<   2008年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

エレベーターの恥ずかしかった話。

出かけるために、仕事場のある8階でエレベーターに乗り込んだ。
ドアが閉まり、俺はエレベーターの中で財布を取り出そうと、
ショルダーバッグをゴソゴソやっていた。
そしたらエレベーターのドアが開いたので、(何階?)と思って顔をあげたら、
同じ階の人が乗り込んできて、少し不思議そうな笑顔をした。

俺は、乗り込んだまま、行き先ボタンを押すのを忘れて、
停ったエレベーターの中に、ずっといたのだった。
思わず無言で苦笑。
相手もそれで全て了解したようだ。
照れ臭い。


でもこれ、初めてではない。
もうかれこれ25年ほど前、俺は千葉の松戸で、
ビルの4階にあるカラオケスナックの壁画を描いたことがある。
その時もやらかした。(…もうあの店も無いだろうな)

ペンキで半日かけて描き終え、店主(30代後半の色男風)に、
「お疲れさまでした、これ、少ないかもしれないけど謝礼です」
とエレベータの前で茶色の封筒をもらった。
ボクは頭を下げて受け取り、エレベーターに乗った。
ドアが閉まって、ボクは行き先ボタンを押し忘れて
もらったばかりの封筒の中をのぞいた。たしか5万円入っていた。
そしたらドアの外で声が聞える。
「どうしたのかしら」
「ボタン押すの忘れてんだよ」
「やだぁ(笑)」
「今押したらここにいるよ」
「やめて(笑)」
店のバイトの女の子と店主の会話だった。
慌てて1階のボタンを押す。
「あ、気がついた(笑)」
「(笑)」
女の子は20歳くらいのすごくカワイイ子で、
描いてる時に飲みもの買ってきてくれたり、ずっと後ろで見てたりして
ちょっとドキドキしたんで、ボタン押すの忘れて、
早くも封筒の中身数えてた自分が、ものすごく恥ずかしかった。
遠ざかってく笑い声が今も忘れられない・・・。


でも実はもっと恥ずかしかったのは、実はその壁画のことだ。
ついでだから書いてしまおう。
カラオケスナックの壁画というのは、実はそのバイトの子の、
お姉さんを通じて、描くことを頼まれたものなのだった。
店の入口ドアの横の、防災用の3mx3mくらいの鉄の扉が、
灰色で暗い感じというので、そこにカラフルな絵を描いてもらえないかというのだ。
俺もまだ若かったから、これはイイ仕事だ、と嬉しくて意気込んだ。
2〜3日かけて下絵を3パターンぐらい描いて、
画材も取りそろえて持っていった。
「カラフル」といわれていたので、トロピカルな絵や、
なんかアールデコっぽい絵、なんかポップアートッぽいシンプルな原画
だった気がする(記憶から抹殺されてる)。

それで、それが描かれたスケッチブックを店主に見せたら、
「う〜ん、どれもいいけど、・・・ねえ、キミ(バイトの子)が
面白いって言ってくれた、昔の俺も知ってるマンガなんだっけ?」
「つる姫?」
「そうそう、つる姫じゃ、つる姫じゃ、あれ描いてもらおうよ」
a0099059_18453352.jpg

…俺、ガックリ。
店の奥から女の子が土田よし子の『つる姫じゃ〜!』の単行本を
持ってきた。俺も懐かしくて、
「あ、懐かしい。面白いですよね」
と言ったが、心は落胆しきっていて、みじめというか、
自分の描いてきた原画が急にみすぼらしくなった。
なんだかえらく勘違いして、肩に力入れてアーティスト気取りで
意気込んでた自分がバカみたいに思え、消え入りたい気持ちだった。

それでもマジメにつる姫の絵を模写して描き終えると、店主に
「さすがプロ!ぜひサイン入れて下さいよ!」
と言われ、
「いや、ボクの絵じゃないので、いいですよ」
と言うのがやっとだった。
笑顔がひきつっているのが、自分でもわかった。
精神も肉体も、実際ひどく疲れていた。

そういう心理状態で、先のエレベーターの1件に繋がるので、
恥ずかしさもひとしおだった、というわけでした。
あとで聞いたら、バイトの子は店主とデキてたそうだ。
死体にムチ打たれる気分だった。
[PR]
by mqusumi | 2008-03-16 18:47 | 恥ずかしい話

昭和のゴミ箱。

一昨日は夜まで暖かかったのに、昨日は夜になったら寒い寒い。
同じジャケットでいたら北風が骨まで凍みた。

で、今日は暖かい。
寒桜なのかな、早咲きの桜が近所にあって、青空に一本満開。
きれいだなあ、と近寄ったら、一昨日は菜の花にミツバチだったけど、
今日はたっくさんのメジロ。
メジロは桜の花が好きだ。
花から花へ、蜜を吸っているのか、飛び回る。
初めて都会でメジロを見たときは、ウグイスだと思った。
鴬色に見えたから。
でもメジロだと知った。
メジロはウグイスより小さくて、きれいで、見た目がカワイイ。
いつも和菓子みたいだと思う。
来るときは、パーッと群れで来て、サーッといなくなる。
桜の木の枝から枝へ忙しく飛び移りながら、花をつついているのが、
花の影に見え隠れするのを眺めているのは、楽しい。
楽しい、なんていってる自分が、ジジイのようだが、
コドモのようにも感じる。
a0099059_17423141.jpg

その近くで、昭和の忘れ物のごみ箱発見。
これ、どこの家の前にもあったなぁ。
空色のポリバケツとのマッチングも、いい雰囲気。
春めいて見える。
昔のような、今のような、春の光だ。
[PR]
by mqusumi | 2008-03-13 17:43 | 変なもの見っけ

トイレットペーパーでなく。

一昨日は三の輪のほうを久しぶりに歩いた。
夜になって、一軒のシブイ居酒屋に入った。
おばあちゃんが一人でやってて、独特の酎ハイがおいしい。
a0099059_1737435.jpg

店のトイレに入って、ビックリ。
紙が、昔のようなちり紙。
トイレットペーパーでなく。巻紙でなく。
まだこういう紙使ってるトイレがあることに驚く。
というより、まだこういうの売ってるんですね。
もうさすがに絶滅したと思っていた。
このドサッと感が懐かしい。
トイレ内にトイレットペーパーフォルダーを接地した跡は
一切無かった。

紙がそれ用の箱に入らないサイズな有り様も面白いが、
これは、
1.ちり紙のサイズが大きくなった
2.新しい箱買ってきたら、入らなかった
どっちなんだろう。

紙そのものは昔の覚えがあるものより、ソフトなような気がする。
トイレは一昔前の水洗トイレで、上の水槽が木の箱のヤツ。

店の中でケータイで写真を撮るのは無粋で嫌いだけど、
思わずポケットからケータイを出して写真の撮る。

20代後半から30代半ばの男女6人ぐらいの客が座敷で飲んでいたが、
居酒屋研究グループかなにかみたいで、酔っぱらって大声で、
いろんな古い居酒屋の有名店の話をしていて、うるさい。
「飲食店で別の店の話するなよ」
と思った。
[PR]
by mqusumi | 2008-03-13 17:40 | 変なもの見っけ

菜の花。

住宅地のブロック塀に沿って、菜の花がひとかたまり、咲いていた。
近くに寄って写真を撮ろうとしたら、たくさんのミツバチが
花から花へ飛び回っていた。
どこから来たのだろう。
どこに巣はあるのだろう。

房総半島ではもう花がたくさん咲いているのかな。
春の海を見ながら、電車に乗ってどこかに行きたい。

知らない駅で降りて、そっけない小さな旅館に泊まって、
翌日は白い灯台を見に行って、
ただそれだけで帰ってくるような旅がしたい。
そんな陽気。
a0099059_17205212.jpg


鈴木慶一さんの久しぶりのソロアルバム、
何度も聴いているうちに好きになって来た。
ボクは、85年頃作った曲をその時のギタリスト、ベーシストと、
4月5日のライヴでやってみることにした。
『知らない名前の木』という歌。
[PR]
by mqusumi | 2008-03-12 17:21 | こんなことがあった

活字の神様に会う。

昨日は取材で、活版印刷の活字の、一番もとになる原寸手彫りの種字の
彫刻師、清水金之助さんにお会いした。
今84歳。マッチ棒の先のようなところにも正確な明朝体のカタカナを彫る。
もちろん今はこういう仕事をする人も、できる人も少ない。
味のある、生きた文字が、目の前で彫られていくのを見て、感動。
ちょうどこの日記の文字ぐらいの大きさで、
鶴龜鶴龜鶴龜鶴龜
鶴龜鶴龜鶴龜鶴龜
鶴龜鶴龜鶴龜鶴龜
鶴龜鶴龜鶴龜鶴龜
とわずかな違いもなく彫られている。
昭和30年代にこの仕事はなくなっていき、
約50年、別の仕事をしていたが、印刷を研究する大学教授らに
「発見」され、印刷の生き証人として、また表舞台に出てきた。
自分でも、50年ぶりにやったら、1日で勘が戻って、
今も毎日できることに驚いているという。
細かい字を下書もなく逆半に彫っている(!)のを見て、
外国の取材の人が、驚いた揚げ句半ばヤケクソで、
「逆に正円なんかは難しいんじゃないですか?」
と言ったら
「そんなのわけない」
とその場でコンパスも無しに彫って見せたそうです。
ボクがその話に感心したら、さっそく彫って、なんとボクにくれました。
宝物です。
直径5ミリぐらいでしょうか。
正確な円。しかも、その線の太さが完ぺきに均一です。
どうなってるんだろう?
下書らしい下書きはなく、うっすらと中心線を十字に引いただけで、
30分足らずで彫り上げました。
一字一字魂を込めるそうだ。それは見ていればワカル。
○は文字・絵・デザインほか、全ての基本。
全然収集癖、所有欲の無いボクの、本当に宝物になった。
a0099059_18363232.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-03-09 18:44 | 感動した

豪快さんだ!完全版発売へ

泉昌之の「豪快さんだっ!完全版」(河出文庫)、
4月3日発売です。
単行本未収録の「炎の焼肉」や、別の単行本に入っていた、
「豪快さんH」、室伏(父)もビックリの「国際芸術先生」等も入った、
今見てもそうとう変、ものすごく変なマンガが多数収録。
泉晴紀描き下ろしの表紙イラストからして、ビンビンに泉昌之テイスト全開。
まだ泉昌之を知らない方、ぜひこの機会に。

4月5日(土)西荻窪w.jazで発売記念ライヴやります。
その時は、泉昌之の実写版映像「ロボット」「夜行」も
プロジェクターを使ってお見せします。
その時お会いしましょう。スケジュールにチェックを!
a0099059_1554832.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-03-07 14:38 | Liveの予定

最近買った絵本3冊。

a0099059_17354756.jpg

「こやたちのひとりごと」中里和人・写真/谷川俊太郎・文(ビリケン出版)
中里さんは、小屋の写真を撮り続けている人で、これがものすごくイイ。
全国の、いや国外でも、農家や漁村の小屋を撮り続けている。
小屋って、あるけど見ないでしょ。見せるために作ってないでしょ?
道具を置く場所として、便宜上、有り合わせの材料でこしらえてるでしょ?
しかも目立たないようなところに、ぽんと作られてるでしょ。
これがしみじみ見ると何ともいいのだ。
たいてい、ボロい。ツギハギ。錆びてる。小さい(巨大なのもある)。
でも並べてみると、何とも人間臭く、カワイイ。そしてユーモラス。
ここに、谷川俊太郎がその小屋の気持ちを、一行ずつ文を添えた。
さすが。笑う。そして泣ける。明るい笑い泣き。
時間と風雪が作り上げた、このやさしい絵本、多くの人に見て欲しい。

a0099059_17361616.jpg

「ことば観察にゅうもん」米川明彦・文/祖父江慎・絵(福音館書店)
ボクの「大根はエライ」と同じ、「月刊たくさんのふしぎ」の最新号。
装幀界で今や泣く子も黙る祖父江さんが、なんと絵本を作りましたよ。
祖父江さん自身が描く絵というのを初めて見たんだけど、
これがユルクて、でも無駄がなくて、かわいくてキレイなの。まったくもう!
もちろんデザイン的にも例の凝り性が全開。でも面白くて、楽しい。
でも内容もなかなかイイですよ、深くて新しくてわかりやすくて。
日本語って、人称代名詞が目茶苦茶多いですね。
ぼく、おれ、わたし、あたし、おいら、おいどん、うち、わて、わい…。
それから、昔と今では同じものをいつの間にか違う名前で呼んでる。
「ぼうし、マフラー、ベスト」は「シャッポ、えりまき、ちょっき」だった。
「とってもオイシイ」、と言う言い方もいくつあるでしょう?
トイレの呼び方もたくさんあるぞ。喋り言葉と書き言葉は違うね。
そんな、言葉を観察した子供向けの本。大人が読んでも面白い。

a0099059_17364691.jpg

「サヴィニャックのポスターA toZ」レイモン・サヴィニャック 日本語版監修・小柳帝(アノニマ・スタジオ)
名前を知らなくても、いくつか見れば「あ、どこかで見た」という、
50年代から70年代にかけてヨーロッパで活躍したイラストレーターで
グラフィックデザイナー。ポスター作家の巨匠、と言ったほうがイイか。
2002年に94歳で亡くなった。
代表作に、彼のポスター制作の格言が添えられてある。
全作品が、シンプル、きれい、わかりやすい。で遊び心がある。
自分とは全然違うけど、ときどき本棚から出して見ると、
頭の中が、一回ザーッと洗い流されるようでよい。


ところで谷口ジローさんとの共著「散歩もの」(フリースタイル)が
フランスとオランダで翻訳出版されることになりました。オタンダ。
[PR]
by mqusumi | 2008-03-05 17:39 | 感想

ライヴ満員御礼。

一昨日大井町、昨日は吉祥寺で、Q&Wのライヴ、無事終了しました。
日記を読んできてくれた方もたくさんいて、本当に感謝。
お店のライヴは、ライヴハウスと違う一体感があって、観客の反応が
すごく肌に感じられる。
ということは、同じように、やってるほうの気持ちがより繊細に伝わっているんだろう。
丸見えっすね。そこがコワイところで、醍醐味でもある。演劇と同じだ。
同じ曲をやっても、大井町と吉祥寺ではかなり反応も違っていた。

大井町ではプロジェクターが手放しに笑ってもらえたので、
初めてお会いする人達にもすんなり音楽に入り込んでもらえてよかった。
考えられないような間違いをしょっぱなにしたけど、それが自分にスイッチを入れてくれたような気がする。ちょうど満員。
演奏中にカレーとかシシカバブのイイ匂いがしてお腹が空いた。
ゲストにrokiさんのパンデロ。ブラジルのパーカッション。
「中魔神」や「テツコの部屋」がウケてた。
終わって気分よくビール飲んでて、気がついたらもう終電の時間。
美學校のS木クンが荷物運びの手伝いに来てくれていて、彼は千葉なので
仕事場の寝袋に泊る。

翌日は昼からマンガの仕事。
なんとか5時までに完成させ、会場の大茂に行く。
カーッとなって必死で描いてたので(自分で描くジャズライフのマンガ)
アタマの切り替えが大変(朝、マンガに移るときもそうだった)。
でも、昨日のことがあるので、いろんな意味で思いきりできた。
が、最近では本当に珍しくギターの弦を2本も切った。
切ったとき、ステージから降りて弦を張り替えていたら、
慌てててストラップ(肩にかける帯)を巻き込んで張ってしまった(大馬鹿)。
張り直すのは大変なので、ストラップのほうを外した。
でもライヴが終わったらお客さんにしっかりその一分終始を見られていて
笑われた。恥ずかしかったが、笑ってもらえたならいっか。
BlueHipとアレンジの違う「GAIJIN」と、
ゲストに駆けつけてくれたシャケのリコーダーが加わった
「シブイ店見つけた」が終わってから評判がよかったようだ。
でも「シブイ店〜」が終わったら、WAKAが
「俺、ちょっと」
というので、なにかと思ったら
「トイレ行ってくる」
とステージ(テーブル)を降りてトイレへ。
ミュージシャンで、ライヴの途中にトイレに行ったのを高田渡しか知らない。
(と言うのはウソで、10年前にも一度WAKAはライヴ中にトイレに行った)
打ち上げの席で、
「『シブイ店見つけた』で、クスミがエンディングいつまでもやりやがって」
と言ってたのがおかしかった。ションベン我慢してやってたんかい。

「中魔神」は自分のことだから全然笑えん!と立腹した中年男性観客約2人笑。
WAKAの「五十の塔」では発掘マンドリンを弾けてよかった。

大茂には、知っている人や懐かしい人、飲み屋でよく会う人や、
数年ぶりに会った人、初めてお会いできた人など、ほんとに多彩なお客さんで
席が埋っていて、非常に雰囲気が良かった。

二日終わったので、安心したのと疲れたので、かなり飲んだ。
あんなにビールがぶ飲みしたの久しぶりかも。酔っぱらった。でもイイ酒。
来て下さった皆さん、網タイツを履いてきてくれたRさん、ありがとう。

次のライヴは、4月5日(土)西荻窪の w.jazで、バンドライヴ。
またも続いて、4月6日(日)横浜 白楽の珈琲文明で、Q&W。
[PR]
by mqusumi | 2008-03-03 17:57 | こんなことがあった

まだ間に合います。

今日の大井町はスライドショー「ProjectorQ」もやります。
写真はその中の1コーナー「像deSHOW」の中から、
「ノイローゼ」の1部。新作です。去年香川に「ProjectorQ」を
やりにいった帰り、岡山の宮本武蔵で撮った素材を元に。
大阪とか京都とか名古屋とか松本とか、いろんなとこ行きたいなあ。


まだ間に合います!

Q&W(クエスチョン&ワカンナイ)
アコースティック・ライヴ。

3/1土曜日 7時開場 8時開演
於 大井町 ネパール料理屋【ポカラ】(の2Fで)
http://www.e-pokhara.com/index.asp
ライヴチャージ¥2500(予約先着20名さま特典つき)
※この日は「プロジェクターQ」として面白映像も見せる予定。

3月2日(日)6時開場6時半開演
於 吉祥寺 居酒屋「大茂」
武蔵野市吉祥寺南町1-1-8けやきビル3F 
予約・問い合わせ 0422-48-6838 大茂
吉祥寺公園口出て駅前の道を右手に約150m道沿い右側ビル3階。
1drinkとおつまみ付きで¥2.500円
a0099059_16364024.jpg

a0099059_1637554.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-03-01 16:37 | Liveの予定