<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

メンバーが熱を出しました!

明後日のライヴに赤信号!(←スポーツ新聞風)
ギターの石井多香志が熱を出して寝込み、今日のリハ出られず、本番も絶望的。

急遽、数曲変えて、ボクが全ギターをエレキで弾くということで、がんばります。

で、今日のリハでしたが、問題無し!
古い曲、できたての曲、取り混ぜて、ぜったい面白いライヴになります。
ぜひぜひ来てください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■2009/12/02(水)吉祥寺マンダラ2
Sightseeing In The Heaven VOL.1

出演(出演順)
□><
ヨナフィ(vo&g) 
つやこブラ(vo&ds)
えみコバーン(vo&b)
宙GGPキハラ(vo&g)

□久住昌之&Ebony Beans
久住昌之(g&vo)
ヨースケKid(or)
ヨッシー(b)
井戸智文(ds)
栗木健(per)
石井多香志(g)
フクムラサトシ(sax)

□R・O・M・A
安部OHJI(vo&b)
村松邦男(vo&g)
おおつきさとみ(accordion&vo)
黒田佳宏(ds)

●OPEN18:30、 START19:00

●チケット前売り:¥2,300、当日:¥2,500
 
お問い合わせ manda-la2 04222-42-1579
[PR]
by mqusumi | 2009-11-30 23:41 | Liveの予定

ライトニン、サイコー!


「この人は本物のチンピラです」
と「ジジメタルジャケット」で書いたけど、
この弾いてる姿、声、顔、サイコーとしか言いようがない。

1分45秒の歌の中ににライトニンの世界、人生、生き様が全部入ってる!
小節だのなんだの、こざかしいルールなんて通用しない世界。
ブルースがどうたらこうたらなんて、鼻くそみたいな話だ。
ラスト、サムピックを落っことしたところまで重箱の隅の隅までサマになってるぜ。

このかっこよさがわかんない奴とは一生わかり合えないだろう。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-28 14:47 | 感動した

懐かしビール。

復刻ものが流行ってるけど、このビール懐かしい。
a0099059_14413928.jpg

昨日美學校で飲んだ。
まさにボクの大学時代のサッポロ缶ビール。
学園祭の写真に写り込んでいた。
この配色。「うーーー」って奥歯のあたりがムズムズする。

味も苦くて、ちょっぴり飲むと、子供の時、
大人が飲み干したビールビンの底に残った一滴を飲んで
「うわーマズ!」
と思ったときの味と香りがした。

今夜は来週のライヴのリハだ。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-26 14:42 | こんなものを食べた

来週はライヴ!

今年最後の都内のライヴです。
もとシュガーベイヴの村松邦男さんたちのR・O・M・Aと、
えみコバーンさんたちの><(大なり小なり)と。

面白い新曲多数。ちょっと小編成なので、ボクがエレキギターをガーンと弾いたりもします。
来てね〜!

■2009/12/02(水)吉祥寺マンダラ2
Sightseeing In The Heaven VOL.1


出演(出演順)
□><
ヨナフィ(vo&g) 
つやこブラ(vo&ds)
えみコバーン(vo&b)
宙GGPキハラ(vo&g)

□久住昌之&Ebony Beans
久住昌之(g&vo)
ヨースケKid(or)
ヨッシー(b)
井戸智文(ds)
栗木健(per)
フクムラサトシ(sax)

□R・O・M・A
安部OHJI(vo&b)
村松邦男(vo&g)
おおつきさとみ(accordion&vo)
黒田佳宏(ds)

●OPEN18:30、 START19:00

●チケット前売り:¥2,300、当日:¥2,500
 
お問い合わせ manda-la2 04222-42-1579
[PR]
by mqusumi | 2009-11-25 13:12 | Liveの予定

QBBのクリアファイル

朝日中学生ウイークリー定期購読者プレゼント用の
「ヘボヘボ試験に出るかも慣用句」の原作コンテ作る。
A4に3時間近くかかり、疲れた。

今日は絵本描いたり、オリジナル大漁旗の下書きしたり、それやったり、
楽譜書いたり(ウソウソ、新曲のコード進行だけ)してたらアッという間にこの時間。

でも絵を描く仕事は好きな音楽を聴きながらなので、結構楽しい。

David ByrnとBrian Enoの「Everything that happens will happen today」は
近年では本当に大好きなアルバムなんだけど、この3日、よく聴いた。
大変、助けられました。
明日もがんばろう。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-23 01:41 | こんなことがあった

できた。

絵本、完成。
鉛筆削り機よ、ご苦労様。
たぶん10年ぐらい前にもらったものだと思う。
メーカーもわかんない、ごく安いもの。中国製かも。
スケルトンで鉛筆の削れる仕組みが見えて面白い。
a0099059_23105246.jpg

削りカス、3回捨てた。
色鉛筆の何本かが、ずいぶん短くなった。

楽しかった。
パソコンと違って、カスが出たり短くなったりというのは
「実感」があって、なにか仕事した感じがして嬉しいもんですね。
特定の色鉛筆が短くなるのはなんだかサビシい気もするし。

さて次は。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-22 23:12 | こんなことがあった

絵本描いてます。

思い立って絵本描いてる。
日本初の子供向け本格ブルース絵本。
色鉛筆で彩色中。
ものすごく描くのが楽しい。
鉛筆削りのカスを捨てる、という作業を37年ぶりぐらいにやった。
どこに捨てればいいのかわからなくて、ビニール袋に入れてゴミ箱に捨てたが
なんか間違ってる感じ。

関係ないけど、飲み屋で勧められるままにTwitter始めた。
わけわかんないけど、qusumiの名前でやってます。
どうなるだろう。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-22 00:28 | こんなことがあった

ピリペンコさんの手作り潜水艦

またまた最高の映画を見た。
これがまたもドキュメンタリー。
またもガラガラだったけど、最高でした。

ピリペンコさん、ほとんどウチのオヤジ。
オジハルの、ウクライナ版。
ほかの人が「?」でも、少なくともボクと弟は何回も爆笑だ。
DVD出たら持っていたい。

61歳の貧しい農家のプリペンコさん、
20年かかって、納屋で潜水艦を自作。

20年て。

40で作りはじめて、60歳ですよ。

潜水艦。
ボロい。廃車利用なのでタイヤ付き。
ゴム、ガリガリだし。
もんのすごく、ボロい。
でも真緑色でカワイイっちゃ、かわいい。ペンキべた塗りだけど。

近所の池で試乗して、水漏るし。
潜望鏡曇るし。
暑そうだし。
アブナイ。
心配。

でもものすごく楽しそう。

500km離れた黒海の海に潜るのが夢で、
それを実現すべく、黒海に向かう。

感動させようという演出、無し。
全編、淡々、淡々と進む。
音楽もまた盛り上げ、ゼロ。ウクライナの哀愁系。
トラックの中のピリペンコさんの歌もよかった。
最後もあっけない。
あっけないけど、そこがまた、後からじんわり効いてくる。

帰り道に思い出すと、あそこもよかった、
あそこも笑う、とニヤニヤしてしまう箇所が多数。

ポスターとかがメルヘンチックなイラストで、
内容と全然イメージ違う。
こうするしかなかったんだろうな、笑う。

なんか、いろんな人がコメント寄せてるけど、
全員ボクとはちょっと感じてるところが違う。
あんまり盛り上がらないけどイイ、とか
なんだかんだ言ってピリペンコさんは愛されてる、とか、
そんなんじゃない。

普通の人のリアリティ、普通の人間関係、夫婦、ご近所、仲間、
生活の普通の情景が、普通に撮られていることが、
愛おしく、おかしく、ウレシイんだ。

テレビでも映画でも、感動だ笑いだ涙だ、盛上げ命の演出に
最近うんざりして辟易していた俺には、最高でした。
こうでなくちゃ。
こういうのもなくちゃあ。
ありがとうって感じ。
ピリペンコさんと監督に乾杯。
ほとんどクラゲしか見えなかった黒海の海にも。

http://www.espace-sarou.co.jp/pilipenko/
[PR]
by mqusumi | 2009-11-20 15:23 | 感動した

大量の寝汗。

一昨日から風邪ひきそうで、鼻水が止まらないし、
ちょっと咳も出る。
来月アタマにライヴもあるし、本格的にひく前に
なんとかしなきゃならない。

今日は朝起きて喉が痛かったのでこれはマズいと思い、
椀に大量の刻みねぎを入れ、ショウガをすり、
味噌と鰹節を加えて、熱湯を注ぎ、溶いて飲む。
あまったお湯も少し水でぬるくしてお椀一杯飲む。

で、布団に入って寝たら1時間ぐらいして大量の汗が出て、目が覚め
全部着替えてシーツも変えて、もう一度寝る。

午後1時まで寝た。
起きたらサッパリしている。
鼻は少し出るけどすっかり気分はいいし、元気が出た。

実家の家庭療法。

風邪は完全にひいてしまったら、もうどうやってもある程度回復に
時間がかかってしまう。それが歳とともに長くかかるようになる。
ひきはじめになんとかしないとね。

そして仕事場に来て、マンガの打ち合わせで話したりしてるうちに
すっかり風邪の気配は消えた。
でもここは自重して、体調管理に努めよう。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-17 16:46 | こんなことがあった

『レレの坂道』

祐天寺のホームページで、
泉昌之、QBBと描いてきたマンガの第3弾が読めるようになりました。
坂井恵理さんというマンガ家と組んだマンガ。初めて組みました。
「祐天寺を舞台にした若い女性のお話を」
というので、こんなの作ってみました。

『レレの坂道』というタイトルです。

ちょっとテレ臭いけど、よかったらどうぞ。
↓で読めます。

http://www.u10g.jp/

過去の泉昌之、QBBのも、読めます。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-16 20:13 | 出ます