<   2009年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

UJTのトークショーで財布をなくす。

昨日は渋谷のタワーレコードで、
ヒップホップでマンガ家のUJTの単行本「ブレイクタイム」発売記念
サイン会&トークショーに出演した。

面白かった〜。
まず最高だったのは、ヒューマンビートボックスのAFRAの
口リズムボックスが生で聴けたこと。すっごいですね。
思わず楽屋でやり方聞いちゃった。できゃしないけど。
http://www.youtube.com/watch?v=qtCjiC3cEJw&feature=related
トークは、まー、いつもどうりというか。
たいしたこと話せないっすよ、俺ごとき。
でも楽しかった。お客さん立ち見も出ていっぱいだったし、みんな笑ってたし。
主役の「ブレイクタイム」がユル面白いヒップホップマンガだからね。

最後にAFRAと即興で思わず一緒に口ドラムごっこやったのは
楽しかった。いつか坂本Q一と一緒にやらせてみたい。

でもボクのライヴにもゲスト出演してもらう約束しちゃった。
お楽しみに!

さて、お楽しみと言えば打ち上げだったんだが、
いろんなマンガ家やミュージシャンと話せて、
それはいろいろ面白かったが、いざ帰ろうとしたら、
財布が無い!
2軒の店を探したけど無い。
各種カードも入ってるし、今は保険証まで入ってる!

現金をちょっと持っていたんでそれで帰ったが、
心配で落ち着かない。
でもあんまり動いてないし、着替えても無いし、
タワレコで貴重品を預けたりしたときぐらいか。

寝たら、それが昨日飲んだ居酒屋の思わぬ窓際に置いてあり
「ああ、よかった!みんなに言わなきゃ」
という夢を明け方見て目が覚め、夢と知ってなおさら心配に。

もう一度寝たら、編集者から「見つかりました」という電話があって
「そうですか!」と言ったら、目が覚めた。また夢だった。

こんなこと初めて(こういうぬか喜びの夢続けてみること)!

そしたら朝10時半頃、UJTから電話がかかってきて
タワーレコードの控え室にあったそうだ。

ホントにホントによかった。
ご心配かけた皆さんゴメンナサイ。
なんでこう忘れんぼでおっちょこちょいなんだろう。
とほほ。

というわけで、渋谷に財布を取りにいき、
帰りに井の頭線途中下車して「たんたん亭」で、
変な時間のラーメン。おいしかったぁ。
ここのラーメン、なんでこうホッとする味なんだろう。
財布があって、安心した心に、よけいやさしくしみた。
[PR]
by mqusumi | 2009-06-15 19:04 | 恥ずかしい話

本日渋谷タワーレコードでとーク

本日14日の日曜日の4時から渋谷タワーレコード7階で、
HIPHOPやりながらマンガ家でもあるUJTさんの
「ブレイクタイム」(イーストプレス)の発売記念トークショーに出ます。
何話すか全然決めてませんがよろしくお願いします。
きっと面白いような気がします。お暇な人はぜひおいでませ。

http://www.mangatronix.com/ujt/event.html


来週の土曜日6月20日夜7時から
武蔵関のJEAN'S KITCHENで、久しぶりに
久住昌之とBlueHipのライヴをやります。
京都からにGOCCIが上京、フルメンバーは1年ぶりか?
楽しみだなあ!!!
http://r.gnavi.co.jp/p597700/
↑あ、このお店紹介の写真に写り込んでいるのは
 BlueHipのクリシャケラオではありませんか。
[PR]
by mqusumi | 2009-06-14 00:07 | Liveの予定

聞いてないぞ〜。

cossamiのお二人からメール。
タワレコで、キヨシローとチャボの「Glad All Over」のDVDを発見、購入と。
まぎれもなくボクの「ラフレシアのルラータさん」がでかでかと使われてる。
a0099059_13553299.jpg

でも、これがDVD化されたって、聞いてないよ〜。
二次使用料とかないんですかね、こういうイラストには。
このDVDのジャケットデザインした人がいるわけだし、
その人はちゃんとお金もらってるはずだものね。
LPジャケットをそのまま縮小したんならまだしも。

どうでせう。
[PR]
by mqusumi | 2009-06-09 13:56 | こんなことがあった

線が嫌い。

一昨年の暮れにテープレコーダーに録音したリズムトラックを、
デジタルデータに変換してPCに移す。
でも16trackあるそれを移行するその配線は、間にいろんな機械が入って
それを繋いでるのを見ているだけで肩が凝ってきた。

配線嫌い。
後ろの配線嫌い。
それがごちゃごちゃになってホコリまみれになってんの嫌い。
配線換えるの嫌い。
そのための設定とか大っ嫌い。
それ考えると引っ越しも嫌い。になる。
ようやくつないだのに、音とかデータとかが「来ない」の大嫌い。
それで、いろいろやって時間がたってくのが大大嫌い。
いつの間にか部屋が暗くなってるの大大大嫌い。
でも結局どこが悪いんだかわかんなくて、翌日に持ち越すの超嫌い。
そこまでの時間が全部むだだったのが耐えられない。
で、後日「詳しい人」に来てもらって、やってもらって待ってる時間が嫌い。
その人にも原因が分かんなくて時間が立つのに自分は見てるだけなのが嫌い。
その人に悪くて悪くて、頼んで申し訳なかったという気持ちが激嫌い。

だから、配線嫌い。
裏の配線嫌い。
線嫌い。
電気嫌い。

今日のスタッフは何十本というケーブルを
何事もないようにさくさくと繋いで設定して取り込んで、
外してさっさときれいに片付けて、涼しい顔で帰っていった。
かっこよすぎる。
a0099059_1836505.jpg

でも、ボクの脳みそというのは、何億という配線のカタマリそのものなんだよね。
[PR]
by mqusumi | 2009-06-08 18:37 | 恥ずかしい話

今日はライヴ。と、おまけにIMO。

月6日(土)
18:30open /19:00start
¥2000+drink
西荻窪・w.jaz 
http://www.wjaz.info

出演
1◎稲葉篤史(ソロ)
2◎久住昌之&Ebony Bee
3◎WAKA&EatSea

久住昌之&Ebony Bee

クスミ(vo.&ag )
 石井多香志(eg)
 ヨースケKid (org)from EbonyB&Glasshoppers
 ヨッシー(b) from EbonyB&Glasshoppers
 井戸智文(dr)from EbonyB&Glasshoppers
 フクムラサトシ(t&s.sax)

 今回のテーマはRockだ!ビシビシいくぜ!

※WAKA&EatSeaは、ボクがモダンヒップ時代一緒にやっていたWAKAのバンドで
 今日は、モダンヒップ時代の名曲の数々をやるらしいです。絶対面白いよ。
 「3949ベリマッチ」とか「お昼のララバイ」とか「Memory Lovehotel」とか。
 ひそかにcossamiに歌って欲しいなと思っていた、「トリとボク」というのもやるそうだ。
 ボクが一番楽しみだったりして。

(おまけ)
先日ギャラリーで坂本Q一がIMO(イチロー・マリック・オーサダハル)として
おこなったゲリラライヴの映像が、はやくもYouTubeにアップされてました。
ボクはこのとき会場にいなかったので(ウケた噂は聞いていたが)、
ここで初めて見ました。笑った。バカすぎる。
「PRINCE」という歌が結構よかった。 カバーしようかな。
帰り際に「今度クラフトワークの「マン・マシン」やるよ」と言ってた。
坂本Q一は、生ギター一本でテクノをやる、フォークの旅人。声がボクに似ているとよく言われる。






[PR]
by mqusumi | 2009-06-06 14:10 | Liveの映像

泉昌之の。孤独のグルメCDの。週末ライヴの。

今日は早起きして泉昌之の新刊の装丁。
それにしても和泉晴紀(泉晴紀改名したらしい)の描いてきた 表紙絵がすごすぎる。
a0099059_2316854.jpg

クレイジーだ。あっぱれだ。想像をはるかに超えてる。
そうこなくちゃ。レッドマンは普通じゃない。スバラシイ。
今回は装丁はボクなので、この狂気に冷静に答えてこれを活かさねば。


今週号のSPA!実は現物を今日初めて読んだ。
「孤独のグルメ」CDドラマの宣伝が1P出ていてビックリ。
↓ここも見てみてください。
http://spa.fusosha.co.jp/kodoku/
ボクの音楽も快調録音中。来週には録音終了予定。
ドラマ録音当日には、ボクも立ち会い、
ついでにちょっと声の出演もすることになった。 だ、誰の役なんだ?
また、予約特典のグッズも作られるようだ。
ほかにも、付随していろんなことが計画されているようで、楽しみ。
実際早くも予約が結構入っているらしい。発売は9月だが。
a0099059_2318390.jpg


そんで明後日土曜日は、西荻窪でライヴ。
先週はギャラリーで3回のアコースティック・ミニライヴを
やったけど、今週はバンドでガッツリ、ロックのライヴだぜ。
観に来てね〜。

6月6日(土)
18:30open /19:00start
¥2000+drink
西荻窪・w.jaz 
http://www.wjaz.info

出演
1。稲葉篤史(ソロ)
2。久住昌之&Ebony Bee
3。WAKA&EatSea


久住昌之&Ebony Bee
 クスミ(vo.&ag )
 石井多香志(eg)
 ヨースケKid (org)from EbonyB&Glasshoppers
 ヨッシー(b) from EbonyB&Glasshoppers
 井戸智文(dr)from EbonyB&Glasshoppers
 フクムラサトシ(t&s.sax)

このバンド、結構本気でカチョヨイよ!
(そうだ、6日、できてるカラオケで一番だけ「孤独のグルメ」のテーマ、歌おうかな)
[PR]
by mqusumi | 2009-06-04 23:21 | Liveの予定

「孤独のグルメ」新作。

とりあえず評判は悪くないようでホッとした。
前回の入院編はエキストラで、今回のは普通に「孤独のグルメ」の新作なので、
実はファンの読者の期待に答えられるかプレッシャーがあって、
自分をできるだけ平常心に、肩の力を抜いて、馬鹿馬鹿しいマンガを描く気持ちに
するのに案外苦労した。
先日も同窓会で「お話ができなくてすごく苦しい時ってないんですか?」とか
言われたけど、マジメなストーリーマンガならともかく、
馬鹿馬鹿しいマンガはそんな苦しい辛い気持ちではできない。と思う。
どんなに追いつめられても、身時かな人に冗談を言えるゆるさがないと。

それでもマンガが雑誌に載って書店に並ぶと思うと、
今回は発売前に結構緊張したな・・・。ああしておきゃよかったかなとか、
「つまんなくなった」といわれやしないかとか。
気が小さくなってしまってましたわ。

とりあえず、ほっ。
[PR]
by mqusumi | 2009-06-03 15:02 | こんなことがあった

今週末はライヴ。

今週の土曜日はバンドのライヴ。
僕らのバンドは2番目の登場。
あとのWAKAのバンドも面白いよ。

ボクのバンドのメンバーは、オーケストラQからホーンセクションと
パーカッションがいなくなったバンドといえばよいか。
いわば「久住昌之と小ケストラQ」

6月6日(土)
18:30open /19:00start
¥2000+drink
西荻窪・w.jaz http://www.wjaz.info

出演
◎稲葉篤史(ソロ)
◎久住昌之&Ebony Bee
◎WAKA&EatSea


久住昌之&Ebony Bee

クスミ(vo.&ag )
 石井多香志(eg)
 ヨースケKid (org)from EbonyB&Glasshoppers
 ヨッシー(b) from EbonyB&Glasshoppers
 井戸智文(dr)from EbonyB&Glasshoppers
 フクムラサトシ(t&s.sax)

今回はワイルドにロックっぽくやろうかなと。
↓このパーカッションがいないのが今回のメンバーです。
たぶんこの曲もやります。こんな感じよ。 結構骨太じゃん。

[PR]
by mqusumi | 2009-06-02 16:58 | Liveの予定

事です。五郎の声。

a0099059_10533632.jpg

事です。「花を折らない」と書いてから、
これじゃ、オレが折らないと宣言してるみたいじゃないか、そうじゃなくて、
花を折らないでくれ、と通行人に訴えてる意味なんだ。と、書き足してみた。
ふりがな、間違って「おら」と書いちゃって「おららない」になってなおした疑いもある。
という状態だろうか、これは。
元美學校の生徒より送られて来た写真でした。

「孤独のグルメ」の主人公の声優さんはどこかで発表されちゃったようなんで
公開しますが、小山力也さんです。「24」のジャック・バウアーの声の人。
どういうふうに役作りするか、楽しみです。

「孤独のグルメ」を映画にするなら、主人公は日本語のできる中国人商社マンというのも、
いいなあと最近思ったりしていた。
実はカンフーの達人。本名・詠尭中(エイ・ギョウチュウ)、日本名・井之頭五郎。
店員と話すときは流暢な日本語だけど、
心の中の言葉は全部中国語で、ボクの台詞がそのまま字幕になってる。
中国に残して来た女優の彼女との恋愛シーン(でもちょっとダメダメなの)や、
キッチンの空手店主と宿命の対決シーンを大げさに描くなどアクションシーンや、
接待でフランス料理を食べにいって、わけわかんなくて辟易する話なんか入れて。

いずれにしろ、映画とか音声ドラマとか、
マンガとは全然別物として面白くなればいいなと思う。
「20世紀少年」じゃなくて「ALWAYS」のような。
で、そんなお金かけなくても面白い映画作れそう。
[PR]
by mqusumi | 2009-06-02 10:55 | 変なもの見っけ

同窓会、展覧会、みうらじゅんかい。

31日は、昼間、中学の同窓会があった。
卒業してから2度目。
当たり前だけど15歳のとき卒業して、全員今50歳か51歳。
最初誰かわかんないのに、わかると「変わってない」ことが面白い。
「中学生日記」に名前を借りた人、エピソードを借りた人もいた。

話していて、みな憶えているところが少しずつ違うのが面白い。
ボクは幼稚園の時、一緒にオルガン教室に行ってたという友人に
声をかけられたが、そんな記憶は全然ない。しかも
「ナダチとクスミとボクで教室の隅でいつもチンチン見せ合ってたじゃない」
と言われ驚く。そんなことしてたっけ?

先生は70歳近い人も、死んでしまった人もいる。
「2か月ぐらい前の毎日新聞の夕刊に新聞半面ぐらい使った写真が
 載っていたでしょ?見たことある名字だぞ、四中生にいたな、と思ったよ」
と言われた。
でも写真が載ったのは去年の6月。写真は6分の1ぐらい。
歳を取ると時間がたつのが早いのがわかる。おかしかったが黙っていた。

話が尽きず、すごく二次会に行きたかったが、
信濃町Artcomplex Center of Tokyoに「久住昌之と弟子展」最終日に。

坂本Q一のI.M.O.(イチロー・マリック・オーサダハル)の
ゲリラライヴ。
別のイベントの人たちもいて、会場はすごく盛り上がった。
悔しいが、ボクより坂本Q一の方が数段ストレートにウケる。
最後は「PRINCE」でほとんどパンクになっていた。

その後、出品者なんかと持ち込んだビールなんか飲んで
さらに別の音楽イベントに栗木健・Shakeとともにセッション参加誘われ
デジュリドゥ、タブラ、口琴、バイオリン、笛、カリンバなどとともに
生ギターを弾いていたが、促されて最後前に出てボーカルで
メチャメチャやったら、全体がスッゲー盛り上がった。
坂本Q一の影響が強かった。こんなのは初めてで楽しかった。

で、搬出の手伝いなどやって、近所の中華料理店で打ち上げ。
出品者の他に弟なども来て、面白かった。

帰ろうとしていたら、ケータイにみうらじゅんから電話。
吉祥寺に来てるから飲まないかということだった。
というわけで帰って、みうらくんたちと合流。
いとうせいこうとの「見仏記」の新刊のサイン会の打ち上げ。
いとうさんはもう帰っていた。

みうらくん達が帰って、残っていた人たちと始発待ちでもう一軒、 飲みにいく。
さすがにクタクタになった。朝までコースの歳じゃない。
美學校の生徒が一人酔っぱらって心配なので仕事場の寝袋に寝かせて、
タクシーで帰る。もう完全に明るかった。

長い一日だった。
[PR]
by mqusumi | 2009-06-01 10:30 | こんなことがあった