<   2008年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

1月の予定。

まだ描いてます。
しかしティッシュケース、完全に手放したくなくなりました。
彫刻刀で文字を彫って、色を塗って、ニスで仕上げ。
掘った線に金色とか塗り込んでいくの、面倒くさいけど
できあがるとやっぱりいいんだ。
売りますよ、安く。

1月もじゃんじゃん予定入ってます。

1月5日(月)大泉学園 inF でライヴ。
以下、inFのブログよりコピペ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「11・13」の超大盛り上がりを受け、同日即決定していたものでが、
改めて、ここにUPさせていただきます。

1月5日(月)pm8:00〜(2ステージ)
『in F』@大泉学園
http://in-f.cocolog-nifty.com/blog/inf/index.html

久住昌之(g、vo)
坂本弘道(vc、electronics、他)
栗木健(perc)

チャージ¥2800(+オーダー)
「学割」¥2000(同)

※「うた・演奏」だけでなく、
スライドを使った、各種「トーク・ショー」も炸裂します。
坂本弘道さんの「名刺的(^_^;)過激パフォーマンス〜チェロ火花」
今回も爆裂するのか、、、。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ハッキリ言って、物凄く面白いです。
でも前回同様、どうなるか全く予想付かず。なにしろフォークフリージャズ、ですから。坂本さんのチェロは素晴らしいです。そして時にクレイジーです。ボクも負けずに目茶苦茶になるでしょう。

1月6日(火)から1月18日まで
信濃町 the ArtcomplexCenter of Tokyo で
久住昌之展『ピーピーボンボンの庭」。
ボクの油絵と、オリジナルグッズの展示販売。
写真のティッシュケースや、ハンガー、タオル掛け、手鏡、
時計、お盆、マラカス。全部一点もの。
もう、ハッキリ言ってすっごい、イイですよ、自分で言うが。

6日(火) 7時からオープニングパーティ
10日(土) 6時半から会場でミニライヴ
17日(土) 6時半から会場でミニライヴ

1月25日(日)大阪montageで
       江口寿史、泉晴紀とトークショー。
       超貴重で超面白い映像持っていくぜ!!!!
       しかも京都からGOCCIが来てBlueHipミニライヴ付き。
関西方面の皆さま、これは来ないと一生後悔するよ〜。

その合間を縫って、遅れていたソロアルバムの録音を終わらせる予定。

つーわけで、今年と来年は完全につながってます。
a0099059_024288.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-12-31 00:24 | Liveの予定

まだ描いてる。

昨日の夜は、大きな絵が難航して何度も何度も、
「もうダメだ、失敗、やめようか」
とくじけそうになった。
でもなんとか持ちこたえて今日になった。
もう一日がんばろう。
ダメだったら明日もある。明後日もある。
なにも正月は絵を描いちゃいけない決まりはない。
大きな絵は(といっても部屋で描ける程度だが)、
立ち向かう、という感じがする。
まあ、ピーピーボンボンの「原作コンテ風油絵」なんだけどさ。
a0099059_0262287.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-12-30 00:25 | こんなことがあった

来年元旦早々一発目のドジ決定!

来年の年賀状は6日からの展覧会のDM。
なので、今度こそ誤植が無いように入念にチェックして
印刷所に入れたつもりが、昨日印刷所から届いて
今日宛名書きして出そうと思って、早くも大誤植発見!
しかも肝心な肝心な展覧会のタイトル!!!!!

「ピーピーボンボンの庭」という展覧会なのに、
堂々と
「ピーポーボンボンの庭」
になってる!
a0099059_2321792.jpg

やだやだ、ピーポーボンボン。
ピーピー!ピーポーやだ。
でも己のバカさに、ひとりで大笑いして涙出ちゃった。
初笑いはボクからの年賀状になる人もいるのか。

画像はハガキの問題の部分。
裏はちゃんとなってる。どっちなんだ。混乱する。よくない。
どうしてこう大事なとこで大きなミスをするかね。
一生治らないな、強度のオッチョコチョイ症。
こういうバカで年が明けるのも、よかろう。とほほ。
[PR]
by mqusumi | 2008-12-28 23:02 | 恥ずかしい話

グッズ作り。

仕事の合間に、グッズ作りも進んでいる。
今日はマラカスが完成。限定二組。
10色ぐらいで、数日かけてコツコツ描いてニスを塗って仕上げたもので、
すでに手放したくなくなってる。
でも今回のコンセプトは「ボクが自分でそばに置いておきたいグッズ」なので、
ホントにどれもこれも気に入っている。
でも3000〜1万円で惜しげもなく売ってしまうつもり。売れなくてもいい。
ハンガー、ティッシュケース、郵便受け、タオルかけ、お盆、などが
数は少ないけど着々とできている。
1月6日から18日に信濃町The Artcomplex Center of Tokyoの
ボクの展覧会「ピーピーボンボンの森」で販売します。
a0099059_111263.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-12-27 01:11 | こんなことがあった

糸あやつり人形劇に感動!

昨日は新幹線で静岡に行き、静岡芸術劇場でSPACの
「糸あやつり人形芝居 平太郎化物日記」作演出美術プラン・天野天街
を見てきた。
行きの新幹線から見事な富士山が見え、幸先よいと思っていたが、
本当に本当に行ってよかった。

芝居の面白さというのは、体験しないとわからないもので
文字で書くのももどかしいが、おもしろくて感動した。
糸操り人形に、こんなことまでできるのか。
大好きな「稲生物怪録」を下敷きにしているので、とにかく毎夜毎夜、
お化けがでるわけですよ。面白いに決まってる。
人形も工夫の連続で、いったいどうやってるのか、驚きと笑いが絶えない。
最後はデカいホールをバーンと使って宇宙的な広がりを見せるなど、
ほんとうにアッパレな糸操り芝居だった。
なにより終わってみて、その人形やセットの小ささに驚く。
大きさ、スケール感、遠近感がわからなくなって、頭がくらくらした。
行ってよかった。

天野さんに御挨拶もできたし、
加藤千晶さんや、名古屋のトトコちゃんにもお会いできてラッキー。

帰りは静岡市内を歩き回って、なんかいい店が無いか貧乏性取材。
でも見事いい店発見、今一つ詰めが甘く、止まってたマンガ原作を
一気に思いつく。来てよかった。
[PR]
by mqusumi | 2008-12-27 00:14 | 感動した

教室で鴨鍋。

今日は美學校の今年最後の講義。
毎年教室で鍋をやる。
今年は鴨鍋。
高い合鴨を買っていって、ゴボウやネギやセリや豆腐や油揚や切りたんぽと
デッカイ鍋で煮る。この日はOBも来て20人ぐらいにはなるのだ。
おいしくて温まる!
あとからうどんやら入れてお腹一杯になったら、恒例の久住ビンゴで盛り上がる。
なんと今日は偶然クリスマスイヴ。
いいイヴだったす。
[PR]
by mqusumi | 2008-12-24 00:49 | こんなものを食べた

ライヴ納め

昨日は二子玉川・ライラで、ライヴ納め。
ProjectorQも大ウケで、ライヴも盛り上がってよかった。
荊尾浩司が今回帰省による不参加だったが、
Shakeが生ピアノ・トイピアノ・ピアニカ・シンセサイザーを駆使して
多彩な彩りを与えて面白かった(写真・勝手にもらったShakeゴメン)。
サックスのフクムラサトシが入った「JOJO MARY」がすごくイイ。
今回、横浜未来演劇人シアターで会った役者の百地香織さんが2曲
コーラスとパーカッションを手伝ってくれて華を添えてくれた。
モモちゃん3Q!
終わってお客さんも交え軽い忘年会。でもみんな終電で帰る健全な08年仕様。
ボクはShakeの車に乗せてもらった。来てくれた皆さんありがとう。
偶然入ってきた若いカップルもすごく楽しそうでよかったなぁ。
BlueHipは来年もやるよ〜。
[PR]
by mqusumi | 2008-12-22 00:43 | こんなことがあった

今年最後のライヴ

今年最後のライヴが決定しました。

12月21日(日)
二子玉川 バー ライラ
http://lialeh.net/
6時開場 7時開演 
料金は投げ銭制!

出演 久住昌之&BlueHip
久住昌之(Vo&G),Shake(Kb&Cho),多田和弘(WB),
荊尾浩司(Per),栗木健(Per)

今年最後ということで、ゆるく楽しくでも盛り上げてやります。
スクリーンがあるということなのでProjectorショーもやります。
ライヴハウスではにのですが、いい感じの店です。 絶対楽しいですよ。
料金も安いのでみんなで盛り上がって忘年会っぽく楽しみましょう。
ニコタマで待ってます。
[PR]
by mqusumi | 2008-12-09 14:22 | Liveの予定

ロボ道楽

とり・みきさんから新刊『ロボ道楽の逆襲』が送られてきた。
カラフルでポップな表紙がすごくいいのでさっそくめくると
いろんなギャグマンガの断片みたいなのが切り貼りされたような
オモシロイ構成。とりさんはDJもすごくうまいんだけど、
そのセンスにすごく近い。bpmを合わせてポンと別の曲に乗り換えるような
おっとそう来たかキモチイー!な不思議なマンガだった。
あとで読んだら、本当に昔描いた自分のマンガを切り貼り(?)して
描き下ろしを加えて作ったらしい。
後半のパロディものも盛り上がってよかった。
とにかく一冊を通して、ボクの知っているとり・みきさんのセンスというか
面白さにすごく近い感じで、とりさんそのものに思えた。
だからこそ懐かしネタも本当にボクにはシミましたね。
背景の描き込みも素晴らしい。まだ洗練が進んでる。
面白かった〜。
a0099059_17180100.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-12-08 17:18 | 感想

見て見て見て

このなりふりかまわなさが面白い。
「ファミリー」という名前の店のようです。
a0099059_1742147.jpg

[PR]
by mqusumi | 2008-12-07 16:59 | 変なもの見っけ