<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

『アンヴィル』

吉祥寺バウスシアターで『アンヴィル』観た。

これはマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』と合わせて観ることを
(絶対「アンヴィル」は後に!先に見ちゃダメ!)
お勧めする。

このふたつの映画が、奇しくも同時期に作られ公開された偶然。

しかも、両方とも音楽ドキュメンタリー映画という偶然。

「アンヴィル」とはカナダのヘビメタバンド。
しかも、アンヴィルの中心メンバーの二人は、
マイケルジャクソンと同い年の50歳という偶然。
(ついでに俺と同い年という偶然)

まあ、そういう偶然の重なった、ふたつの映画だ。

「アンヴィル」は、1982年に最初のアルバムを出したバンドで、
当時のヘビメタに大きな影響を与えた有名なバンド、だった。
同じステージに立ったBON JOVIやホワイトスネークはみんなビッグになった。

が、彼らだけは、今なお家のローンを抱えて、
給食配送センターなどで働きながらヘビメタ道を歩んでいる。
ガテン系なんかもやってる。
でもアルバムも出してる。
インディーズで。

とにかく笑う。イタイ。笑う。
こいつら。笑う。
この顔。
しわ。
ハゲ。

マイケルの整形と違う意味で、
もうどう言い訳できない、
オヤジ顔。

こいつの描いた、絵。笑う。
録音中ケンカすんなよ、子供か。笑う。
「お前が負のオーラを出してる!」って。
いくつだ。
レコーディング費用がなくて、バイト。それも失敗。
結局、実の姉が貸してくれる。
お姉さんて。
何やってんだ。
売り込み。
不採用のメール。

そんなこんなで、ものすごく久しぶりにヨーロッパツアーやって、
その様子がもう、リアルで、楽しくて、ひどくて、辛い。でも笑う。

そしてなんと、最後、あの大人気だった頃行った日本から、
ロックフェス出場の話が!

そして大喜びで来日、「デジャヴだ!」とか言って、
日本で出場時間聞いたら、一番で午前11時半から。

マイケルジャクソンと、180度、上下。
それも、もんのスゴイ、下。

高円寺2000Vに4バンドで出てる感じ。
笑ってるけど、もんのすごく、近い。
てか、俺じゃん。

で、最後、泣けた。
本気で泣けてきた。
笑い泣き。

それが人生だよな、とウレシくて泣けた。
無性にビールが飲みたくなった。
アンヴィルに乾杯。
オレたちの人生にも。

ボクの後ろの席に座ってた長髪の、たぶん30代の男、
目グシュグシュにしてふたりして完全に泣いてた。
男ふたりで男泣き。
ありえねー。

東京では吉祥寺のバウスシアターと六本木ヒルズのTOHOでやってます。
空いてます。
ヘヴィメタのCD、1枚も持ってないボクですが、
ヘヴィメタ嫌いでも大丈夫。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-15 22:50 | 感動した

破格のグルメマンガ部門て。

TVBrosの『ブロスコミックアワード2009』。
なんじゃその対象の狭そうな部門。
まあ、表紙の絵は「破格」かも。
単行本の担当編集から画像が送られてきた。

昨日はその破格の人や江口寿史さんとか、久しぶりにcossamiの二人とかと
10人ぐらいで打ち合わせのあと飲みました。

打ち合わせで既に日本酒飲んでいて、
久しぶりに3軒飲み歩いて、
さすがに今日はちょっと二日酔いだった。面白かったけど。

特効薬のカレーうどん食べて、ようやく復活。
a0099059_20502823.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-11-13 20:49 | こんなことがあった

足底健膜炎?

左足裏が10日ほど前から少し痛くて、
足ツボの漢方医に行ったら足底腱膜炎だろうと言われた。

普通は朝起きたとき、歩くとかかとの前のあたりがすごく痛み、
歯を磨く頃は治るという。

ボクの場合は土踏まずの少し前で、たしかに朝起きたときも少し痛むが、
日中も歩いていて痛くなるときがある。少し休むと治る。
40歳以上になるとかかりやすいもので、主に自然治癒しかない。
3週間から3年で治るという。3年て!!!!
a0099059_14141413.jpg

全然軽いものだから、歩いたり立って演奏するのはまったく問題ないのだが、
今、長く歩く連載をしているので、ちょっと心配だ。

で、スポーツシューズ店に行き、シューフィッターに相談すると、
やはり軽い足底腱膜炎ではないかという。
で、いろいろ測定して、新しいウォーキングシューズを買い、
インソールを入れてもらう。

これがスゴくいい。痛くない。助かった。
でも治ったわけではないので、無茶はやめようと思う。

どうやら靴を変えたのがきっかけらしい。
その靴にもインソールを入れた。

歳だからいろいろガタがくるのはしかたないけど、
自分の体のことをちゃんと知ることができるのはいい。

こういうとき、松井秀喜の活躍や治療の話はすごく励みになる。
いつ見てもスゴい福耳と富士びたいだ。
イチローには耳たぶがない。
二人の耳が正反対なのがおもしろい。

なんの話してたんだっけ。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-12 14:14 | こんなことがあった

泉昌之新作描きます。

泉昌之マンガ、描きます。

最初、作画を誰に頼むか決めずに原作を書いていたんだが、
やっぱりコンテまで描こうと思って、描きはじめたら、
どう考えても泉昌之になってきちゃった。
できあがって編集者が泉晴紀にコンテ見せたら、描くとのこと。
ウレシイ。

久しぶりだな、12pも泉昌之でこういうオリジナル描くの。
思い切りくだらないおでんマンガ。来月上旬に単発。

おでんでは、大根、玉子、シラタキが好き。
厚揚げも、昆布も、じゃがいもも好き。
コンニャクもおいしい。
はんぺんは最近は頼まないかな。
がんもどき、ちくわ、ロールキャベツは自分で頼んだことがない。

子供の頃は、ちくわぶが一番好きだった。
ちくわぶが東京近郊ローカル、と知ったときは驚いた。

うどん粉帝国大阪の人が、ちくわぶを「気色悪い」とか「まずい」と
言うのを聞いたときはもっと意外だった。

今日は寒いから、おでんと日本酒なんて、いいなぁ。
・・・まだ早いって。
a0099059_1412291.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-11-11 16:09 | こんなものを食べた

しょこたんブログに

中川翔子さんが、ブログに
「ずっと好きなのは孤独のグルメ」
と書いてありましたよー、とのお知らせあり。

たった12pのマンガ原作に3日ぐらい苦戦してたので、
できあがったところで、嬉しいメッセージだった。
下の日記の「グリセリン」というエントリー。

http://ameblo.jp/nakagawa-shoko/page-2.html#main

今日は自分で詰めたのり弁食べた。
海苔が2段になってるやつ。
なつかし。
中学のときはどんな弁当でも弁当が大好きだった。
サツマイモの天ぷらの煮付けだけがおかずのときもあった。
ものすごく地味だったけど、それでも弁当がよかったな。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-09 20:14 | こんなことがあった

低い声の女。

昨日はゲストに渋さ知らズの吉田隆一さんを招いてインFでライヴ。

リハでいきなりアクシデント連発。
まずキーボードのShekeの赤いトイピアノが、台から落ちて
鍵盤がバラバラに。ホントに見事にバランバランになった。

どうなるかと思っていたら、作りが単純で、コツコツ直して
蓋が取れたままだがほぼ元通りに。トイピアノの構造を知った。

次にピアノの上からボクの生ギター用プリアンプが落ちて、
音が全く出なくなる。いろいろやったが壊れた模様。
まあ寿命と思う。100回位以上のライブで使ってるから元は取った。
しかたなくミキサーにラインを直だったんで音がペシャペシャに。
ま、それでも弾き語りじゃないから何とかなるだろう。

パーカッションの栗木健は何事もなかった。
来月庭付きの二階建て一軒家に引っ越すらしい(しかも物凄く家賃が安い)。

でもProjectorQも、実はいちばん最近の散歩写真データを忘れて来て
(そのSDカードを)、構成にまいった。
が、ハードディスクから前に旭川に行ったときの写真のファイルを
発見、これが意外にも面白くて、助かった。
特に商店街の「ほのぼの川柳」がウケた。

「なんかある 音痴の叔父が 歌ってる」

というのは、皆さん終わっても憶えておるほどだった。

さて演奏は吉田さんのバリトンサックスがバリバリで、盛り上がりました。
a0099059_16412051.jpg

この日のために新曲『低い声の女』と『バラバラ』を作り、
さらに横浜未来演劇人シアターとの時作った『瞬く日々』と、
たぶんライヴでは2回しかやった事にない『やっぱりジャズが好き』と
いうのを演奏。さらに吉田隆一さん作の『ポンスのうた』という奇天烈な歌と
『テクノがすき』という文字どおりテクノ(?)の曲をやったので、
新曲のほうが多いくらいだった。
テクノをテクノらしくやったのは初めてかもしれない(笑)
『テクノがすき』やっぱりものすごく変な曲で面白かった。

ライヴ後半は店長の佐藤さんのウッドベースも加わり賑やかに。
a0099059_16413769.jpg

お客さんは少なかったけど、みんな楽しんでくれたようなのでよかった。
ここのライヴは下北沢leteと並んで「修行」と思って臨んでいる。

例によって越後のうまい酒を飲むのがここの楽しみのひとつ。
この日も物凄いおいしい酒をのんだけど名前忘れた。
アテは、車エビのエビミソ。
これがもう、もんのすごくおいしい。
カニ味噌よりちょっとあっさりしてて、でもエビの香りがして、
もう酒のためにあるような肴。これには驚いた。

でも
この日は朝11時頃食べたきりで、ライヴが終わったら10時、
完全な空きっ腹で、生ビール3杯ののち
冷や酒を3合ぐらい飲んだら、あっという間に酔った。

でも今朝起きても、腹が減ってるだけで、二日酔いゼロ。
気持ちよく起きた。
ついでに朝風呂に入って、仕事場に向かう。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-07 20:55 | こんなことがあった

明日はProjectorQ 大泉学園

11月6日(金)
大泉学園 インF
http://in-f.cocolog-nifty.com/(←地図などはここで)
「ProjectorQ」
7時開場 8時開演 ¥2500+drink

出演 久住昌之 (面白映像 Vo. G.)
Shake (kb)
栗木健(Per)
吉田隆一(B.Sax)

今回は渋さ知らズでご一緒したバリトンサックスの吉田隆一さんを
ゲストに迎えてProjectorQ。
ProjectorQとしては、今年最後かな。

前半は面白映像&トークショー。新作と発掘面白映像たっぷり見せます。
後半はボクの曲をみんなで演奏します。
バリトンサックスに合った曲を用意する他、何か実験的なこともしたい。
なんか、「インF」にはそういう実験室的な雰囲気もある。
ボクにとって、修行の場でもあります。
おいしい日本酒とおでんの他、料理もウマイです。お楽しみに。

以下はボクが80年代にやってのちに ケラの芝居でパクられたという
伝説の一曲を、明日の店で去年やったときの模様。

[PR]
by mqusumi | 2009-11-05 17:04 | Liveの予定

THIS IS IT

今日はマイケル・ジャクソン「This Is It」を観てきた。
いやー、やっぱりすごい。
歌と作曲ならビートルズもプレスリーもできた。
マイケルはそこにダンスという強力な世界共通語を持っていた。
とにかく一瞬たりとも目を離せないステージ。
金に糸目をつけずに思い切りやりました、という
アメリカのショーの最新最高最強の形だったのだろうと思う。

切なくなるようなシーンを全然入れてないポジティヴな編集もよかった。
リハーサルシーンは音楽やってる人なら余計楽しめる。

多くの人に、DVDでなく映画館で観ることをお勧め!!!
[PR]
by mqusumi | 2009-11-04 16:54 | 感動した

維新派を観に行った。

最終日でどうしようと思ったけど、思い切って当日券狙いで西巣鴨へ。
当日券発売は開演1時間前で、ギリギリについたので、キャンセル待ちに。
こんなのも初めて。
どきどきしたがギリギリ立ち見で見れた。
立ち見と言っても狭いところにぎゅっとたくさんで入るのではなくて
いちばん後ろでゆったり立って観れたので、よく見えてむしろよかった。

毎回驚かされる維新派のセットだけど、今回もまあよく体育館をここまで
作り込んだなという物凄い舞台。芝居は、今回はストーリー性は少なくて、
動きや言葉中心のものだったけど、期待通り、というかそれ以上面白かった。

特に今回は意識的に関西弁が多用されていて、
そのリズムと響きの面白さに、目が回るようだった。

最近のお笑いの関西弁は、なんか耳につく。耳に余る。
あまりにそれに頼ってる気がする。甘えてる。

前から、維新派でちらほらと劇中に出てくる関西弁は
なんだか日本語に無国籍さを加えている感じで好きだったが、
今回はドーンと全面に出して来た。

女優陣がこでれもかこれでもかと関西弁のユニゾンと輪唱と
不思議な動きでたたみかける「おかしなぁ」というシーンは圧巻で
泉のごとく溢れ出てくる、解体された関西弁の単語、フレーズ、
悪口軽口言い回しが面白くておかしくて不思議で楽しくて、
笑いながら感動した。
そこのシーンだけでも観に行ってよかったほどだ。

「どしたん」「こうたん」「もろたん」「やったん」
とか、もうどこか別の国の不思議な数え歌みたいだ。

想像をはるかに絶する複雑で多彩な動きと湯水のようにわいてくる言葉のシンクロ、
どうやって作られ、どうやって稽古するのか、まったくわかりません。

面白く美しく、魂まで届くものを見せていただきました。
行ってよかった。
行こうという気持ちの背中を押してくれた、
少年王者館の井村サンに感謝。
あ、会場には天野天街さんもいたので挨拶だけした。

終わってから「孤独のグルメ」新作の取材に行った。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-03 16:46 | 感動した

動物園でパスカルズ。

井之頭文化園の彫刻館内で、パスカルズのフリーコンサート。
a0099059_16243458.jpg

仕事の途中で手ぶらで観に行く。
近いところでこういうのがあるとウレシイ。
すごく場所にあっていて、面白かった。
バイオリンやチェロはいいなあ。
石川さんは相変わらず面白かった。
ロケット・マツさんは、昔の楳図かずお化が進んでいるような気がする。
のは単に今日ボーダーのTシャツを着ていたからだろうか。

ボクも今週はライヴだった。
告知を忘れていた。

11月6日(金)
大泉学園 インF
http://in-f.cocolog-nifty.com/(←地図/ご予約/お問い合わせなどはここで)
「ProjectorQ」
7時開場 8時開演 ¥2500+drink

出演 久住昌之 (面白映像 Vo. G.)
Shake (kb)
栗木健(Per)
吉田隆一(B.Sax)

今回は渋さ知らズでご一緒したバリトンサックスの吉田隆一さんを
ゲストに迎えてProjectorQ。
前半は面白映像&トークショー。新作と発掘面白映像たっぷり見せます。
後半はボクの曲をみんなで演奏します。
バリトンサックスに合った曲を用意する他、何か実験的なこともしたい。
なんか、「インF」にはそういう実験室的な雰囲気もある。
ボクにとって、修行の場でもあります。
おいしい日本酒とおでんの他、料理もウマイです。お楽しみに。


今年はそのあと12月2日(水)に、manda-la2で、
エミコバーンのバンドと、R・O・M・Aと3バンドライヴ。
久住昌之&Ebony Beansで。
=(久住昌之、
 Ebony B/ヨッシー・ヨースケ・井戸兄イ
+ 栗木健、石井多香志、フクムラサトシ)

これも何か面白そうな予感。

ついでに来年の予定。
1月11日(月祝)オーケストラQ ワンマン manda-la2 決定
3月6日(土) JIROKICHI withチェルノ&ブイリ 決定

来年の手帳を早々買った方、ぜひチェックを。
[PR]
by mqusumi | 2009-11-01 16:25 | Liveの予定