<   2007年 11月 ( 38 )   > この月の画像一覧

出た出たおっちょこちょい大馬鹿!

久しクなりをひそめていた、持病のおっちょこちょいが、爆発!
ああ、恥ずかしい。
そして弟に悪い。最悪のおっちょこちょい。
もう「枕声」だ!(枕に顔をうずめて「わー!!!!」と叫ぶ)
もうここに発表して自己の猛省を促す!
a0099059_11314878.jpg
a0099059_11324084.jpg

見て下さい、この、もう始まってる展覧会のハガキ!
絵の出てるほう!
下に日付が入ってるが!
月が!
11月はDecemberじゃねえ!

あーーーーーーーーーーーー!弟に校正何度も見てもらったのに、
あまりのバカすぎて、見落とされた。
さっき電話で知った。

恥ずかしくて、もう誰にも会いたくない。
弟にひたすら謝るばかり。
それより恥ずかしい。泣きたい。馬鹿ばかバカ低能すぎる。英語成績1。
ああ、うう、枕声。
今週の土曜日11月10日6時から、この場所で軽いパーチーやります、
その場に恥をさらして突っ立っております。
皆さん、嗤って下さい。笑って下さい。
ああ、自己嫌悪の嵐。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-09 11:33

DVDブックその他

DVD Book『中学生日記』、マンガもできた。
登場人物は全員映画の中の役のマンガ化。
山下監督の映画は、ボクらのマンガを実写にしたものだが、
今度はその実写からマンガを作った。こういうのは初めてで
苦しかったけど面白くできたと思う。
映画の中で描かれていない部分をマンガで描いたので、
両方見ると、「あー、ハハハ」となる仕掛けになっている。

画像は弟にFAXした表紙コンテ。これを見て、キャラクターを
もっとQBBっぽく変える。今はまだ似顔絵っぽい。
a0099059_18251397.jpg

今週土曜日、アートコンプレックスセンターの
「手拭いキュービービー展」中間パーティで、その一部を見せられると思う。

今日は昼は栗ちゃんと、先日スタジオで録った音源を
ハードディスクレコーダーに流し込む作業。機械は苦手だ。

あがたさんのところから、やっとボクがタルホの切り絵を
4回直したのを裏表紙にしたパンフレットが届く。いいのが癪。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-08 18:26

悪夢

連日忙しくて(というよりできなくて苦しんでる時間多い)、
あっという間に毎日が過ぎていく。
そんなせいか、今朝方も悪夢をたくさん見た。

眠っている部屋のガラスが破られ、数人の賊が入ってこようとしている。
割れたガラスから出た手しか見えない。武器を持っている。
体が動かない。

枕元のラジカセから、男の声が低く何かずっと話している。
ボクを殺そうとしているらしい。

何者かに追われている。自分は布団に入っているが、
布団に入っている間にも、追っ手はマンションに踏み入ってきて
エレベータを昇ってくる。逃げ道はない。

みな、布団の中でリアルタイムな夢。
ドキドキしながら起きる。

でも最終的に起きたときは、思ったよりサッパリしていた。
ボクは悪夢には、心の解毒作用があると前から思っている。
夢に、意味はないが、理由はあると思う。
自分の夢は、自分にしか見れない。だからわりと大切に思っている。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-08 00:52

手拭い展再び。頭にハンガー???

今、信濃町(四谷三丁目)の↓アートコンプレックスセンターで
弟久住卓也の手拭い展開催中。24日まで。
http://www.gallerycomplex.com/
ここのACT4を見て下さい。

10日(土)に「中間パーティ」をやります。
夕方6時から。ボクも行きます。

新作手拭いもあります。前に作ったのも刷り増しています。
DVDブック「中学生日記」発売決定記念でもあります。

ところで、その映画の中で初めて知ったんだけど、
頭に針金のハンガーをはめて、力を抜くと、顔が自然に左に回るんですか?
話したら「知ってる」という人と「知らない」と言う人がいる。
写真は『中学生日記』からそのシーン。
a0099059_1764880.jpg

[PR]
by mqusumi | 2007-11-07 17:07

いろいろな日々。

2日
昼、ジョー・ザビヌルの切り絵。追悼だ。
夜、Q&Wのリハ。帰って「JazzLife」のマンガ。

深夜、マンガを描いてる途中で、下北沢に向かいDJ。
毎度のことながら直前に思いつきで選んだCDを持ってて
現場の雰囲気でどれかけるか決めてるのでDJでもなんでもない。
かけた曲を一応書いておきます。(順番少し間違えてるかも)

1.Going to the gogo/The RollingStones
2.Someday Baby/R.L.Burnside
3.52Girls/TheB-52's
4.Spanish Bomb/The Clash
5.New Era/Specials
6.サヨナラは夜明けの夢に(レゲ・バージョン)/MoonRiders
7.Sexi Sexi/あがた森魚
8.愛がスベッテ/久住昌之&BlueHip
9.Born Under Punches/TalkingHeads
10.I just want to make love to you/Buddy Guy
11.Airdead/ThomasDolby

アー疲れた、↑これ書くの。しかしデタラメだね、DJじゃない。
しかも10年前に録音してどこにも発表してない自分たちの音源かけてるし。
でも意外に「これ誰?」と言われて嬉しかった。今度のアルバムに入れようかな。
マンガ家の柏木ハルコさんと話できてよかった。
翌日ライヴなので、自分のが終わって、みんなに悪いなと思いながら、少ししてコッソリ帰る。

3日
マンガの続きを仕上げて、送信後、
Q&Wライヴ
a0099059_15144193.jpg

前半は結局新曲4曲。 これはwakaと二人で生ギターで。
「We Love You,OK」「脈絡無く行こう」「中魔神」「五重の塔」。 次はバンドでやりたいな。
久しぶりの「Xmas To Xmas」「Night & Snow」も拍手大きかった。
後半はロックバンドスタイルで。かなりアレンジも煮詰まっていい味が出てきた。
(「煮詰まる」というのは、本来いい意味なのに「行き詰まる」と混同しやすいすね)
「骨」も武士さんのベースソロほかで盛り上がる。いろんなアレンジでも変わらない歌だな。
「昔ヒッピーのちラスタ、沖縄移住考え中」は、自画自賛ながら面白くてイイ曲だなあ。
「電気、消せ!」もかなり熱くなった。
アンコールを2回もいただいたの久しぶり。 2度目は本当に準備がなくて、前回にやった
2曲を急遽演奏。みんな熱心に聴いてくれてありがたい。初めて来てくれたお客さんも多く、楽しんでくれたようだ。

4日
夕べの打ち上げのアルコールが抜けないまま、早起きして埼玉の
与野に、劇団「維新派」の「ノスタルジア」を観に行く。
絶対、イイと思っていて、はたして素晴らしく良かった。
感動する。今回は背景に大スクリーンがあり、それと舞台の
連動がスゴイ。アイデアも抜群だしクオリティも高い。
全員の「おーい」という呼び声に目頭が熱くなる。
とにかく見に行ってよかった。久しぶりの大感動。
刺激受けまくり。なのにα波出まくり。
しかし、想像を絶する稽古だと思う。よくあれだけの芝居が
できるなぁ。自分のもろもろの甘さに身が引き締まる思い。

帰りに武蔵浦和を歩く。「武蔵の旅」久しぶりなり。
しかし、武蔵浦和は新しい駅なので、駅前は全然おもしろくない。
でも地名は「鹿手袋」とか「沼影」とか、不思議。

5日
横浜美術短大の講師の日。寝坊。また遅刻。
帰りの電車でも眠くて仕方ない。青葉台は遠い。
帰ってDVDブックの表紙のイラストのコンテ。
実写版の登場人物16人の似顔絵を描くことから始める。
DVDを止めながら見直す。面白いところがまだ見つかる。

6日
DVDブックのマンガ原作。中身と何となく連動した話にしようと
思い、試行錯誤、四苦八苦中。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-06 15:28

明日Q&Wライヴ!

明日はいよいよライヴだ。

11月3日(土・文化の日)
Q&W(クエスチョン&ワカンナイ)ライヴ(年内最後です)

場所 西新宿ニューベリー(JR新宿駅から徒歩5分ぐらい)

時間 6時開場 7時開演
料金 2000円(1ドリンク付き)

出演 Q&W(クエスチョン&ワカンナイ)
WAKA(Vo&G) 久住昌之(Vo&G)
SHAKE(KB)武士守廣(B)前田淳一(Ds)

新曲『五重の塔』、バカな詞を書いたら、何とイイ曲が付いていて
ビックリ。全然エロくない、ちょっと泣かせる感じのメロディに
なっていた!Music is magic。
♪20より30より40より高く というところの日本的なメロが
すごく印象的、バンドアレンジしたら、もっとイイ曲に聞えるだろう。
明日は出来立てを生ギター2台でお披露目します。新曲、都合4曲。
『骨』も、イイ感じに暴れていてヨイですよ。
いや、大人の、バカでちょっとイイ感じのライヴになりそうだよ。
皆さん来てね〜。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-02 13:26

ブルース爺の立ち。

クラブシーンでも人気のブルースマン、R.L.バーンサイド。
独特のワイルドなブギが大好きだ。この人の場合、外枠を若いのに
作り混ませて、その中で好きに弾いて歌って、適当に編集しといて、
という、独特のスタンス。
a0099059_1793080.jpg

とにかく、このジャケットだ。
最高にシブ派手な色合いとデザインがタマラン。
いやしかし、この無防備な立ち方はなんだろう。
公衆便所から出てきたところを「すいません、一枚撮らせて下さい」
と言って撮ったような感じ。
ハンカチ忘れて、これ、手がまだ濡れてるよきっと。
シャツちゃんと入れろよ。真ん中から下着見えてるじゃん。
ジャケ写にスタイリスト居なかったのか?この汚い靴も自前だな。

まあ、それはいい。ジャケット開いたら・・・
a0099059_17105970.jpg

公衆便所じゃなかった!
普通にたたずんでるだけかと思いきや、
ズボンの前から、液体が放物線を描いているではありませんか。
立ちションだよ。
驚いたね。
こんなジャケ写、ありかい。いいのかRL.
「わしゃ、近くてな、この頃」
道路だよそこ。もう少し木陰に行くとか、なかったんか?
左手を添えて、右手は腰に当ててやがる。憎いぜ。
競馬のことでも考えてるのか、この表情。

ブルースのジャケットには、こういう「何考えてるんだ」デザインが
いっぱいあって楽しいのだ。笑わせようとしてないところが不思議。

それにしても最近出た、ファッツ・ドミノのトリビュートアルバムの
無闇矢鱈スゴイメンツはどうだ。
まずニール・ヤングが入ってルよ。エルトン・ジョン、ポール・マッカートニー、ロバート・プラント、ドクター・ジョン、レニー・クラヴィッツ、ランディ・ニューマン、ロビー・ロバートソンが全面的にエレキ弾いて歌ってるぜ。ダーティダズンのギターがバディ・ガイ。スカタライズをバックにベン・ハーパー。タジ・マハル、ロスロボスにオルダラ、ボニーレイット、BBキング、ウィリー・ネルソン・・・。おいおい、ハービー・ハンコックがこんなところでかっこいい演奏してるぞ。駄目押しに旧録のジョン・レノンまで入れてる。ジャケットもイイ。

でも不覚にも鳥肌が立ったのが、ノラ・ジョーンズの「マイ・ブルーヘブン」。日本でも「私の青空」として歌い次がれる曲だが、ノラ、素晴らしすぎる歌唱。
草葉の陰から高田渡さんも「うわはは、やられちゃった」と目を細めそう。
[PR]
by mqusumi | 2007-11-01 17:13

五重の塔。

今、DVDブック『中学生日記』に収録する音源を録音してる。
『中学生の歌』というバカソング。
中学生っぽいコーラスが欲しくて、録音機材をもって美學校に行き、
授業の一環として、コーラスをやってもらう。
イイ感じにヘタなのが録れた。失敗も全部イキ。生徒いきなり歌手デビュー。
6人で一発録り2回。女子が今年はひとりなのは残念だった。
去年だったら女子高だったな。

さっき授業終わって帰ってきて、ウクレレと生ギター録音。
かなり面白いのができそう。明日mix。

昨日は夜中に今週土曜日のQ&Wライヴのリハ。
『中魔神』に「スカボロー・フェア」みたいな追いかけるコーラスを入れる。バカに拍車がかかる。
『脈絡無く、行こう』ボクが歌うことになった。サビはwakaの作曲。
『Xmas to Xmas』Shakeのアレンジ、やはり素晴らしい。ゴージャス!
『We Love You,OK〜サトイモが多過ぎる』唐突な締めがよい。

Q&Wは今年49の男二人が中心だ。
こいつらは30歳頃「どうする30」というバカ曲を作り
39歳の時「四十雀(しじゅうから)」という名曲を作った。
んじゃ、なんか50を前にして一曲作ろうか、と思い、
昨日歩きながら思いついて『五重の塔』という激バカな詞を書いて即メールで
WAKAに送った。そしたら、さっき見たWAKAの日記に、
今日もう曲を付けた、と書いてあった。早い。
うまくすれば、土曜日にやるかもしれない。笑えると思う。
a0099059_040578.jpg

[PR]
by mqusumi | 2007-11-01 00:40