<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

みうらじゅんDSに

みうらじゅんのDVD「みうらじゅんDS」の来年1月に出る3巻の
あとがき的コメント映像の収録が昨日あった。
いろいろバカ話をしたが、
「最近みうらじゅんみたいになりたいという若者が増えてますが」
という質問には
「今そう思ったら、あと20年かかるからやめておいたほうがいい。
20年間はウケないから」
と言っておいた。
あとはみうらくんとひとつの便器に同時に小便した話とか。
みうらじゅんというコレクターの作品(例えばこのDVDとか)を集めようとすると
気がついたら一生二度と観ない聴かない読まないもので本棚が
埋ってるからやめたほうがいい、とも言っておいた。
だしかにDS(どーかしてる)だな。

昨日は今週土曜日15日高円寺JIROKICHIのライヴのリハもあった。
総勢9人バンドは、かなりいい。
相当いい。
いや、大袈裟でなく。
細かいノリやアレンジも詰まってきて、ちょっとビックバンド的な
雰囲気も出てきたし、フリーなところも作ったし、笑えるし、独特だし、
ちょっとしたクスミ・オーケストラだよ。
「骨」とか、今まで色んな人と何十回やってきた中で一番カッコイイと思う。
多くの人にぜひ聴いて欲しいと思う。
記録しておきたい。

11月15日(土)高円寺JIROKICHI
6時半開場 7時半開演
♪チャージ2500円

1部
チェルノ&ブイリ/ 水島康宏vo.g 前田淳一dr 蔵本信也g カンサスb シャケkey
上坂宏哉pf 佐藤真樹子cho

2部
久住昌之wuth EbonyBee&grasshopers
久住昌之(vo,a.g )ヨースケKid(org) ヨッシー(b)井戸智文(dr)
石井多香志(e.g)
福原隆(tb) 加藤聡(T.sax) 樽屋伸(tp)フクムラサトシ(S.sax)
[PR]
by mqusumi | 2008-11-11 21:26 | Liveの予定

今週末もライヴですよ!

BlueHipと全然違うメンバーのEbonyBeeとの3回目のライヴ。
今回はホーンセクションが入って、よりゴージャスでファンキーですよ!
ボクもがんがんエレキギター弾かせていただきます。
しかも一緒にやるのが、モダンヒップ〜Q&Wで一緒にやってきたWAKAの
バンドEatSeaときてる。
EatSeaのメンバー見るとBlueHipのSheke、モダンヒップのベース武士さんにドラムの前田さんと、ほとんど身内ではないか。
ならば一緒になんかやろうというんで、最後にボクも加わって数曲やります。

11/8(土)19:00 open/ 19:30startCharge2,000+1drink
at BINSPARK(西荻窪)
http://www.turning-promotion.co.jp/bsp/

1部 久住昌之& Ebony Bee with Special Horns
2部 WAKA&EatSea

ボクらはブルースっぽくてファンキーです。
EatSeaもバカな歌、季節らしいイイ曲もやります。
絶対楽しい、来てよかった、な夜になることは間違いないです。
ぜひぜひお越しください。
[PR]
by mqusumi | 2008-11-05 15:36 | Liveの予定

高円寺の古書会館で。


昨日とはうって変わって高円寺西部古書会館で、トーク&ライヴ。
てっきり店の中でやるのかと思っていたら、店の外の道路に面した、
軒先で、ビールケースの上にベニヤを敷いて折畳みイスをのせた
特設舞台(苦笑)の上で話すのだった。正直言って身も心もサムイ。
でも寒い観客席にはお客さんもだんだんたくさん来てくれて、
往来を行くオバチャンたちの横目で見られながらいろんな話をして歌う。
この日のために作った「古本ブルース」もウケたし、
寒い中皆さん楽しんでくれたようで、よかったよかった。
終わってから来てくれていた知り合いと7人で高円寺「大陸」に行って飲み食い。
ここは大勢で長くいるほど不思議にどんどん安くなる店で、
食べて飲んで信じられないお会計。たぶんいつも間違ってるんだと思う。
それからもう一軒行って、ホッピーを飲みつつすっごく盛り上がる。
この打ち上げにようやく熱くなった今日のトーク&ライヴだった。
終わってみればイイ経験でした。

仕事場に戻って少し寝て、マンガの原作を描いて、WAKA&EatSeaのリハに。
8日のライヴが楽しみになる。今週土曜日、西荻窪BinSpark,
皆さん待ってます!
[PR]
by mqusumi | 2008-11-03 17:02 | こんなことがあった

横浜で市電うどん

2日は横浜の特設テントで横浜未来演劇人シアターの『市電うどん』の
前座(?)でミニライヴ。ひとりか栗ちゃんと二人でやるのかな、
と思っていたら、生演奏のミュージシャン全員と演奏できた。

オレ(歌・生ギター)
坂本弘道(のこぎり)
栗木健(パーカッション)
小森慶子(クラリネット)
原さとし(バンジョー)
斉藤哲也(ピアニカ)

考えたらすっごいゴージャスなメンバーだ。
チェロの坂本さんはチェロが動かせないので、なんとノコギリで伴奏。
小森さんのクラリネットが、曲にすごく合ってて、今度ぜひ一緒にやりたい。
原さとしさんのバンジョーも素晴らしい。パーカッションにもなるのか!
斉藤さんはもう20年くらい前から知っているのに一緒に演奏は初めてかも。
超満員315人のお客さんが盛り上がって手拍子してくれて嬉しかった。

さて『市電うどん』は70%がダンスで30%が芝居といった作品で、
テントとその外の空間をダイナミックに使った実に面白い公演だった。
70人もの出演者がウワーッと100mぐらい舞台奥に走っていって、
またドドーッと走って帰って来て観客の前で止まるシーンは、
理屈抜きで本当に可笑しくて腹から笑ってしまった。
振り付けの石丸だいこさんの芝居が素晴らしく独創的。
生演奏は本当にイイ。ナマモノの演劇とグルーブが重なって、ウネリが出る。
本当に身も心も芝居に巻き込まれる感じ。
ありものの曲のMD操作の音楽は、憂名曲であるほど予定調和で退屈になりがち。
やっぱり生演奏のオリジナル曲が断然いい。
坂本さんの楽曲も感動的で、栗ちゃんのドラムは見直すぐらいよかったぜ。
打ち上げは同じテントで、加藤千晶さんや天野天街さんにも会えた。
来年は名古屋に少年王者館をぜひ観に行きたい。
[PR]
by mqusumi | 2008-11-02 16:53 | こんなことがあった