<   2009年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「田園に死す」

下北沢ザ・スズナリで流山児☆事務所主催、寺山修司原作の「田園に死す」を観た。
脚色構成演出が天野天街さんだったので、これはもう観ようと思って、
観たわけですが、それはもう、ちゃんとよかった。

寺山の世界ではあるけど、完全に天野さんの芝居でしたね。
むしろ、今はこうやってみた方が、若い人には寺山修司の普遍的な面白さが
伝わるんじゃないかと思ったりした。

もうこういう面白さの芝居しか、自分には必要ないなと思った。
お話を追ったり、思想や主張や意味を客に伝えようなんていう芝居は、
そういうのが好きなお客さんが趣味で観ればいい。

やっぱり観に行ったからには「体験」させてくれないと、生身の自分が
出向いた意味がない。DVDでいいや、となってしまう。
「書を捨て街に出よう」という寺山の言葉はまさにそういうことだろう。

なんて書いてるのは、自分のライヴもそうしなきゃ、
中年の同窓会になっちゃうからな、という己への戒めでした。

なんて書いてるのは、すっかりTwitterになっちゃったから、
こっちに書く文章が長くなるんだろーな。

だってたった今書こうとしてるときに、高橋幸宏や坂本龍一やしりあがり寿や
原田知世が「もう寝ます」とか「早稲田大学でトイレ探し中なう」とか
「今、外に行って流星を見てきました」なんて刻々と書き込んでるのが
どんどん出てくればそっち見ちゃうよなぁ。
自分が書けばすぐに反応があるし、mixiの「足あと」なんてウザイもんがないし。
Twitter始めて、brogやmixiご無沙汰の人のなんと多いことか。
しょうがないよな、PCの世界はどんどん進む。
ただ「Twitterすごい!」と騒いでる文化人は、バカ。恥ずかしい。
Twitterもやがて滅ぶ。

まーそれはあれとして、
そのくらい芝居が刺激的で、あんなに古い不条理芝居が
演出でこれだけ今の人を飽きさせず楽しませるんだなあと感心したから。
J.A.シーザーが音楽で「えー、ちょっと古いなー」と思った自分を
「バカ!」と思った。すごくよかった。天野さんの世界に完全に取り込まれて
めくるめく郷愁感を出してた。

面白かった。締め切りを待たせてまで行って、本当によかった。
いい作品、もっとバカなマンガ、もっと「来てよかった」ライヴをしよう。
[PR]
by mqusumi | 2009-12-18 15:34 | 感動した

昨日は栗コーダーに行けず。

昨日「も」か。招待していただいてるのに全然観れない。
スターパインズカフェでのクリスマスライヴ。仕事(美學校)でした。
行きたかったよー!
もう15年目だそうだ。スゴイ。

でも帰りの水道橋駅で竹中直人さんから電話があり、そのうち上げに参加。
スティールギターの名手、憧れの駒沢裕城さんと話した。
高校生の頃から一方的に好きなので直接話せて感激なんだけど、
さらに嬉しいのが、ボクを紹介してくれた川口義之さんが
「『骨』の作詞をした、マンガ家でブルースマンのクスミさんです」
と言ってくれたこと。そして、駒沢さんが
「ああ、『骨』の」
とうなずいて微笑んでくれたこと。
思えば「骨」初演は85年のはちみつぱい再結成ライヴだった。
ちょっと感慨無量。

あとから元ビブラストーンのサックスの佐藤公彦さんも来て、
ビブラストーンのホーンセクションはボクのバンドのモダンヒップから3人そのまま
セットで入ってやってたんだよね、とか懐かしい話になる。
[PR]
by mqusumi | 2009-12-17 14:46 | こんなことがあった

ディランのクリスマス・プレゼント

Bob Dylanの新譜「Christmas In The Heart」を買ってきて、聴いてる。

もう、ウソのような、冗談のような、でもなんて心温まるアルバム。

針を落として(ウソ、CDだよ)、すぐ出てくる鈴の音と男性コーラス、
もうごくごくオーソドックスなクリスマスの音楽、
と、そこにあの50越えていよいよ塩辛がかってきたディランの
アノ声が。

思わず顔が笑っちゃった。 (心は爆笑)
でもすぐに、そんなディランが、たまらなく愛おしく、いいやつに思えてきて、
心が和んで、柔らかくなった。イイ企画アルバムだと思う 。

ディランはこのアルバムのアメリカ売り上げ分の永久に全米最大の食料支援機関に寄付するという。
だからどうだというのではなく、もう自分の人生のゴールが見えてきた男、
間違いなく世界最高のロックアルバムを数多く作った男の、
今こういうアルバムを出そうという正直な心持ちが、すごく尊く感じる。
そして、なんだかかわいい。

あの声で真面目に「♪ラパパンパン」と歌ってるんだよ。
もう、掴まれますよ。
好きなアルバムになった。ジャケットもいい。
クリスマスが、去年までより好きになりそう。
a0099059_23555495.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-12-13 23:56 | 感動した

ライヴ最高だったす!

観客になりたいとやってて思うような、いいライヴだった。と思う。
自然に手拍子が起こったし、みんなが楽しんでくれてる波動を感じながら歌ったり演奏したりできた。
シークレットゲストの白崎映美さんの歌も、もう素晴らしかった。
アンコールで八代亜紀の「もう一度会いたい」を一緒にやりました(笑)

「市電うどん」では、今回はギターで演奏に参加して、30人ぐらいの横浜未来演劇人シアターの人たちが出てきて、感動的だったです。

打ち上げでは、じゃんじゃん飲んだビールに引き続いて、
香ばしくておいしい「黒豆マッコリ」というのをまたじゃんじゃん飲んだ。

楽しかった。 来てくれた皆さん、競演の皆さんに感謝。
たぶん今年最後のライヴ、最後の打ち上げ、忘年会のように楽しかった。
[PR]
by mqusumi | 2009-12-12 23:50 | こんなことがあった

今年最後のライヴ!!

横浜未来演劇人シアターPresents
『大忘年会ライウ゛!!』
演奏 坂本弘道(チェロ、etc)
久住昌之(ボーカル、Gt)
栗木健(パーカッション)
   川口義之(サックス)
   Shake(鍵盤)
   秘密のゲスト(歌)

ボクはProjectorQもやります。面白ネタ満載のスライドショーです。
もちろん劇団のみんなも出ます。
一晩だけの夢の忘年ライヴ。絶対来て損はないです。いい年が越せます!

12月12日 開演/19時半
前売・当日¥2500
※整理券配分開始17時

@横浜にぎわい座地下2階『のげシャーレ』
(桜木町駅徒歩3分)

横浜未来演劇人シアター
http://mirai-engekijin.com/

☆・・・☆☆・・・☆

ライウ゛も芝居も、予約をしていただけるととても助かります。
もちろん、ふらっと立ち寄っていただくのも大歓迎です!
皆様のお越しをお待ちしています。
[PR]
by mqusumi | 2009-12-09 17:08 | Liveの予定

猫のグーパー。

なんで?なんで?
こういう意味ないかわいさには、やられますね〜。

[PR]
by mqusumi | 2009-12-07 12:21 | 変なもの見っけ

昨日のライヴ。

2曲目の、新曲「バラバラ」で、サビにいくところで思いっきり間奏に行ってしまい、
コード進行も違うので、演奏がめっちゃくちゃになった。
だけどやけくそで、そういう歌詞にして歌いきったら、大ウケでした。
たぶん元の歌詞でちゃんと演奏したより断然ウケたと思う。
困りますね。困るけど、よかったんだ、喜んでもらえれば。
でもそれがライヴというものだろう。
みんな事件に遭遇したい。

ただの予定調和のライヴは面白くない。

ものすごいスターというのは、演奏能力もあって、うまくて、
練習も積んでて、その上で、観客に事件を見せてあげる人なんだろう。

それはそれとして、昨日のイベントは面白かった。

最初に出た><(大なり小なり、と読むバンド)は、
曲がどれもよくて、完成度が高かった。ベースがえみコバーンで、
彼女の声も歌もよかった。前から声は大好きなんだけど、
昨日はかっこよかったなあ。ベースというポジションで歌ったほうが
なんかリラックスして見えて、ほんと、かっこよかった。

トリを務めたR・O・M・Aも、大人のロックでよかったなあ。
村松邦男さんのテレキャスがものすごい良い音で、かっこよかった。
エレキギター、ベース、アコーデオン、ドラムという編成がシブイ。

いやー、勉強になりました。

ボクらのバンドでは「低い声の女」「メッチャチキン」という新曲が
ちゃんとまっすぐウケたのがよかったなあ。「PRINCE」も。
「瞬ク日々」には、コーラスでえみコバーンに参加してもらえて
ボクが見たかったです、観客席から。

来てくれた皆さん、メンバー、ありがとう。お疲れさま。
a0099059_14465086.jpg

[PR]
by mqusumi | 2009-12-03 14:27 | こんなことがあった

ホラーな寝顔の犬。

http://www.break.com/index/sleeping-dog-has-very-creepy-snore.html

笑った。この寝顔はスゴイ。イビキもスゴイ。

さて明日2日は、吉祥寺マンダラ2でライヴです!
皆さん来てね!!!
詳しくは昨日の日記に。
[PR]
by mqusumi | 2009-12-01 18:37 | 変なもの見っけ