<   2008年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ハーフ&ハーフ

『工夫癖』にも書いた三鷹の「田舎カレー」が自慢の喫茶店で
打ち合わせをしてて、壁に新メニューを発見。
ライスの上にカレーとハヤシが半分づつかかっている。
店主の「いいこと思いついたぞ!」というドーダな気持ちが、
形状とネーミングとこの貼り紙の大きさにに現れている。
だけど、ボク的には、なんというか、この食べ物、
息苦しい。
a0099059_1731582.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-01-31 17:31 | 変なもの見っけ

録音。

午前中、打ちあわせ。
午後、取材。
夜、美學校。
深夜、仕事場で録音。
加地コージのエレキギターが入ったら、がぜんロックになった。
いいぞいいぞ!リフがカッコイイ。
風邪引きそうになってたのが、その熱さに解毒されて、復活。
でも寝たのは朝5時半。
[PR]
by mqusumi | 2008-01-30 17:31 | こんなことがあった

定食屋と社員食堂

朝は、仕事で、隣町の某激安定食屋へ。
定食は味噌汁お新香ライスで200円(10年前は190円だった)。
これに何でも付く。
ボクはハムエッグ定食にした。
ハム2枚と卵2個焼いたのに千切りキャベツが付いてオレンジの
切れ端が添えられて150円。
どうですか、350円で、この定食。

ちなみに単なる目玉焼きなら、100円!
卵焼きなら、120円!
アジフライ、1枚100円!
さば焼き、170円!
ウインナー炒め180円!

思わず全部に「!」付けなければいられないこの値段、どうすか。

さんま焼、250円!
さんまの開き焼、230円!
ホッケ開き焼、240円!
どうすか、この涙の出るような10円刻みの値段設定。

これで驚くな、

野菜炒め150円!
レバにラ炒め200円!
トンカツで350円!
一番高いので海老フライの450円だ。
しかも品数はまだまだある。

さらにさらに
生玉子、40円。
のり、大根おろし、梅干し、納豆、各50円。
おひたし、60円。
イカの塩辛、80円。
ポテトサラダ、90円。
里芋の煮付け、100円も泣かせる。
生タラコ、150円。痒いところに手が届くようなメニューだ。

大丈夫か御主人!
三鷹から徒歩7分、驚異の定食屋「いし○ら」は
なんと朝6時から夜8時まで休憩無しで営業。日曜もやってて土曜休み。
酒もビールもある。
実は「孤独のグルメ」の対象にも何度か考えた。
a0099059_21103071.jpg

こんな店なので、何か頼んでから、追加注文をする人が多く、
でも、店員のオバチャンはそれがものすごく嫌みたいで、
できるだけ全部最初に考えて、一度に頼まねばならない。
(だから飲みに来る客は本当はいやみたいだ。御注意)
でも、オバチャンの愛想はすこぶる良くて、感じいい。
黙々と料理を作る御主人、寡黙でシブイ。
同行の
編集者が「写真撮ってもいいですか?」というと「どうぞどうぞ!」と
元気に言われた。
自分は店の中でケータイとかで撮るのはいやなので
ただ食べていたのだが、味はちゃんとおいしいです。
ご飯がちゃんとうまい。味噌汁はおいしいとは言いがたいが、
この値段で文句を言ったら罰が当たって舌が腐る。


そこで食べて、喫茶店でインタビューを受けて、
少し仕事してから、午後、今度は六本木アークヒルズにまったく別の仕事で行く。
森タワーの「楽○証券」の社員食堂(カフェテリア、と呼ぶ)のルポ。
この180度(?)の落差、どーよ・・・。
a0099059_21104615.jpg

数種類の日替わり定食、週代わりカレー、日替わりスープ、
めん類数種、パン類、サラダ、お惣菜数種が、食べ放題で、
タダ!
家賃が天文学的に高いであろうこのビルで、タダ。
(Googleの真似してると、悪口もあるが・・・)
[PR]
by mqusumi | 2008-01-29 21:15 | こんなものを食べた

イチジクマンドリン

昨日も遅かったのに早起きして実家に行き、
昨日思い出したフラットマンドリンを取ってきた。
弦はさすがに錆びていたが、
驚いたことにほとんどチューニングが狂っていない!
イイ音がする。約25年眠っていたとは思えない。
暗い押し入れに入っていたのが良かったのだろう。
弦を外して、汚れを落として磨いて、新しい弦を貼ろう。
と思うが、その時間が全然ない。
眠い。
でもカワイイ、マンドリン。
a0099059_1895872.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-01-28 18:11 | 変なもの見っけ

パンツ裏返し、直さず。

今トイレに行って、ジーパンとパンツ(下着)を脱いで
座って、ふと見たらパンツが裏返しだった。
用を足し終え、しかし履き直すの寒いからやめて、
裏返しのまま、また履いた。
今、オレのジーンズの下で、パンツが裏表逆になっている。
考えると、ちょっと気持ち悪い。

これで街に出て、知らんぷりして歩くだろうが、
ユザワヤでコピー用紙買っても、
本屋で立ち読みしても、
喫茶店でおいしいコーヒーを飲みながら舗道をゆく人をぼんやり見ていても、
オレはきっと今日一日、ずーっとパンツ裏返し男である。
でも、履き直さないぞ。
絶対に履き直さないぞ!
[PR]
by mqusumi | 2008-01-27 14:11 | 恥ずかしい話

栗トリュフ

知り合いの女の人が4人でケーキ屋に入ったところ、
ショーウインドウにチョコレート菓子で
「栗トリュフ」というのがあり、なにげなく

「見て、栗トリュフだって」

と言った瞬間、スゴク恥ずかしくなったそうです。
一瞬の沈黙の後、何事もなかったように皆お菓子を選んでたそうですが、
たぶん全員同じことを思っていたと思われる。
「そんな名前つけないでよ、って言いたい!」
と彼女は笑いながら怒っていました。
確かに、字面ではわからないかも、類似感が。

そんで、彼女の話がツクリじゃないと、確認。↓
http://system-wave.com/selectshop/sweet/item/24395.php

そのお店も「チョコレート」までつけたほうがよかったのでは。
[PR]
by mqusumi | 2008-01-26 13:25 | 変なもの見っけ

フランス人の「孤独のグルメ」評

ネット上でたまたま発見。
http://un-peu-bizzare.seesaa.net/article/79532084.html
こんなふうに読んでるのか。
a0099059_15251619.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-01-25 15:25 | 感想

魔Qケン

喜国雅彦さんから新刊マンガ『魔Qケン』が届いた。
一気読み。
面白かった〜。
今、こんな正当なギャグマンガを、ちゃんと面白く、
軽々と(そう感じる)、今らしく描けるなんてスゴイなぁと思った。

ボクは結果的には笑ってもらってるけど、自分では
「ギャグマンガ」を描いたつもりは、デビュー以来、一度もない。
言ってみれば「へんなマンガ」を描くことを面白がってきただけで、
馬鹿馬鹿しい、恥ずかしいことを、別の人の絵で照れ隠ししながら
描いてきたわけで、それしかできない。
年中クダラナイことばっかり言って笑ってばかりいるけど、
ボクは、お笑い系の人間ではトコトンないんだと思う。

キクちゃんも、人はお笑いな感じしないけど、
正当なお笑いを作るまぎれもないギャグマンガ家だと思う。
(だからたまに描くギャグじゃないマンガがコワイ)
20年以上マンガを描いてきて、この年齢で(失礼ほぼ同い年)、
このクオリティで、ちゃんと今風にカワイイ女のコを描いて、
ちゃんと面白い連載マンガを描けるキクちゃんの才能に、
読み終って溜め息が出るようだった。
・・・ジジくせーな、オレ。

設定(1日に10センチだけモノを動かせる超能力を授かった
高校球児)も展開も、エッチのサービスも、自爆も、内輪ウケも、
みんなハイクオリティの、でもあくまでギャグマンガ。
スバラシー!
a0099059_14534149.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-01-25 14:54 | 感想

じゃが、寿司、雪。

a0099059_19105965.jpg

北海道限定のスナック「じゃがポックル」。北海道でもなかなか買えないほど人気らしい。北海道帰りの友人がたまたま買えたのをくれた。
じゃがいもの皮がついてるのを上げたのがポイントか。
確かにスゴクおいしい。歯ごたえというか微妙な硬さがイイ。
じゃがっぽい。普段お菓子なんて全然食べ無ないボクだが。
前に、江口寿史さんがおいしいと言ってたのは、きっとこれだ。

a0099059_19111549.jpg

美大の生徒から来たメールに内容と関係なく添付されてた。
どっかネット上で拾ったものか。
この生徒は前日に家で飼ってる犬の肛門の写真を添付してきた。

写真右。
昨日はクリーニング屋に起こされ、玄関を開けたら雪が舞い込んできたので、ビックリ!
雪はウレシイ。ワクワクする。
「ああ、もっともっと降って、交通機関が全部マヒすればいいのに」
と思いながらもう一度ふとんに潜り込んだ。
これ、中学生ぐらいから雪の朝、いつも思う。進歩、ゼロ。

午前中で止む、とテレビで言ってたので珍しく自宅で原稿を書いていて
昼になったのに止む気配が無いので、雪の中、バスで仕事場へ。
宅急便の再配達がくることになっていたのだ。
仕事場について、少ししたら雪は止んだ。
そんで雨に変わって、全部雪は溶けて無くなった。

ちぇっ、ぜんぜんつまんないでやんす。
a0099059_19112737.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-01-23 19:09 | こんなことがあった

想像された3人の会話

「じゃ、店の名前はこれでいくか」
「いいんじゃないですか(笑)」
「ちょ、ちょっと待って、もう少し考えましょうよ」
「いいよこれで」
「いいじゃん、ウケるよ」
「だけど、もうちょっと考えましょうよ」
「もう十分考えたよ」
「もう出ねぇよ」
「いや、もう少し…」
「いい、いい、すっとこどっこいで、決まり」
「ちょっと待って、ちょっと待って」
「なんだよ、オーナーがイイって言ってんだからいいじゃん」
「いや、でも」
「もういい、酔っぱらっちゃった。めんどくせぇから、これで決まり」
「じゃ、これで」
「なぁ、すっとこどっこい、ウケるよ。さっきあんなに笑ったじゃん」
「ですよ、あははは、絶対ウケる」
「えぇ・・・・」
「なんだお前、文句あるのか。これよりイイの今出してみろ!」
「・・・でも・・・。例えば領収書なんかもらうときでも
『お宛名は』とかきかれて、これ言うんでしょ?」
「あははは、いいじゃん。すっとこどっこいで」
「あははは、最高じゃん」
「電話に出るときも」
「なんだお前、恥ずかしいのか」
「おい、みんなで決めた店名が恥ずかしいのかコラ」
「いや、そういうことじゃなくて、もうちょっと考えても・・・」
「ウルセぇ、いいよもう、これで。きまり。よし、お祝いに
美枝子の店行こう、美枝子ンとこで飲み直しだ」
「よーし」
「ほら、行くぞ!」
「・・・・」

a0099059_14383397.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-01-23 14:39 | 変なもの見っけ