-18 18:52

昼は録音 夜はリハ GOCCI偶然新幹線

昼間、栗ちゃんが仕事場に来て、宅録。夜はリハ。

のハズが、デジタルレコーダーの使い方にわからないところがあり、
栗ちゃんがずーーーーーっと、機材とマニュアルとにらめっこして
ああだこうだやって、今ようやくわかりました。
前回使った機材と違う、少し古い型のものを使っているのであります。
a0099059_17192480.jpg

ボクも、機械は大の苦手で、わからないところがあって、
マニュアルを調べ始めると、あっという間に肩が凝リかたまってきて
呼吸困難になりそうになる。ので、すぐ人に聞くことにしてる。

本当にデジタル機器のマニュアルって、分かりづらい。
作ってるほうが専門職だから、使うほうがどこがどうわからないかが
わからなくなっちゃってるんですね。
これはパソコンのマニュアルの初期にも、ひどかった。人に教えて
もらったら、いとも簡単なことで、わかってから
「なんだ!それならそうともっと簡単に言ってよ!」
とマニュアルを破り捨てたくなることが何度あったか。
わかるんだよ、それは。
ネクタイの締め方を人に教えるのは、ムズカシイ。
お父さんに、サッカーのオフサイドを試合中に教えるくらいムズカシイ。
わかっちゃうと、自分がどこがわからなかったか、すぐ忘れる。
自転車の乗り方も、一度乗れちゃうと、なぜ乗れなかったか、
その自分の感覚が思い出せぬ。

とはいえ、教えるのがじつにウマイ人もいる。
武術や、芸能で、人に教えるというのも修業のひとつというが、
それもわかる。
人に教えられるということは、わからなかった自分とわかってる自分を
客観視できるということだ。そうして、そこの最短距離を語れる、
あるいは大言して見せてあげられるということだ。
教えることは、己を知る修業と言える。

ともあれ、録音関係は一安心。
(栗ちゃんが奮闘中、ボクはマンガの原作を描いていました)

今、GOCCIが新幹線で東京に向かっていますが、車内で、
偶然、栗コーダーカルテットの川口さんとと乗り合わせたらしい。
しかも、ものすごい偶然にも、隣の席!

明日のライヴ用に、今日、新曲を作ってしまったボクです。
タイトルは「お寺へGo!」であります。できるのか?
[PR]
by mqusumi | 2007-11-16 17:20

いよいよお寺ライヴ!

明後日土曜日、11月17日(土)、
日比谷線 神谷町駅前にある、光明寺というお寺のイベント、
『誰そ彼(たそがれ)』に、
久住昌之&BlueHipで出演します。

夕方5時から。チャージ1000円+1drink(安っ)

出演は 広島から 「ゴトウイズミ+アコーデオン」
アコースティックユニット「fishing with john」
そして我が「BlueHip」。
出番は最後です。
セットチェンジの時はDJがターンテーブル回します。

なんたって本堂ですからね。ご本尊の前ですからね。
2階にある本堂のテラスの眼下はお墓ですよ。「骨」やるつもり、この際。
京都からGOCCIもかけつけてアルバムの曲を久々に生歌生演。
GOCCIファン必見よ!

詳しくはこちらに↓
http://www.higan.net/blog/tasogare/

なんて、ボクらも楽しみ!明日夜は最後のリハ。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-16 00:04

ビルヂング

名古屋の駅前に「大名古屋ビルヂング」がある。
東京でもときどき「ビルヂング」を見て、子供の頃からその違和感というか
「へんな感じ」を笑ったものだ。
でもそれが、三菱地所の登録商標、というのは最近初めて知った。

あと、三菱鉛筆が、マークもまったく一緒ながら
自動車やなんかの、いわゆる「三菱グループ」と、まったく何も関係の無い、
文房具メーカーということも。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-15 13:25

ボクと同い年の鉛筆。

三菱鉛筆に取材に行った。
ここの定番商品に、uniがある。
この鉛筆が発売されたのは昭和33年だそうだ。
東京タワーとボクと同い年だ(マイケル・ジャクソンと原辰徳も)。
a0099059_155436100.jpg

小学校の時、この鉛筆は憧れたものだ。
緑色のトンボ鉛筆が一本20円とかだった時一本50円だった。
でも親に頼んで買ってもらった。もちろんHBのを1本。
書き心地を他の鉛筆と比べて、なめらかでちょっと感動した。
でもクラスで「お金持ち」の子はなんと、一ダースで買っていた。
ダースのケースには消しゴムが付いていて、それは高嶺の花だった。
一ダースで買った子は、そのケースで学校に持ってきていて、羨ましかったな。
その後、hi-uniという一本100円の鉛筆が出て度肝を抜かれた。
その金色の帯がまぶしかった。
中学生になって、自分の小遣いで買った。
でも、まあ確かに、滑らかだったけど、uniのような感動はなかった。

小学校の時は、トンボ鉛筆の他に、普通の緑色の三菱鉛筆も使った。
三角の顔がマークのコーリン鉛筆もあった。
父親がもらってきた、メーカーのない粗悪な鉛筆も多かった。これはときどき
芯に塊のようなのが入っていて、ざらっと紙に引っかかった。
断面が六角形でなくて、丸いのはあまり好きじゃなかったな。

絵を描くことが大好きだったから、こういう鉛筆で、父親が勤め先から
持ってくるわら半紙に、絵を描いていた。
わら半紙なんて、いまあるのかな?
今鉛筆の売り上げは、三菱鉛筆の場合、全体の約8%だという(ボールペンが一番で約50%)時代の流れだろう。
ボクも絵以外に鉛筆を使うことはまず無い。
絵も、圧倒的にシャープペンシルが多い。
でも、鉛筆には愛着があるな。

真新しい鉛筆の、塗料の匂い。
鉛筆の芯の匂い。
削りたての木の匂い。
削りたての木の肌の肌触り。
鉛筆の芯を舐めた味。
これは本に、「鉛筆をなめるクセがあった」という一節が出てきて、真似した。
ちょっと苦くて、舌にひんやりした。
癖にはならなかった。

鉛筆を噛む癖のあるヤツがいたな。
鉛筆のお尻がどれもガギガギしてる。
でも、ボクも確かに鉛筆を噛んだ記憶はある。

鉛筆で机をトントンと叩いた音。
教室の床に落とした音。

鉛筆の思い出は、小さいけれど、どれもボクの中にしっかりくい込んでいる。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-14 15:55

新メンバー

昨日は24日ジロキチのライヴのリハだった。
ベースが初めて一緒にやる多田さんで、ウッドベース。
ちょっと緊張して、どんな感じかな、と思っていたが、これがもう大正解。
エレクトリックなバンドでのウッドベースは新鮮かつ刺激的だった。
サックスのフクムラ君との絡みも柔らかく、今までに無いふくらみがある。時にクラシカルに響く。
さらにロックンロールっぽい曲が意外にもすごくよかったり。
あと、ウッドベースとテナーサックスで、完全なジャズ(笑)が
できるので「やっぱりジャズが好き」という歌もやるけど、それもかなり面白い。
新しい曲も全部すごくヨイのよ。あの「骨」も。
ぜひぜひ多くの人に見に来て欲しいです。
いや〜、一時は予定のベースが急にNGになり、青くなったが、その危機が
新しい展開を生んでくれた。勇気と元気をいただきました。バッチリだ。
なんか迷いが吹っ切れましたね。
今週のお寺ライヴと、来週のジロキチ、ものすごく楽しみ。
笑えて、ノレルよ、ホントだよ。ボク自身、ドキドキしてきた。最高よ!
[PR]
by mqusumi | 2007-11-14 09:58

富士山がきれいに見えた秋の朝

富士山が見えると、いいことがあるような気がする。
今日の朝なんて、思わず手を合わせたくなった。
特別な山だな。霊峰、と言う言葉がピッタリくる。
エネルギーもらう。
a0099059_1384775.jpg

エネルギーといえば、ニール・ヤングの新譜が、もう出た。
60過ぎて、年に2枚アルバム出すってスゴイ。
しかも、思ったよりパワフルで、最近の彼に無い試みや
一見ニールっぽくないポップなコード進行とかあって面白い。
今までの彼らしくない音がするギター弾いてたり。
前回のはいかにもナッシュビル録音、といった感じの丁寧なアコースティック
アルバムだったけど(「リビング・ウィズ・ウォー」じゃなくて「プレーリー・ウインド」のほう)、
今回のはラフだけど、力強い。でもリラックスしてる。演奏自体を楽しんでる感じ。
エレキギターをガンガン長く弾いてるのも、ボクには嬉しいな。

一曲目で、音のバランスがスゴイバラバラな感じがして、「なにこれ?」と
それもまたニールという感じがする。だんだん引き込まれてしまった。
過去30年のいろんな彼の曲の断片がいろんなところに聞こえる(ボク個人的に)。
でも全体を通して、どこもニール以外の何物でもない音楽。

こういう人がちゃんと人気ある現代はちょっと心強い。
日本人て、音楽の成績がいいような音楽をほめやすい(そんなの馬鹿でもできる)。
そのくせ、またそういう人のアラを探して「今度のダメだよね」とか。ブログ評論家。
お前、誰だよ?何ができるんだよ?評論がだーい好き。ダサダサ。
基本的にオリジナリティ、その人しかできないことに、重きを置く欧米のほうが
その点はまっとう、というか健康的と思う。国際的な学会とかでもそう聞く。
ボクは自分しかできないことをしないで、歳とっていくのは耐え難い。

まあ、とにかくハートの力をもらった。次のライヴ、絶対もっと面白くしよう、
頭で考えてるより、やり過ぎちゃおう、と思いましたね。

イイ音楽(その時の自分にとって)は、確実に元気をもらえる。不思議。
音楽はそういうもの。たぶん、マンガとかも。演劇とか、映画とか、本もそうか。
そんなの無くても生きていけるのに。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-13 13:11

午前2時、男女3人の会話。

仕事が終わって自転車で帰ろうとしたらあまりに寒い。
居酒屋でお湯割りでも一杯飲んで温まって帰ろう、のれんをくぐった。

2口ぐらい飲むと、足の方からなんとなく温かくなってくる。
仕事場はまだ暖房機を入れていないので、原稿を書いていて
気がつくと下半身が冷えている。

手帳を出してスケジュールを立てていると、後ろから若い女の声で

「アタシ、世界一性格悪いから」

と言う声が耳に飛び込んできた。
何となく見たら、後ろの4人掛けの席に、明らかにキャバ嬢という
20〜23歳ぐらいの女の子がいて、向かいに24〜27ぐらいの
明らかにその店の客の男二人が座っている。
キャバ嬢は、少し染めた長い髪で、前髪を目のギリギリまで下ろしていた。
男の子のひとりはサラリーぽく背広で、もうひとりは自由業か、髪は短いが茶髪でピアスをしていた。
3人とも結構酔っぱらっているようだ。

「そんなことないでしょ」
「ホントなの。この話になるとアタシ沈むから」
「なんだよ」
「なにをおっしゃる」
「アタシ性格わるいですよ。アタシほど性格悪い人いない」
「ど、どういうところが」
「・・・・」
「全然、なぁ」
「うん。具体的にどう悪いの?」
「・・・すぐに態度に出すし、単にイジワル」
「そう?」
{普通じゃないそのぐらい」
「っていうか、プライドが高すぎるんですよ。友達・・・女友達に対して」
「・・・・・」
「でも最近はキレそうになったら、深呼吸してる」
「ああ」
「えらいね」
「でも、超短気。考えるより先に嫌み言っちゃう」
「それは最近?もともと?」
「・・・特に大学に入って」
「へぇ」
「俺からすればそういう人羨ましいな」
「言った直後に自己嫌悪になるんです、でも言っちゃう」
「俺、溜め込んじゃうからなあ」
「俺も、職場でね、例えば・・・」

(背広の職場話が続いて、唐突に彼女は今付き合ってる人がいない、
という話になり、男達の興味津々が一気にそっちに)

「あのさ、誰かと付き合うとするじゃないすか。そうすると
前のやつと比較して、どうかなって思うじゃないすか」
「そうそう、そういうのはどうなの?前の人と」
「・・・そんなに経験豊富じゃないから、そういうふうには考えられない」
「・・・・」
「・・・・」
「・・・・」
「あのさ、前髪、上げてみてくれない?」
「・・・・」
「おでこ、見たことないじゃん」
「やだ、だからこの髪形してるんだよ」
「いいじゃん、ちょっと」
「誰にも言わないから」
「やだ」
「どうして」
「一回だけ」
「見せてよ。俺もやるは。ね」
「見せてよ〜」
「やです」
「いいじゃん、ぱっと」
「・・・帰る」

本当に席を立って彼女は店を出ていってしまった。
「・・・・・」
「・・・・・」
ピアス「俺、怒られたことある。何回か。おばあちゃんに」
「・・・・・」
「結構覚えてるもんだよなぁ」
背広がピアスに
「・・・・追って」
「え」
「追えよ」
今さらのそのそやがて小走りに店を出ていくピアス。

それから10分ぐらい、背広はひとりで飲んでいたが、
勘定を済ませて帰った。
それからまたしばらくしてピアスがひとり帰ってきて、店員に
「帰られましたよ」
と言われ、ピアスは苦笑いして店を出ていった。

俺も帰った。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-12 11:35

今週末お寺でBlueHip! 来週も!!

今度の土曜日、11月17日(土)
日比谷線 神谷町駅前にある、光明寺というお寺のイベント、
『誰そ彼(たそがれ)』に、
久住昌之&BlueHipで出演します。

夕方5時から。チャージ1000円+1drink(安っ)
出演は 広島から 「ゴトウイズミ+アコーデオン」
アコースティックユニット「fishing with john」
そして我が「BlueHip」京都からGOCCIも来ます。
詳しくはこちらに↓
http://www.higan.net/blog/tasogare/
a0099059_1727859.jpg

今日は昼間時間を作って、光明寺の会場下見に行ってきた(写真)。
神谷町の駅から1分。駅を出たところにあるスターバックスカフェの
向かいでした。ちょっと「ここでいいのかな?」という入り口だけど
入ってみると、奥にコンクリートの階段があり、鉄琴造りの本堂は
2階にあった。テラスがカフェになっている。東京タワーが見える。
案内してくれた住職の松本さんは若くてイケメン。役者のようだ。

本堂に入って驚く。広い。ご本尊が立派。この前でやるんかい。
恐れ多いぞい。なんていいつつ、ものすごく楽しみになってきた。
当日は椅子を片づけ、畳の上に赤いじゅうたんを敷いて、
お客さんは思い思いに座ったり寝転がって見ることになる。
もう11回目で、このイベント自体の独特の雰囲気を楽しみに来る人も
多いそうだ。100人近く入れる。

京都からGOCCIも久しぶりにやって来て、
BlueHipフルメンバーでの今年最後のライヴ。
ダンサーも2人ゲスト出演。「和」なダンスを披露してくれるとか。
ボクも頭を完全に剃って作務衣でも着て演奏しようかな。
とにかく、特別なライヴになりそうです。
予約無しでも広いから十分入れると思います。みんなで来てネ!

そして、今年最後のバンドライヴは、その翌週、24日(土)。
高円寺JIROKICHIにて、恒例の「チェルノ&ブイリ」とのジョイントライヴ。

11月24日(土)
高円寺JIROKICHI
http://www.jirokichi.net/
6時半会場 7時半開演
料金2500円+1drink

出演 チェルノ&ブイリ
   水島康宏vo,g 前田淳一dr 蔵本信也g カンサスb
   シャケkey 上坂宏哉pf 佐藤真樹子cho 町田由美cho

   久住昌之&BlueHip
   久住昌之vo,g シャケkey栗木健perc 荊尾浩司dr
   (guest)フクムラサトシsax,多田和弘w.bassアイゲッチcho.

今回は残念ながらGOCCIは不参加。でもその分ボクがガンガン行きます。
そしてベースは、初めて参加のウッドベース、多田さん。シブイ!
サックスは、名手フクムラさんが参加。いつもと違ったゴージャス感で、
これはまたイイ感じになりそうです。
また、ずっと前から一緒にやろうと話してた、コレまた素晴らしい
女性ヴォーカリスト・アイゲッチが、後半に参加決定。
もちろん新曲も用意してますよ。
というわけで、来年の新たな展開を予感させるような、
今年最後のバンドイベントになります。
みんな、来てネ!!!!!!
[PR]
by mqusumi | 2007-11-11 17:31 | Liveの予定

久住昌之を表す四字熟語。

馬鹿馬鹿しいとわかっていても、ついやってしまった。
結果↓コレ。

久住昌之を表す四字熟語は
http://usokomaker.com/yoji/?a=Maker&oo=%B5%D7%BD%BB%BE%BB%C7%B7
俺の高校の校歌もヘンだった。弁当もヘンだった。まずそう。

ちなみに「クスミ」でやったら

「計算美人」

だった。なんじゃそりゃ。

[PR]
by mqusumi | 2007-11-10 12:41