<   2007年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

『中学生日記』イベント情報08

DVD Book『中学生日記』の発売記念イベントを1月に渋谷の
アップリンクというところでやることになりました。
会期中は、映画に使われた小道具や、中学生恥ずかしグッズの
会場展示もアリ、ボクらも恥ずかしいネタを提供予定。
詳細は以下。
a0099059_1924190.jpg


『中学生日記』DVD-BOOK発売記念イベント付上映
 ¥1,500(DVD-BOOK持参の方は¥300割引)
場所:渋谷 アップリンク

時間 19:00〜 映画開始
   20:00〜 トーク

●1/14 Q.B.B.×山下敦弘監督舞台挨拶&トーク
●1/15 かせきさいだぁ≡(ラッパー・作詞家・漫画家 etc)
●1/16 山下敦弘監督×鈴木卓爾(俳優・映画監督/ NHK「中学生日記」脚本担当)
●1/17 Q.B.B.×渡辺ペコ(漫画家)
●1/18 Q.B.B.(+α?) 

BlueHip+卓也の、ミニライヴにしちゃうかなと思っています。
個人的に16日も来たいなぁ!
17日も楽しみ。『ラウンダバウト』は女子版中学生日記。


さらに、東北の皆さん、行きますよ!
仙台のメディアテークで、上映会+QBBのトーク。
大好きな街仙台に、また行けてうれしい。みんなに宣伝して下さい!

日時:1月20日(日) 15:00〜17:00ぐらい
 ※上映+トークイベント 
場所:せんだいメディアテーク

上映作品:『中学生日記』ほか
出演:QBB(久住卓也+久住昌之)



というわけで、来年の予定は『中学生日記』から始まった。
2008年の手帳を買った人、さあ、チェックだ!
予約はここでできるぞ↓
http://forest.kinokuniya.co.jp/ItemIntro/138816

まだCMを見てない人は、ここだ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=k_eekVq6qxQ
[PR]
by mqusumi | 2007-12-13 19:03 | Liveの予定

昨日の酔っ払いさん

美學校の帰りの総武線。
そんなに混んではいない電車だが、ひとりで3席取っている。
a0099059_1102973.jpg

もう前に滑り落ちそうな感じで、
ズボンがつり上がっちゃって、股の辺りが変。オムツみたい。
しかも時々、ずり上がろうとするのか、
足をモジモジとこすり合わせるように動かすのが、赤ちゃんみたい。
たまに足を少し開いて、伸びをするように、ピーンと伸ばすのも、
寝てる赤ん坊みたい。
すっげーおかしい。

どうなるかなあ、と思ってたら、次第に乗客が増え、
四ツ谷で乗ってきた、55歳ぐらいの
ものっすごく派手にガム噛んでる、酔っ払いサラリーマンが、
ムッとした顔をして、寝てる人の右手をどかして座ろうとした。
が、手が動かず、目も覚まさず、そしたらサラリーマンは
なんと彼の手の上に座った。
痛そう。でも全然起きない。

次の駅で乗ってきた初老のサラリーマンは、彼のカバンをとって
股のところに置こうとしたが、滑り落ちるので
網棚に上げちゃっていた。忘れないとよいが。

新宿で手の上に座ってた男が立ち上がると、下の手は
赤くなっていた。座られてた男は目をつぶったまま、
無意識にその手を腹の上に持ってきて、もう一方の手で
こすっていたが、まだ目を開けない。
そのまま吉祥寺でも起きなかった。

どうなったか少し心配。
[PR]
by mqusumi | 2007-12-13 11:01 | 変なもの見っけ

DVDのCMができた!

再三書いてるDVD-Book「新中学生日記」山下敦弘監督/QBBマンガ(紀伊国屋書店から12月22日発売)の、予告編ができた。
面白さがちょっと、いや結構伝わると思う。
予告編には僕と弟と山下監督が学生服学生帽で、三鷹のラーメン屋「江ぐち」内で対談してる様子もちらっと出ていて、恥ずかしいぞ!
さぁ、見て予約だ!

http://jp.youtube.com/watch?v=k_eekVq6qxQ
[PR]
by mqusumi | 2007-12-11 15:53 | 恥ずかしい話

誤字とペペロンチーノ

正しい字がどうだったか、混乱するような誤字。
a0099059_1285233.jpg


突然、ペペロンチーノのパスタが食べたくなった。
ニンニクとトウガラシ意外、何にも入ってないやつ。
バジルとかもなくてもいい。

細かく刻んだニンニクを、
フライパンのオリーブオイルで熱すると、
なんであんなにイイ匂いがするんだろう。
ニンニクに少し色がついてくるころには、
もうたまらなくお腹が空いてくる。
あの香りは、なにか、胃袋を猛烈にかき立てるものがありますね。
ゆで立てのパスタと合わせて熱々を食べる。
めちゃくちゃウマイ。
唇のまわりをオリーブオイルに濡らして、あっという間に食べてしまう。

というわけで、お昼はそれにします。
[PR]
by mqusumi | 2007-12-11 12:10 | こんなものを食べた

Qusumi年賀状無料ダウンロードちゅー

郵政公社のホームページで期間限定で(9日から16日まで)
僕のイラストのオリジナル年賀状がダウンロードできます。
みうらじゅんとか、桜沢エリカなんかのもあるよ。
僕のは3種類。
a0099059_11252181.jpg

「妖怪チィーチュー」という人をラヴな気分にさせやたらキスしたくならせる
困った妖怪の絵を描きました。あと空飛びネズミ。結構描くのに時間かかった。
a0099059_11265357.jpg


http://www.yubin-nenga.jp/main/gallery/html/premium.html

↑ここからダウンロードできます。
じゃんじゃん持ってって〜。
[PR]
by mqusumi | 2007-12-11 00:37

旧友が来てくれた。

ProjectorQ調布に、高校1年の時の同級生オマタくんが
来てくれた。あ、「クンはやめようぜ」と言われたので、オマタだな。

久しぶりなんてもんじゃない、高校卒業以来、二十歳ぐらいの時、
道でたった一度、偶然会っただけだ。約30年ぶり。

最初、店に入ってきたとき
「憶えてないだろ?」
と言われて戸惑った。
そのまま、ライヴをやって、終わってから
ビールを飲んでひと息ついてたら
「まだ思い出せない?」と隣に来て言われ、
顔をまじまじ見たけど、わからなくていたら、
「ヒント。仙川」
と言われ、
「え、オマタくん?」
と言ったら、そうだった。
この時、頭より口から先に「オマタ」の言葉が出たのは
ちょっと不思議な感覚だった。
あとから頭が追いついてきて、じわーっと懐かしくなった。
ボクらの高校は仙川にあった。

オマタは、使い古されたカタカナ文字でなく、「uniqueな」ヤツだった。
それは話し方から、ファッションから、考え方から、行動もだった。
飄々としていて、とぼけていたけど、頭も良かった。

太宰治、の名前から暗くて面倒くさそうなイメージを簡単にぬぐいらせてくれたたり、
中原中也がいいぜ、と教えてくれたり(でも彼は最初「ナカハラナカヤ」と読んでいた)。
当時ユーミンが登場して、ニューミュージックが盛り上がり「フォーク」は一気に「暗くて貧乏臭い」イメージをかぶせられたが、
オマタが「友部正人はいいぜ」と言うと、水を飲むように素直にその音楽が聴けた。
オマタの言葉には、時代の流行の色眼鏡を外させる、魔法の力があった。

ダンガリーシャツの第1ボタンは留めてたほうが、ホントはかっこいいんだぜ、とコッソリ教えてくれたり、
今じゃ「ヴィンテージ」と名前を変えたリーバイスの501の古着を、安く売ってる板橋かどこかの汚い店を教えてくれたり、
懐かしの駄菓子屋ブームのハシリのハシリの、抜群にセンスあった店「ハラッパA」を教えてくれたりした。
でも口には出さないけど「かっこいいのはいいけど、カッコつけるのはダサい」っていう態度があって、それにも影響された。

情報誌もインターネットもない時代、どうやってそういうことを知ってたのか、今も不思議だ。

美術の成績がいいわけでもないのに、ノートにチョコッと描く絵が面白くて、描き文字なんかも実に変っていた。
細野晴臣とかジョン・レノンなんかが、ちょっと絵や字を書くと面白いじゃないですか、あれに似てる(誰に同意求めてんだ俺)。

クラスで特に目立ってたわけじゃないけど、ボクから見て、すごく「センスがイイ」ヤツだった。
一緒にいたのは1年の時、1年間だけだったけど、すごく影響受けた。

そうだ、オマタは、友達のツチモチくんに、
「おいツチモチ、パパ問題どうするよー!」
とよく言ってた、
彼は高校1年で、父親のことをまだ「パパ」と呼んでいて、それを
いつどうやって、別の呼び方にするかを、
同じ悩みを持つツチモチとふざけ半分に悩んでいたのだ。
「今さら『お父さん』なんて、面と向かってゼッタイ言えねえよ!」
とか大声で言っててみんな笑ってた。

今は彼も俺もすっかり「お父さん」の歳なわけだが、
でも、昨夜のオマタはなんかカッコ良かった。
今調布に住んでいて、さるメーカーで楽器部門にいる。
意外なような、彼に似合ってるような。
家では、なんと呼ばれているんだろう?
短髪で、ジーンズ姿で、細い縁のメガネをかけ、
ゆったりと、Maker'sMarksのロックを飲んでいた。
ボクはビールとか、ワインとか、注がれるままに、目茶苦茶。
いろんな話して、本当に楽しかった。
でも何話したかよく憶えてない。
そんなもんだよな。
だけどその途中で、
「イイ夜だな」
と2回、彼は言った。
目を少し落としたら、オマタのダンガリーシャツのボタンは、
やっぱり一番上まで留められていた。
[PR]
by mqusumi | 2007-12-08 16:13 | こんなことがあった

明日は調布で弾き語り他

前も書いたけど、明日、調布のソウルバーで、
弾き語りとプロジェクターショーします。
暇な人、来て下さい!

12月8日(土)
プロジェクターQ in 調布
ソウルバー「Fame Gang」042-481-8999

7時半開演 
Charge 1500円+drink
FameGang 場所など↓調布駅北口駅から1分。
http://www.famegang.com

出演 久住昌之 生ギター弾き語り&プロジェクターショー

ワインも料理もカクテルもおいしいバーです。
店は小さいけど、雰囲気あり、ボクがマイクとアンプとプロジェクターを
持ち込んでやります。
「プロジェクターQ」とは、ボクが面白い映像をたくさん持っていって
スクリーンに写しながら話す、デジタルなスライドショー。
これは、間違いなく面白いです。
今回は『孤独のグルメ』の裏話なんかもする予定。
こんな「さんぽ写真」も。
a0099059_19351516.jpg

向かって右端の地蔵さんの頭巾、かぶり方、強引さん。
前半プロジェクターショー、後半弾き語りライヴです。
土曜日だし、ボクの忘年会気分で来てください。絶対楽しませます。
終わってから一緒に飲みましょう。
予約したほうが安全かも(まだ全然大丈夫そう泣)。
042-481-8999 FameGang

つーわけで、今日は仕事と別に、そのリハと、画像素材の構成。
manimaniさんのご指摘で、朝エアコンのフィルター見たら、
ほこりが結構溜まってる!で、掃除したら、確かにグッと
暖かくなった!なーんだ!俺の無精が原因じゃん!
manimaniさん、感謝。

さっき、ひとりでギター必死こいて弾いて声出してたら、汗かいた。
なんせ、昨日まで設定27度でも、全然暖まらなかったから。

今日も貼れてるけど、富士山はうっすらだった。
明日はライヴがガラガラでありませんように。来てネ。
[PR]
by mqusumi | 2007-12-07 13:48 | Liveの予定

吉野家のすき焼き定食

夕方、写真資料を待っている間の時間を利用して、
Mac BookにMDの中に入っている音を入れて、変換とかして
CDに焼こうとしたが、全然うまくいかず、
テクノストレスでイライラしてどうしょもなくなった。
多分部屋が寒いのも理由だと思う。
仕事場のエアコン小さくて全然効かない。
しかも電気ストーブも全然暖まらない。
肩は凝るしとにかくイライラしてなんか外に出て食べようと思った。
そういえば腹も減ってる。

いつも行くようなラーメン屋にも定食屋にも行きたくない(すねてる)。
もういい!目の前の吉野家!
数年ぶりに入った。
すき焼き定食と言うのがあって、知らなかったかそれにした。
知らないだけで、それを食べることにした。
480円という値段に軽く驚く。

そしたら、すごく小さくて薄い鉄鍋に、すき焼きが出てきた。
ご飯と、味噌汁と、吉野家のお新香少し。
「いいなじゃないの」
と思った。
生卵を溶いて、吉野家独特のちんぴの多い七味を卵にバンバン振った。
普通はそんなこと、最初からは、しない。
紅生姜を白いご飯の脇にワッサと乗せた。

味噌汁を一口飲んだ。
肉を冷たい卵に付けて、口に運んだ。
う、吉野家。
でも意外にウマイ。
こういう投げやりな時にいいかもしれない。
生卵が、やさしい。
肉とネギとを一緒に取って、卵に付けて、今度はご飯にのせて食べた。
白いご飯がおいしい。
すき焼きの時の生卵は、全卵料理の中でも最上位に入る。
あまりおいしくない味噌汁を飲む。
いいじゃないか。
白滝、少ない。
でも白滝、重要。
汁にからませて、肉片とともに取り、
卵に付けて、飯に乗せて、飯ごと一口でいただく。
味がしみた白滝はすき焼きの宝物。
紅生姜を追いかけ食べる。
ささくれた気持ちが、だんだんほぐれていくような気がする。
焼き豆腐が、たったひとかけ、入っている。
箸で二つに割って、半分ずつ食べた。
こういうすき焼きがあったっていい。
いいな、と思った。

気がつくと、吉野家は早めの夕飯客で混んできていた。
すき焼き定食を頼む人も多い。
大盛、汁だくで、サラダを付けて、と言う人もいる。
並で、けんちん汁を付けている人もいる。
みんな、ひとりで、もくもく食べている。
でも、うつむいて楽しそうだ。
仕方がなく、というのより、ここに向かってきたお客さんばかりだ。
そうだよな、吉野家って、そういうところだよな、と思い出した。
俺だけ少し違う。

すき焼き定食は、あっという間に食べ終わってしまった。
普通にすき焼きを食べる時は、もっともっと食べる。
時間だってもっともっとかける。
みんなで、冗談とかたくさん言って、笑いながら、食べる。
ビールだって飲むし、肉のお替りも、卵のお替りもする。
だから、すごくもの足りない。
ちっとも、盛り上がらない。
あの満足なんて、全然無い。

でもそういうのもいいじゃん。
渋くて、うすいお茶を、プラスティックの湯飲みで飲んだ。
すぐには席を立ちたくなくて、薄いお茶を、俺はゆっくり飲んだ。
[PR]
by mqusumi | 2007-12-06 23:45 | こんなものを食べた

トイレ中電話。

今日は朝、富士山が見えて、
「いいことがあるぞ!」
と思って仕事場に来て、今日来てた雑誌を持って
トイレで「大」をしてたら、仕事場の電話が鳴る。
普段なら無視して自動的に留守電にならせちゃうが、
いろいろ待たせてるし、気になることもあったりして、
3秒間短く激しく逡巡したあげく、「軽く拭いて」パンツズボンも上げず
それらが膝下にまとわりついて、いちぢるしくよたよたと
トイレを出て電話に向かい、
人には絶対見せられない姿で電話に出たら、女性の声で、
「あの、竹内さんのお宅でしょうか」
と。
「ちがいます」
電話を切ってトイレによたよた戻る。
寒い。
なさけない。
ああ、富士山。
a0099059_1351629.jpg

[PR]
by mqusumi | 2007-12-06 13:06 | 恥ずかしい話

花お取るな!

こういうのは間違ってるのが切ない。
子供のへたくそな字で書かれた、
「おかあちんごめんなちい」
みたいで。
立ち小便じゃないのに鳥居のマークも、泣かせる。
心無い人がいるんだな。
a0099059_23574460.jpg

[PR]
by mqusumi | 2007-12-05 23:58 | 変なもの見っけ