<   2009年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

スペシャルゲストします。

3月21日、以下のイベントにスペシャルゲスト扱いで
出演することになりました。
スッゴイメンバーで、めちゃくちゃ豪華で楽しいイベントですよ!
ぜひぜひ見に来てください。出演者の数もすごいし、
演出もダンスも音楽も素晴らしいです。夢のようです。
こういう人達と編み目のように繋がっていくときはやり続けてきて
よかったなあ、と思います。
そんなわけで、D-35を弾きまくってた夜でした。
いや〜楽しみだ。バカな歌、楽しい歌、いろいろやらしてもらいます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

横浜未来演劇人シアターPRESENTS『横浜メリー・ゴーラウンド』
横浜大ドレイ市場3&スペシャルライブ
3月20
17:00〜
横浜大ドレイ市場3
 ※ここまでは入場無料
19:30〜
時間の秘密コンサート
〜太陽系よりも遠く銀河系よりも広く〜
演奏
 白崎映美(ボーカルfrom上々颱風)
 原マスミ(ギター、ボーカル)
 坂本弘道(チェロ他)
with
 栗木健(打楽器)
 小森慶子(サックス他)
 川口義之(サックス他)
※オープニングアクト
MASCA/てるり(ボーカル、こどもピアノ)+てそん(ギター、コーラス)
料金
 当日2500円(1drink)
 ご予約2200円(1drink)

21日
16:00〜
横浜大ドレイ市場3決勝
 ※ここまでは入場無料
18:30〜
「市電うどん」大感謝祭!
復活!うどんバンド&石丸だいこ
演奏
 坂本弘道(チェロ他)
 栗木健(打楽器)
 斎藤哲也(キーボード他)
 小森慶子(サックス他)
 川口義之(サックス他)
 原さとし(バンジョー)
with 白崎映美(ボーカル)
スペシャル・ゲスト 久住昌之(ボーカル、ギター)
ダンス
 石丸だいこ
 日与津十子(少年王者館)
 水元汽色(少年王者館)
 雪港(少年王者館)
 横浜未来演劇人シアターメンバー
 「市電うどん」メンバー
料金
 当日2500円(1drink)
 ご予約2200円(1drink)
 二日通し券ご予約4000円(2drink)
横浜BanKART Studio NYK
横浜市中区海岸通3-9
045-663-4677
http://www.bankart1929.com/

横浜大ドレイ市場とは、芝居のドレイと見立てた横浜未来演劇人シアターのメンバーがいくつかのチームに別れて芝居を作り、お客様に評価をしてもらい売り込む市場。
[PR]
by mqusumi | 2009-02-28 14:20 | Liveの予定

食べてきました。

例の「豆腐バタ焼き」の「めんちかっ定食」の「生みぞれ焼き」の「発泡冷奴」の店。

根津にある「和幸」という定食と弁当の店です。
のれんにデカく「めし」と染め抜いてあって、結構、野武士なムード。

サンプルをよくよく見て驚いたのは「みぞれ焼き定食」の
例の生肉に見えたサンプル、ろう細工でした。
さらに意味ワカンナイ(もちろん実物は焼き肉大根おろしのせだった)。
定食の組み合わせは毎日変わっているようだ。
かの「冷奴」はサンプルケースの中に無かった。
「たい焼き定食」も無かった。

中に入るとおばちゃんが「いらっしゃい〜」と
昔っぽい湯呑み茶碗でお茶を出してくれた。
この人の旦那であろうピカソのような白髪ハゲのじいちゃんが、
厨房でほとんどの料理を作り、息子っぽい大男が手伝ってる。

ボクは結局「豆腐バタ焼き」は食べなかった。
前にWAKAに「豆腐バタ焼き」はいわゆる「豆腐ステーキ」のこと、
と言われて、な〜んだ、そうか、あれか、とちょっとがっかりしてたから。

「あじフライ定食」を食べました。
注文されてから揚げるアツアツのあじフライが、おいしい!
パリッとしてサクサクでこうばしくて。ご飯に合う合う。
サンプル、マズソウ。実物はもっと大きくてウマイゾ!
a0099059_15231067.jpg

目玉焼きと、スパゲティサラダと、とろろいもと、お新香と
大根と豆腐の味噌汁、大盛りのご飯で850円は安い。
漬物がウリの芥子漬けみたいので、いいアクセントになり、ナイス。
結構ボリュームあり、お腹一杯になった。
家庭的な味で、おいしい。近所の人でにぎわってた。
弁当を買いに来る人も多かった。
地域にしっかり根を張ったいい店だと思う。

ボクはカウンターに座ったのだが、隣の人が「A定食」を頼んだ。
今日の「A定食」は、くだんの「豆腐バタ焼き」と海老フライなのだ。
しめた、と思って厨房の中を盗み見してたら、わかった。
「豆腐バタ焼き」は、「豆腐ステーキ」では無いぞ、WAKA。
あのサンプルとも、違う。

「豆腐バタ焼き」とは。
親子丼や卵とじを作るときに使うひらたい小さな鍋、
あれにナイフでゴッソリ取ったタップリのバターを敷き、
そこに手のひらでサイコロに切った豆腐を入れ、
もやしや千切りの野菜を適当にのせ、
味の素をじゃんじゃんじゃんじゃんじゃんとタップリふって、
醤油をたーっとかけ回し、フタをしてしばらく煮たものだった。
「焼き」じゃないじゃん。
でも頼んでる人が他にもふたりいたから人気メニューかもしれぬ。
でも俺はあんまり好みじゃないかなぁ。

ピカソは(もうあだ名化してる)、完全に女物のエプロン、
黒地に薔薇の刺繍の施されたの、を付けて真面目に料理してて、
よく考えるとすごいオカシイ。なんじゃそれ。
ピカソ、いい。ピカソいい味出してる。ピカソ、目ぎょろぎょろ。
ピカソの息子と口がおんなじ。

この辺は何度も歩いていて、並びの居酒屋にも入ったことがあるのに
気付かなかった。ウレシイ、店です。
千代田線根津駅すぐそば。根津交差点の吉野家の裏。
[PR]
by mqusumi | 2009-02-27 15:24 | こんなものを食べた

増刷御礼。

「孤独のグルメ」文庫版。
ちょっとづつ、ちょっとづつ、そーっと本屋の片隅で、
10年途絶えることなくときどーき増刷を続けてきて、
めでたく新装版も出たのに、まだ動いてることは素直に嬉しい。
27刷。
読んでくださってるすべての皆さん、本当にありがとうございます。
a0099059_14154376.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-02-27 14:10 | こんなことがあった

玉子焼きとサラビス。 koneta

玉子焼きにも「玉子焼き」と、書かずにはいられない例の食堂の店主。
これは見ればわかるのでは・・・。
でも、紙に書いているので、本体が見えない。
どうなってるんだ。
a0099059_23454037.jpg

しかも隣りの店では「サラビスランチ」を出している。
a0099059_2346813.jpg

もう我慢できない。
明日調査に行ってきます。食べてきます。
だってこんな↓メニューがあるんだよ。バタ焼きだよ。なんかマズそうだよ。
a0099059_23515548.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-02-24 23:52 | 変なもの見っけ

今度は発泡スチロールの冷奴だ!

例の「たい焼き定食」の店がまたやってくれました。
発泡スチロールの冷奴です。
さすがにわからないかも、との危惧からか、マジックでデカデカと書いてる。
a0099059_16355929.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-02-22 16:36 | 変なもの見っけ

ヒルタナユミと魅惑の東京サロン

ボクの「オーケストラQ」のメンバーのベース・ヨッシーと
トロンボーン・福原タカシとサックス・かとうさとしが所属する、
「ヒルタナユミと魅惑の東京サロン」のライヴを、渋谷の
セルリアンタワーの2Fにあるジャズクラヴに観に行った。

このバンドは基本的に昭和歌謡をベースにして、独自にR&Bやジャズ色を
加えたバンドだけど、面白かった〜!
この日はワンマンだったので、ショーとしても実に構成がよくできてて
さすが長いことやってるバンドだと思った。
ヒルタさんの高い歌唱力も当然ながら、それを最大限に引き出す
バンドのまとまり、遊び心が全編ちりばめられていて全然飽きない。
福原さんがあんなに歌がうまい上、ジャンベまで叩くとは!
R&Bの秋田音頭はパロディにとどまらずキッチリ練り上げてあり、
大笑いだけでなく、コーラスやキメがかっこいい。
かとうさんも、な〜んだ、フルート吹くんじゃん!
「アカシアの雨がやむとき」ああ、なんて悲しくも美しい歌なんだ。
60年代の名曲を本当に今現在に生き返らせていた。
刺激されまくり。
次のオーケストラQがもう楽しみになってきた。

こういうの観ると、元気ももらうし、自分ももっとガンバローとか
ホント単純無邪気に思っちゃいます。音楽ってスバラシーナー。
↓ヒルタナユミと魅惑の東京サロンHP
http://www.neppu.com/
[PR]
by mqusumi | 2009-02-21 16:26 | 感動した

普通のもやしそば

今日も寒い。
こんな日の昼は何を食べようか。

三鷹で、入ったことの無い地味で普通な中華屋に入ってみた。

結構古そうで、でものれんが洗いざらしでキレイ。
中に入るとお昼時で近所のサラリーマンやガテン系の若者で
賑わっていて、店のオヤジが一人で「いらっしゃい!」と奮闘していた。

半チャンラーメンを頼むんでいる人が多い。
タンメンにしようか迷ったけど、ここはしばらく食べていない
「もやしそば」600円にした。

もやしそばは、もやしラーメンのことだが、
なぜかそばという名前にしているところが多い。
たしかに「もやしそば」のほうがその見た目や味にも似合う。

もやしそばは、もやしと少量のタマネギとニラとニンジン、
それに豚ばら肉を、ちょっと片栗粉が入れてとろみをつけて炒め
醤油ラーメンの上にのせたものだ。
ゴマ油も少し入っていて、香りもよく、この具が膜になって
ラーメンがなかなか冷めないので、冬場は体が温まる。
というか、慌てて食べると口の中を火傷する。

でももやしのシャキッとした歯ごたえと、そのまわりのわずかなとろみが
実に相性が良く、醤油味にも合って、寒い日にはピッタリだ。
下から麺を引きずり出して、具とともにズルズルッとやると最高。
これはラーメンとはまた違う食べ物だ。
たまにでてくる豚ばら肉もおいしい。

とろみが多すぎるとラーメンが台無しになるので、勝負の一品。
この店のは、とろみもゴマ油もほどよく、麺がやや細めんの
やや縮れ麺ながら、意外にしっかりした麺で、最後までおいしかった。
大正解。
丼がまた、内側の縁に黄・赤・青緑の三色の中華マークが
並んでいて、それが年季が入ってちょっとかすれていて、気分だ。
オヤジの顔も年季入ったラーメン屋づらで、グッとくる。

待ってるとき、カウンターの下に古雑誌でもないか探ったら、
無かったのだが、その様子を見たのか、隣りのサラリーマンが帰るとき
「これ、読みます?」
と自分のカウンターの下から「週刊現代」を取り差し出してくれた。

満足のお昼だった。「普通」の外食のありがたみ。
a0099059_16304292.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-02-20 16:32 | こんなものを食べた

めんちかっ定食

例のたい焼き定食の店、第三弾。

「めんちかっ定食」
つが小さい。メンチも平仮名。
メンチじゃないのかもしれない。
「めんちかっ」
というのものなのかもしれない。

別の日、めんちかっそのものに
「めんちかっ」
と書いてあった。
しかも見たところハンバーグのように見える。

なにより、ビニールに入っていて、まずそうなのだが。
a0099059_1614832.jpg

a0099059_16143978.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-02-18 16:10 | 変なもの見っけ

生肉サンプル

昨日の日記の「たい焼き定食」、もちろん、
鯛の塩焼き定食だと思われます。
(キンタのは実話だが)

し・か・し!
たい焼き定食の店はタダモノではないようです。
上のサンプル、見てください。
「みぞれ焼き定食」。
この肉、生です!
生肉に大根おろしをかけた現物をサンプルにしてる。

実物サンプルの店はときどきありますが、
「みぞれ焼き」なんだから、焼くでしょう普通。焼こうよ。
気持ち悪いよ。
a0099059_16225746.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-02-17 16:16 | 変なもの見っけ

キンタの定食屋

QBBの『中学生日記』読んだ人しかわかんないけど、
キンタの弁当の定食発見、の写メをいただきました。
おおっ!
キンタの弁当とは、中学の時の弁当のおかずに、なんとたい焼きを
持ってきたという実話にもとずいたマンガです。

a0099059_1665765.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-02-16 23:54